世界遺産・国宝のタグまとめ

世界遺産・国宝」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世界遺産・国宝に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世界遺産・国宝」タグの記事(8)

  1. 京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (風流桜とみあれ桜) - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (風流桜とみあれ桜)

    上賀茂神社(正式には賀茂別雷神)京都最古の神社の1つとして世界遺産にもなっています。春には神社境内には、見事な桜が咲きます。「風流桜」境内の二の鳥居のすぐそばで咲く、風流桜。紅枝垂れ桜で、葵祭の時に風流傘の目印となる重要な桜であり、桜も花笠の形となっています。なかなか可憐な桜です「みあれ桜」境内の二の鳥居左の授与所横にある、みあれ桜。紅枝垂れ桜で葵祭に先立つ神迎えの神事、「御阿禮」(みあれ)...

  2. 京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (斎王桜と御所桜) - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (斎王桜と御所桜)

    上賀茂神社へのアクセスは・・・・実はあまり良くないと思う。JR京都駅前からは、市バスは1系統地下鉄北山駅からは、市バスは3系統といったところ上賀茂の辺りは、神職の人が住む町「社家町」があり・・・・上賀茂神社の社家町は昔ながらの社家住宅が連なる町並みとして国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。ちなみに、上賀茂神社と言うのは通称で・・・正式には賀茂別雷神社。京都最古の神社の1つとして...

  3. そうだ 京都いこう・・・・かなぁ - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    そうだ 京都いこう・・・・かなぁ

    以前に作ったスライドショーが、古くなりましたので新しく編集いたしました通常の記事は、次にて↓↓新規更新↓↓しております☆いつもありがとうございます☆↓↓☆凸ヾ(^o^)ノポチッと本日もヨロシク☆↓↓クリック⇒ クリック⇒旅人Tomの別館「写真館」ブログ「写楽庵」はコチラから↓↓クリック⇒≪Tom's Photo Gallery~写楽庵~≫別館もよろしく(^-^)

  4. 富山散歩~県西部280~瑞龍寺の防火訓練 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部280~瑞龍寺の防火訓練

    雪景色を撮ろうと訪れた高岡の名刹、瑞龍寺ですが・・・門前にはいつもと違った物々しい雰囲気特に何のアナウンスも掲示も無かったので、極めて普通に拝観料を支払い、山内へ。この堂宇と回廊で、法堂を囲む特有の伽藍配置が、瑞龍寺伽藍と称されて、富山で唯一国宝指定を受けている瑞龍寺。目的の肝心の雪は今ひとつといった感じ門前に消防車があったので、なんとなく展開は予想できたわけではあるものの・・・・突如、始め...

  5. 富士を眺める旅~「河口湖駅」と「ほうとう不動」 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富士を眺める旅~「河口湖駅」と「ほうとう不動」

    富士急行の河口湖駅「富士山をバックにしスイスをイメージした駅」とのことで、関東の駅百選にもなっています。神社の社殿らしきものがないのに駅前の朱の鳥居は、富士山信仰によるものなのか?同じく駅前に保存されている年代モノの電車は、富士山麓電気鉄道モ1形電車富士急行は、変更前は富士山麓電気鉄道という社名だったらしい・・・それはともかく、富士山をバックに撮りましょう駅からも、富士山がクッキリと見えます...

  6. 富山散歩~県西部279~菅沼合掌集落の冬景色 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部279~菅沼合掌集落の冬景色

    世界遺産の菅沼合掌集落時折、吹雪すさぶこの日の朝は、集落に人の影はありませんでした。身体は「寒い」を突き抜けて、「痛い」というのが正直な感想です。見上げれば、鉛色の空山間を吹き降ろす風の音と雪を踏みしめる音しか聞こえません・・・・モノクロな世界が眼前に広がる中、目を引く紅い郵便ポストは立派な雪の帽子を被っていました。菅沼集落では、9戸の合掌造り家屋が現存しています夏には涼を感じる水舟は、冬に...

  7. 富士を眺める旅~精進湖から本栖湖へ - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富士を眺める旅~精進湖から本栖湖へ

    西湖から精進湖へと精進湖(しょうじこ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町にある湖。富士五湖の1つ。こちらから見える富士山は、手前に大室山があるため、「子抱き富士」とも呼ばれています。ヘラブナやワカサギ釣りが楽しめる精進湖富士山を釣ろうとしている太公望なのか・・・イギリス人のハリー・スチュワート・ホイットウォーズは、1895年富士山が綺麗に見られる避暑地「ジャパン・ショージ」として日本国外に宣伝し...

  8. 「飛騨路」~雪の白川郷 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    「飛騨路」~雪の白川郷

    世界遺産の「白川郷合掌造り集落」数え切れないほどに何度も訪れている。何度も訪れているにかかわらず、雪が降ると、無性に訪れたくなる不思議な所でもある。このあたりは、言ってみれば・・・・戦後の比較的最近、道が通るまでは、冬には豪雪の為に陸の孤島とも称された場所。本格的に雪が降りだせば、四駆のSUVでもキツイのが現状。そう思えば、冬季で訪れることが出来るタイミングは数限られているのかもしれない。そ...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