世界遺産のタグまとめ

世界遺産」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世界遺産に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世界遺産」タグの記事(127)

  1. 奈良の大仏さま - おでかけ見聞録 

    奈良の大仏さま

    この旅 最終目的地、大仏さまに会いに行きます。三月堂や二月堂を参ってから大仏殿に行くコースをとりました。▼法華堂(三月堂)の御朱印東大寺の建築物の中でも最も古く国宝です。旧暦三月に法華会が行われていたことから、三月堂とも呼ばれています。法華堂のお写真撮るのを忘れてました。▼二月堂旧暦二月に修二会(お水取り)が行われたために二月堂と呼ばれるようになったそうです。奈良時代のお堂は1667年に焼失...

  2. マカオ1日街歩き(2)祥記麺家での昼食と世界遺産巡りの続き - ワタシの旅じかん Go around the world!

    マカオ1日街歩き(2)祥記麺家での昼食と世界遺産巡りの続き

    朝からお昼までのマカオの世界遺産と街並み散策は一旦中断し、お昼ご飯を食べに、福隆新街へと移動しました。この福隆新街、ガイドブックにも掲載されている通りで、じっくり歩くと写真を撮りたい!っていう被写体が色々あるみたいでしたが、空腹だったのと、世界遺産を巡るのを優先してしまったので、ささーっと通っただけでした。帰国してからしまったー!と後悔。建物の窓枠や扉は赤く塗られていて、独特の雰囲気がありま...

  3. 今帰仁城址拾遺 - ちょっとネコばか

    今帰仁城址拾遺

    面白い所だったので、追記します。この日、午前中は晴れてましたが、徐々に怪しい雲行きになってきました。沖縄には電車が無いので、レンタカー利用が便利です。そして、とても安いです。普段使わないナビは、こんな見知らぬ地で威力を発揮するものなんですね。用事があった恩納村からはそんなに遠くはないですが、未知の道を行くので予定より少し時間がかかった気がします。それでも、ナビのお陰ですんなり現地に到着。途中...

  4. ランタンの灯る夕暮れ@ホイアン(備忘録) - うつわ愛好家 ふみの のブログ

    ランタンの灯る夕暮れ@ホイアン(備忘録)

    夜のランタンが有名ですが、帰りの飛行機の時間の都合で、6時過ぎにホイアンをあとにしたので、少し強がりかもしれませんが(恥)、夕暮れが個人的にはよかったし、おすすめです。 すこーしずつランタンが灯りはじめ、川には夕日がかかってきて、夜になっていくんだなぁとゆっくりと時間の経過を贅沢に感じることができました。なので、夜行けないし、夕方までしか行けないし、満月のときでないとランタンないんでしょと思...

  5. 街全体が世界遺産、ホイアン(備忘録) - うつわ愛好家 ふみの のブログ

    街全体が世界遺産、ホイアン(備忘録)

    しつこく旅行ネタすみません。ホイアンはホーチミンから飛行機でダナンまで約1時間(今回はジェットスターで予約しました)、そこからタクシーで40-45分くらいの場所です。街全体が古都で、世界遺産に認定されています。川と黄色い建物、提灯がなんともいい色合いで何をするではなく、街ぶらぶらして、お茶して~とのんびりするのにぴったりの街でした。今回何回かタクシーを使うことがありましたが、ぼられたりはあり...

  6. マカオ1日街歩き(1)世界遺産とコロニアルなラザロ地区 - ワタシの旅じかん Go around the world!

    マカオ1日街歩き(1)世界遺産とコロニアルなラザロ地区

    旅行ガイドメディア、トラベルjp<たびねす>に『世界遺産もコロニアルな街並みも!マカオの必見スポット4選』というガイド記事を掲載して頂きました。マカオは香港と合わせて訪れる人も少なくないのかなと思い、最低限寄っておきたい場所をピックアップしました。「マカオの歴史地区」として30もの建築物や広場が世界文化遺産に登録されているマカオ。できれば30の遺跡と広場を全て見たいところですが、限られた時間...

  7. 熊野の旅 外人さんいらっしゃい! - LUZの熊野古道案内

    熊野の旅 外人さんいらっしゃい!

