中国のタグまとめ

中国」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中国に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中国」タグの記事(102)

  1. 超マニア向けボーダーツーリズム「中ロ国境(ハバロフスク・撫遠)」を渡った日本人の話 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    超マニア向けボーダーツーリズム「中ロ国境(ハバロフスク...

    これは先週の話です。知り合いの日本人から、ハバロフスク・撫遠という超マニア向けの中ロ国境を渡ったという報告を受けました。ここでいうハバロフスクとは、極東ロシアのアムール河(黒龍江)とウスリー河の合流地点にある都市のことです。そして、撫遠とは、その対岸にある中国黒龍江省の国境の町です。この地は、1960年代後半に中ソ両国が国境紛争のために起こした戦争の舞台に近い場所でもあります。そのようないわ...

  2. 芭石鉄道行脚2016 その2 steam in Shibanxi Railway - ロッキー温泉

    芭石鉄道行脚2016 その2 steam in Shi...

    その1からの続き。二日目は一日目にも増して悪天候…ということで例のごとく蜜蜂岩と菜子バをメインに、スナップ撮影に勤しむ。今回は躍進から活動開始。チート機能を使って、菜子バへ先回り。釜次位に観光客車が入ったのはイマイチですなぁ。今度は逆に菜子バから蜜蜂岩へ下ってみた。途中の隧道付近で普通の写真を・・・蜜蜂岩では相変わらずまったりタイムなので、ビールで一休み。ここでもやはり雪花ビール。再び菜子バ...

  3. 芭石鉄道行脚2016 その1 steam in Shibanxi Railway - ロッキー温泉

    芭石鉄道行脚2016 その1 steam in Shi...

    かなり鮮度落ちであるが、昨年訪問した芭石鉄道の事をレポート。訪問日:2016/10/8〜10成田を夜でる四川航空の便で一路中国四川空港へ。いつものガイド陳祥先生と合流し、車でケン為へ行き、ホテルのロビーでZZZzzz....夜が明ける前に、街頭で饅頭を買い、芭石鉄道の始発駅石渓へGo!駅とは思えぬ階段を進むと石渓駅。早速C2蒸気がマッチ箱を入れ替え中。駅には据付の商店もあり、いい雰囲気。ここ...

  4. 006 中朝国境にある長白山(白頭山)のカルデラ湖「天池」の絶景 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    006 中朝国境にある長白山(白頭山)のカルデラ湖「天...

    中朝国境に位置する長白山(白頭山)は休火山で、「天池」と呼ばれる美しいカルデラ湖で知られる。撮影は中国領の北坂の天文峰展望台からで、写真正面から右にかけては中国領、左手が北朝鮮領。(撮影/2014年7月)ボーダーツーリズム(国境観光)をテーマにした以下のサイトを立ち上げました。同サイトの一コーナー「北東アジア《ボーダーNOW》 」では、北東アジアに広がる国境地域で出会った人や文化、街の風景を...

  5. 寛容について - パリ象來ぬ ブ男ログ

    寛容について

    「寛容であること」はより良い国際社会が現実化してゆくときに重要になってくるのではないかと常日頃から漠然と思っていた。ところが先ほど資料として、増田渉の『中国文学史研究』を読んでいたところ、魯迅の次の文を見つけてしまった。 「他の者の歯や眼を傷つけておきながら、報復に反対したり、寛容を主張したりする人間には、断じて近づいてはならぬ」元々遺書として「家族に書きあたえたもの」七箇条のうちの七番目の...

  6. 005 国境を越えてお隣の中国に遊びに来たロシア人たち - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    005 国境を越えてお隣の中国に遊びに来たロシア人たち

    中ロ国境の町、綏芬河のナイトクラブを訪ねると、若いロシア人と地元の中国人が踊り明かしていた。2年後、同じクラブを訪ねたところ、ロシア人の数が減り、以前ほどにぎわいはなくなっていた。(撮影/2014年7月)※綏芬河は中国黒龍江省東南部に位置し、ロシアが19世紀末に建設した東清鉄道の中国側国境の町です。安くて豊富な日常品や衣料などを買い込むために、多くのロシア人がこの町を訪れます。ただし、資源価...

