中原中也のタグまとめ

中原中也」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中原中也に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中原中也」タグの記事(7)

  1. 長谷川泰子が羨ましい - 中也によろしく

    長谷川泰子が羨ましい

    中也と言えば泰子羨ましかった結局 嫉妬にも似た感情ですねもうとっくにこの世の人ではない中也に焦がれて年賀状まで出していた熱心とおりこして 熱狂に近いまだ若いころの感情はこんなに中也に思われた長谷川泰子が羨ましくて妬ましかったもうどちらもいないのにねだけど やはり 自分が大好きなってしまった男が追いかけた女ってすごくきになりません?大変美人の女優さん頭もよかったようだこりゃ太刀打ちできないわ・...

  2. やっと入った中也の会 - 中也によろしく

    やっと入った中也の会

    ずっと入りたくてもなかなか入れなかった中は中也の会いろいろなフアンクラブに入っているのになぜかなかなか入れなかったというかいつも入りそびれていたというのが正解で、やっとちゃんと入会できたあんなに大好きで憧れているのになんでだったのかな・・・・相変わらずなんど読み返しても素敵な詩ででも年代によって感じ方が変わるのが面白い多感な10代のころから今に至ってやはり思いも感じ方も変わるものただ変わらな...

  3. 《 詩人がゐる・・・中原中也 『冬の長門峡』 》 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    《 詩人がゐる・・・中原中也 『冬の長門峡』 》

    *******************************冬の長門峡 長門峡(ちょうもんきょう)に、水は流れてありにけり。寒い寒い日なりき。われは料亭にありぬ。酒酌(く)みてありぬ。われのほか別に、客とてもなかりけり。水は、恰(あたか)も魂あるものの如(ごと)く、流れ流れてありにけり。やがても密柑(みかん)の如き夕陽、欄干(らんかん)にこぼれたり。ああ! ――そのような時もありき、寒い寒...

  4. 山口発地域ドラマ『朗読屋』雑感 - in my humble opinion

    山口発地域ドラマ『朗読屋』雑感

    視聴してから少し間が空いてしまったが、『朗読屋』、良いドラマだった。ナイスなキャスティングだったし。吉岡秀隆、市原悦子、緒川たまき、それに荻上直子といえば?な市川実日子も出演。吉岡秀隆と緒川たまきのやり取りが楽しい。山下真司の歌が妙に心に残るし。中原中也、山口県民にとてつもなくリスペクトされてるのだなぁとつくづく思った。それにしても萩市に24時間開館しているという図書館があるとは初耳。画期的...

  5. 「中原 中也」特集 - 心紋様

    「中原 中也」特集

    今年は 詩人・中原 中也 の 何かの節目の年なの?NHK Eテレ「10分de 名著」やBSかな?「朗読屋 ~山口発地域ドラマ~ 」が放送されている。我が故郷 山口の著名人である。たしか 息子が高校へ入学してすぐの頃だと(記憶が正確かどうか?)” 中原中也の詩って・・・難しいよね ” に。素っ気無く そうねと 応えたと思う。 時間に余裕がある 今だったら・・・人生経験が無いと 心に受け止め兼ね...

  6. テレビde 中原中也詩集 - ひとりあそび

    テレビde 中原中也詩集

    NHKEテレの100分de名著今月(1月)の本は、中原中也詩集である。・・・ということを知ってテキストを買い、早や第2回の放送まで見終った。今年は中也生誕110年、没後80年の記念の年とか、である。それよりなにより、僅か30年の短い生涯であったことに、あらためて悲しみを深くする。私が初めて中也の詩に出会ったのは、高校生の時である。ある日、国語の先生がイキナリ何も言わず、黒板に「汚れちまった悲...

  7. 見舞いの手紙 - 文豪とアルケミストの道のり

    見舞いの手紙

    当館で一番番号が若いのはNo.004中也先生。光太郎さんでほぼ固定していた図書館助手だけど、手紙のために交代制に。嫌がってくれます、中也先生。気持ちが伝わるのか中々館長以外からの手紙が来ません。そして遂に届いたのが牧水先生からのお見舞いレター。柿ならちょうど昨日求めたものがございます( *´艸`)明日は「大コンの日」黄色欲しいです、赤も!人気ブログランキングへ12月のバナー可愛い

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