     熊野市と三重県は観光用のパンフレットをたくさん作っています。 こうしたパンフレットって目的とする観光客とかよその人の目に付くことも少ないですし、手に渡ることは非常に少ないです。 今はこうした方向の予算が増えているのでかなりふんだんに作られます。 これは、「The new way to walk the city」と言うスマホでまち歩きの手助けをしていますよ・・・というパンフレットです。 今...

  8. 皐月3 - 螺子花便り

    皐月3

     20日は 石見銀山ガイドの会イベント「鞆ヶ浦コース」を歩いて来ました、大森銀山から鞆ヶ浦までの銀を運んだ一番最初の道です。日本に銀精錬の技術が無い為、銀鉱石を朝鮮半島に運ぶ為の港までの道です。初めてですので愉しんで来ました。暑い中でしたが木陰が多く快適でした。                  「えんとつに ゆめをもやして なつのくさ」     永久精錬所の煙突跡 周りには沢山の家と人がい...

  9. 世界遺産でネコに遭う - ちょっとネコばか

    世界遺産でネコに遭う

    旅先でネコに遭うと、旅の楽しさが増幅されますね。実は、旅先でのネコ遭遇率が結構高いのです。ネコへの嗅覚というものがあるなら、「遭いたいな〜」という気持ちを何処かに秘めているから出会えるのかも知れません。たまに、行く予定がある土地にネコがいる名所の情報を得ていて、その場所で是非遭いたいと目的を持って訪れる事もあります。それは、沖縄県にある今帰仁城でした。沖縄県には「グスク(城)」と呼ばれる琉球...

  10. マカオ旅行 セナド広場あたり散策 その2 - おいしいもの大好き!

    マカオ旅行 セナド広場あたり散策 その2

    セナド広場を散策、午後になりました。天気は晴れ、時々うす曇りぐらいで歩き回るには最高の天気。あまり蒸し暑くもなく。まずは三街会館、関帝廟。中は薄暗く、道教らしくひげのおじいさんが祭ってあります。こちらはロバート・ホー・トン図書館。香港の富豪が別荘に使っていたところだとか。中は見事な建物で、建物の奥には庭園もありました。こちらは修道院。見学不可。少し歩くと右手にドン・ペドロ5世劇場が現れます。...

  11. マカオ旅行 セナド広場あたり散策 その1 - おいしいもの大好き!

    マカオ旅行 セナド広場あたり散策 その1

    マカオ旅行3日目。天気はうす曇りで歩き回るには最高の天気です。今回はホテルからタクシーに乗って目指すはセナド広場。コタイエリアからは橋を渡ってマカオ半島に向かいます。セナド広場の横にあるメトロポールホテルの横でおろしてくれて、そこの路地を行けば広場よ、と教えてくれました。まず、朝ごはんです!と、朝ごはんを食べましたがそのお話は次に。まず出たのは目の前にどーんと郵便局。すばらしい建物ですね~。...

  12. トルクメニスタンの旅(11) 世界遺産 ニサ遺跡 - ヤスコヴィッチのぽれぽれBLOG

    トルクメニスタンの旅(11) 世界遺産 ニサ遺跡

    トルクメニスタンの旅2017年5月1日(月)旅の4日目この日は、朝5時頃目覚め、ダルヴァザの朝焼けの風景を見る。そのあと朝の「地獄の門」へ。クレーターの近くの丘へ登り、「地獄の門」の全体を眺める。そのあとユルタで朝食。8時に4台の車でダルヴァザのキャンプ場を出発。幹線道路まで出て、専用の大型バスに乗り換え、南下し「泥のクレーター」、「水のクレーター」を見学。さらに南下し、午後1時30分頃、レ...

  13. ストーーーンヘンジッ!!【その4】 - イ課長ブログ

    ストーーーンヘンジッ!!【その4】

    ストーンヘンジはもう終わったろうって?何のなんの、ここで引き下がるイ課長じゃねぇぜ(⇦何か勘違いしている)。ここでイ課長は問いたい。ストーンヘンジを見に行った観光客は何に感動するか?もちろんあの巨石構築物を見て「おお」と感動するわけだけど、同時にそれを取り巻く環境、早い話「見事なほど周りにナニもない」ということ、もう少しいえば「周りに何もないことがもたらす演出効果」にも感動するんじゃないかと...