  7. 彼の志した世界 - 翔鳳為林

    彼の志した世界

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000108-asahi-int劉暁波(リウシアオポー)氏が亡くなった、そのニュースは昨夜の内にネットで見ていたノーベル平和賞を受賞し、果たして彼は授賞式のためにストックホルムに行くことは許されるのか?と国々が騒いでいたやはり彼の出国は許されなかった、病に倒れても許されなかったそして死に対しても報道さ...

  8. 003 中国吉林省から眺める中朝露3カ国の国境風景 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    003 中国吉林省から眺める中朝露3カ国の国境風景

    図們江(豆満江)下流域に位置する中国、北朝鮮、ロシアの3カ国の国境が見渡せる防川展望台にて撮影。前方に見える橋はロシアと北朝鮮をつなぐ国境の鉄道橋で、左側がロシア領、右側が北朝鮮領。中国領は橋の手前までで、3国のうち中国だけが日本海に面していない。2017年現在、外国人の訪問は禁止されている。(撮影/2008年5月)ボーダーツーリズム(国境観光)は、国境の町を訪ね、お隣の国の様子を眺めたり、...

  9. 中国の茶器【中国】 - ひと・モノ・くらし~つくばの小さな雑貨店『motomi』~

    中国の茶器【中国】

    『中国の茶器』中国の茶器です。これは、北京に住む妹が買い付けをした商品になります。ポッテリとしたお湯のみと急須ですが、その素朴さが逆に温もりを感じます。この厚みがお茶の保温状態も良いので、実用面でもお勧めです。急須は上から持つタイプではなく、横を持って入れるタイプ。茶こしの穴も小さくはないので、細かい茶葉には不向きですが、中国の茶葉は、お湯を注ぐと開くタイプのモノが多いので大丈夫だと思います...

  10. 002 中国吉林省延辺朝鮮族自治州、延吉のナイトネオン - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    002 中国吉林省延辺朝鮮族自治州、延吉のナイトネオン

    延吉では、国境の町らしく、ハングルと中国語が併記されたネオンがきらめく。両国語併記は自治州の法律で定められている。(撮影/2014年7月)ボーダーツーリズム(国境観光)は、国境の町を訪ね、お隣の国の様子を眺めたり、ときには国境を渡って、両国の人々の暮らしや文化に触れる体験型の旅行です。四方を海に囲まれた日本には、陸続きの国境はありません。でも、日本海を隔てた北方には、朝鮮半島や中国東北部、極...

  11. 001 中ロ国境、室緯で出会ったオロス族の親娘 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    001 中ロ国境、室緯で出会ったオロス族の親娘

    中国内蒙古自治区東北部にあるロシア国境の町、室緯には中国人とロシア人のハーフの子孫であるオロス族が暮らしている。彼らの見た目はロシア人に近いが、人生観は中国人そのもの。この辺境の町は、近年観光地化が進み、夏になると国内観光客でにぎわっている。彼らも商売にいそしんでいる。(撮影/2016年7月)ボーダーツーリズム(国境観光)は、国境の町を訪ね、お隣の国の様子を眺めたり、ときには国境を渡って、両...

  12. 中国 - 金属造形工房のお仕事

    中国

    京都下鴨神社糺の森で開催の森の手づくり市に出店いたしました。曇り空で最終雷豪雨で濡れ鼠で完。お客様はいい感じでご来店されて韓国、中国と今や普通に謝謝ですね。イマイストリでお買い求めの男性がホットサンド器を吟味してお買い求め・・・ありがとうございます。イマイには今年もまいります。山奥ですがいいところです。32センチフライパンを作り初お披露目・・・と5人家族のお母様「軽い」と言われてお買い求め・...

  13. 中国の夏休みが始まり、ツアー客も少し増えてきたようです(ツアーバス路駐台数調査 2017年7月) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    中国の夏休みが始まり、ツアー客も少し増えてきたようです...

    7月になって東京はきびしい暑さが続いています。新宿5丁目界隈の外国人ツーリストも、身軽ないでたちで旅行を楽しんでいる様子がうかがえます。7月から中国の夏休みが始まり、バスの数も少し増えてきた気がします。※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。1日(土)未確認2日(日)未確認3日(月)11...

  14. 夕方のバスが増えてきたのは、都心のホテルが埋まらないせい?(ツアーバス路駐台数調査 2017年6月) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    夕方のバスが増えてきたのは、都心のホテルが埋まらないせ...

