中国文化のタグまとめ (4件)

中国文化のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中国文化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

こんにちは、三が月ぶりに黄帝内経の筆記を更新いたしました。こちらを読む前に、前回、12月19日の内容を復習しましょう。素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)⑥ 【説明】一、本段は、勝気と復気の変化の原因及び規律について、「夫気之生、与其化、衰盛異也」と述べている。時令が至らずに気が至る、或は時令が至っているのに気が至らず、勝気と復気が発生する。一般的に勝気が先で復気が後で発生する。勝気は復気...

こんにちは、周です。今回は中国語の話です。以下は「我」と「佛」の会話です、中国語で紹介します。有一天、我求了佛、佛説:我可以讓你許個愿。我対佛説:讓我家人和所有朋友永遠健康!佛説:只能四天!我説:行。春天、夏天、秋天、冬天。佛説:不行、三天。我説:行。昨天、今天、明天。佛説:不行、二天。我説:行。白天、黒天。佛説:不行、就一天。我説:行。佛茫然問到:哪一天?我説:毎一天。佛説:行。家人和所有...

素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)⑤【原文】帝曰:勝復之変、早晏何如①?岐伯曰:夫所勝者、勝至已病、病已慍慍、而復已萌也。夫所復者、勝尽而起、得位而甚、勝有微甚、復有少多、勝和而和、勝虚而虚、天之常也②。帝曰:勝復之作、動不当位、或後時而至、其故何也③?岐伯曰:夫気之生、与其化、衰盛異也④。寒暑温涼盛衰之用、其在四維⑤。故陽之動、始於温、盛於暑;陰之動、始於清、盛於寒。春夏秋冬、各差其分...

素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)④【説明】本段は、標本中気の従化及び疾病との相反関係を述べている。「標本中気」は運気学説の内容の一つで、注釈①に説明したように「標」は三陰三陽(少陽・太陽・陽明・少陰・太陰・厥陰)を指し、「本」は六気(風・寒・暑・湿・燥・火)を指す。そこで、本の下、標の上にあって、標本と表裏関係を持つ気を「中気」とされる。標本の気はそれぞれ陰陽寒熱の性質を持つ。人は行き...

似ているタグ