  14. ストーーーンヘンジッ!!【その3】 - イ課長ブログ

    ストーーーンヘンジッ!!【その3】

    とりあえず、皆さんもよくご存知の典型的ストーンヘンジ写真をドンと。 とにかく知名度という点ではピラミッドの次くらいに有名な遺跡だからね。先史時代に作られたものだそうで、Wikipediaの記述によると考古学者はこの直立巨石が紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えている。そして、それを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡るという今調べたら、クフ王の大ピラミッドが紀元前25...

  15. 春日大社 - おでかけ見聞録 

    春日大社

    旅行二日目宿泊の地、大阪を後にし奈良へ。今日も良い天気です。早速 鹿さんたちに迎えられ、春日大社にお参りです。国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」は、春日大社に祭られている「たけみかづちのみこと」が白馬に乗って奈良の地に来たとされることから、神の使いとされています。▼ニ之鳥居▼伏鹿手水所手水所に鹿がすわっています。口にくわえた巻物から水が…▼南門▼大宮 御本殿▼燈籠回廊には奉納された...

  16. ストーーーンヘンジッ!!【その2】 - イ課長ブログ

    ストーーーンヘンジッ!!【その2】

    ストーンヘンジに向けて、バスはロンドン市内を抜けて一路西へ。郊外になると道路もすいてくるから、起伏のある高速道路の両側に広がる緑の草原風景を楽しみながら最前列の席で快適なバスの旅。 ガイドがないから、いまこの辺とか、あとどのくらいとか、よくわからない。周囲はすっかり田舎になってきたし、ロンドンからずいぶん走ったし(2時間半くらい乗ったかな?)もう近いんじゃないか?しかしとにかく周りは「田舎」...

  17.  ストーーーンヘンジッ!!【その1】 - イ課長ブログ

    ストーーーンヘンジッ!!【その1】

    どんどん行くぞ英国ネタ。カンタベリー、コッツウォルズに続く大ネタいってみるか。これもまたほぼ一日を費やした観光だけに続編になることは約束されている。ストーンヘンジってすごく有名な世界遺産でテレビや写真では散々見てる。イギリスにあることも知ってた。でもイギリスのどこ?となると・・・あれだけ珍しい古代の遺跡なんだから、何となくド不便なド田舎にあるんだろうと思ってた。それが実はロンドンからそう遠く...

  18. 熊野の旅 観光もチェーン化? - LUZの熊野古道案内

    熊野の旅 観光もチェーン化?

     昔から温泉場などと言うものは比較的鄙びた場所で、「温泉」としては宿が固まっていて「熱海」「湯河原」「箱根」「修善寺」「土肥」・・・などと地名を目指して出掛けたものです。 それぞれの温泉場には有名旅館とかがあって・・・ 「熱海古屋旅館」「伊東に行くならはとや」「箱根小涌園」なんて・・・ 温泉でなく普通の旅行の宿でも「東京」「大阪」「仙台」「札幌」と待ちに出掛ける形で宿を探しました。 それが最...

  19. 新連載のお知らせ 「世界遺産の街、イギリス・バースへようこそ」 - イギリスのLife Actually (英国の田舎に暮らしてみれば・・・)

    新連載のお知らせ 「世界遺産の街、イギリス・バースへよ...

    建築家が奏でる、こだわりのカタチ 。《アーレックスライフ》様にて、新連載「世界遺産の街、イギリス・バースへようこそ」が始まりました。これから6回に渡って、ロンドンだけでないイギリスならではの生活や風習、文化について、私が撮影した写真とともにご紹介させていただきます。第1回目はバースについて書かせていただきましたので、もしご興味お時間ございましたら、ご覧になってみてください。

  20. トルクメニスタンの旅(6) 世界遺産 クフナ・ウルゲンチ - ヤスコヴィッチのぽれぽれBLOG

    トルクメニスタンの旅(6) 世界遺産 クフナ・ウルゲンチ

    トルクメニスタンの旅2017年4月30日(日)3日目今日はウズベクスタン国内のカラカルパクスタンのヌクスから陸路で国境を越え、いよいよトルクメニスタンへ入国の日。朝8時、ヌクスのホテルJIPEK JOLIを出発。8時30分ウズベキスタン側の国境に到着。9時にゲートがオープンして出国審査。約40分で終了。次にトルクメニスタンの入国審査へ。熱を測定のあと、セキュリティ審査。審査もなんとか通過し、...

1 - 20 / 総件数:127 件

似ているタグ