    6月に入り、依然バスの台数は2012~3年頃のピーク時に比べ、少ないのですが、ここ1、2年と違った傾向が見られるようになりました。それは、夕方にバスがちらほら姿を見せるようになったことです。これはどうしてなのか?この数年、都心のホテル価格が上昇し、安価なツアー料金で訪日する中国団体客は、八王子や木更津といった都心からずいぶん離れた町のホテルを利用するケースが増えていました。ところが、民泊市場...

  15. バスの数が減った理由は地方からの団体客の伸び悩みにあり(ツアーバス路駐台数調査 2017年5月) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    バスの数が減った理由は地方からの団体客の伸び悩みにあり...

    もうかれこれ5年以上、中国のツアーバス客の来訪数をヒマに飽かせてカウントしてきたわけですが、今年に入って全体にバスの台数は減少傾向にあると感じています。訪日中国人の数自体は増えているのに、なぜなのか? それは、要するに、中国の地方都市からの団体客が伸び悩んでいるからだと考えられます。これまで本ブログでも何度も指摘したように、中国からの観光客は、すでに団体客より個人客の比率のほうが高くなってい...

  16. 中国でも驚異の人気、映画「昼顔」のチケットが30倍の値で売買されている! - 芸能スクープ☆激ヤバ情報

    中国でも驚異の人気、映画「昼顔」のチケットが30倍の値...

     2014年にフジテレビ系で放送された、大ヒットドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。6月10日には映画も公開され、またまた大ヒットを記録。しかしこの作品の人気は、国内だけにとどまらなかった。上戸彩主演★10%OFF+送料無料■TVドラマ 4Blu-ray【昼顔~平日午後3時の恋人たち~ Blu-ray BOX】15/1/30発売【楽ギフ_包装選択】「中国・上海では、6月の17日から10...

  17. ぶらり上海途中下車 - 風に吹かれて旅日記

    ぶらり上海途中下車

    2012/2月。ベトナムホーチミンへ向かう途中、乗り継ぎのため上海に昼前到着。上海からホーチミンへ向かう便は21:45分発。約半日ほども待ち時間があるため、上海を観光することにした。二月の上海は小雨交じりのあいにくの天気。寒さに震えながら空港よりバスに乗り込む。中心市街地を少し外れた辺り。まだ庶民的な暮らしの残る通り。      「国際都市」と言う呼び方がよく似合う街、上海。新天地と呼ばれる...

  18. 大都市圏を中心に増殖中!中国系「越境白タク」の問題点を追跡 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    大都市圏を中心に増殖中!中国系「越境白タク」の問題点を追跡

    羽田空港や成田空港、そして大都市圏を中心に、人知れず中国系の白タクが増殖している。その背景には、日本に先んじて広く普及した中国の配車アプリサービスが、日本の国内ルールを無視して横行していることにある。日本のライドシェアのあるべき姿を見据え、「越境白タク」の何が問題かを考えたい。 羽田空港国際ターミナル1階、午前0時半。タクシー降り場の周辺に何台ものワゴンタイプの自家用車が隊列停車し、大きな荷...

  19. 【名著(新版)復刊】中国語を学ぶすべての人へ! - 現代東アジア言語・文化専攻 あれこれ掲示板

    【名著(新版)復刊】中国語を学ぶすべての人へ!

    みなさん、こんにちは!さきほど、存心館のふらっとでうれしい発見がありましたのでご報告します。私が院生のころに読み、学ぶことの多かった名著である木村英樹先生の『中国語はじめの一歩』(ちくま新書、1996)が新版となって復刊しました!ちくま新書版から20年が経ちましたが、この本の魅力は色褪せていません。中国語を学び始めた人ばかりでなく、中級レベルをさまよっている人、学問として中国語を研究したい人...

  20. 北京 備忘録も兼ねて - Quelque Chose de Beau

    北京 備忘録も兼ねて

    朝の6:00に北京に着き、名古屋行きの便は17:00発。まずdocomoに電話して海外1dayパケを申し込み、データローミングをオン。そうしないとGmailもLINEもGoogle検索もFacebookも何にもできません。中国はインターネットの閲覧を大きく制限されている国なので。今はちょうど30MBを超えても速度が遅くならないキャンペーン中で、本当に助かりました。だって、一瞬でそんなの超えて...

1 - 20 / 総件数:102 件

似ているタグ