久留米市・うきは市のタグまとめ

久留米市・うきは市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには久留米市・うきは市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「久留米市・うきは市」タグの記事(10)

  1. ひめちゃご76 高良山―英彦山 香春岳を巡る争い - ひもろぎ逍遥

    ひめちゃご76 高良山―英彦山 香春岳を巡る争い

    ひめちゃご76高良山vs英彦山 香春岳を巡る争い 「高良玉垂宮神秘書」より 前回まで英彦山の話だったが、今回は高良山に伝わる謎の本「高良玉垂宮神秘書」に出てくる英彦山の話を紹介しよう。142条 彦権現、異国人ニテマシマスノ間、彦権現ハカリコトヲ ナシ玉フ、(略)高良ノ、彦権現ハ、モツハラノテキ神ナリ高良にとって彦権現は異国人で「もっぱらの敵神なり」という、珍しい話が書かれている。こうなった理...

  2. 第14回「歴史カフェ」は521と525 「高良玉垂宮神秘書2」 - ひもろぎ逍遥

    第14回「歴史カフェ」は521と525 「高良玉垂宮神...

    第14回「歴史カフェ」は521と525 「高良玉垂宮神秘書2」 5月の歴史カフェ第14回の「日曜日」はいつもの会場が取れなかったのですが、午前中なら使えるということなので、「ひふみ」で5月21日(日)10時半~12時半に設定しました。5月21日(日)10時半~12時半5月25日(木)2時~4時ご都合のよい日を選んでください。題は「高良玉垂宮神秘書2」です。高良玉垂宮の歴史の始まりは仲哀天皇と...

  3. ひめちゃご67  連玉ビーズは幼な子の胸に - ひもろぎ逍遥

    ひめちゃご67  連玉ビーズは幼な子の胸に

    ひめちゃご67連玉ビーズは幼な子の胸に ロッキーが高三潴の連玉ビーズの公開の画像を送ってくれた。多分このようなものはネット上でも見ることは出来ないだろう。貴重な画像を載せて記録としておきたい。そこには新聞に書かれなかった重要な情報がある。なんと、連玉ビーズは子供のために副葬されたものだったのだ。糸島では王墓かもしれないが、高三潴では幼な子の胸にかけられたものだった。何故これが新聞には書かれな...

  4. ひめちゃご66 水鳥のすだく水沼を皇都となせり - ひもろぎ逍遥

    ひめちゃご66 水鳥のすだく水沼を皇都となせり

    ひめちゃご66水鳥のすだく水沼を皇都となせり 三島神社の掲示板に足を止めた。そこには万葉集の一首があった。「水鳥のすだく水沼を都となせり」そういえば、この歌は何処の歌かと思ったことがあった。それがここか。宮司に尋ねると、ここではなく、高三潴の方だという。そうだ。高三潴こそ政治の地だった。念のために万葉集を開いてみる。(岩波)4261番大君は神にし坐せば水鳥の多集く水沼を都となしつ おおきみは...

  5. 高三潴は連玉ビーズが出ても当然の地だよ 水沼のクニは巫女のクニ - ひもろぎ逍遥

    高三潴は連玉ビーズが出ても当然の地だよ 水沼のクニは巫...

    ひめちゃご 番外高三潴は連玉ビーズが出ても当然の地だよ水沼のクニは巫女のクニ  今朝のワクワク新聞記事。しょっちゅう書いている水沼族の政治の地である高三潴から連玉ビーズが出たそうですね。読み(水沼 みぬま 高三潴 たかみずま)甕棺からだって。時代がなんと弥生時代後期で、(1~2世紀)となってます。(西日本新聞)毎日新聞では(約2000~1800年前)となっているので、う~む。弥生時代って随分...

  6. ひめちゃご64 ここが高三潴 国乳別皇子の政治の地と前方後円墳 - ひもろぎ逍遥

    ひめちゃご64 ここが高三潴 国乳別皇子の政治の地と前...

    ひめちゃご64ここが高三潴 国乳別皇子の政治の地と前方後円墳 景行天皇に命ぜられて水沼に残った国乳別皇子(くにちわけのみこ)は天壇のある赤司八幡神社から南へ下って高三潴に住んだ。弓頭神社がその宮跡である。神功皇后と武内宿禰がやってくると、出迎えた国乳別皇子は弓大将として新羅役に参戦したことから、「弓頭」(ゆみがしら)の社号がついている。「ゆがしらさん」と呼ばれている。政治的中心地がここになる...

  7. ひめちゃご63 景行天皇の三女神祭祀 - ひもろぎ逍遥

    ひめちゃご63 景行天皇の三女神祭祀

    ひめちゃご63 景行天皇の三女神祭祀 ヤマトタケルの父、景行天皇は九州の各地を回った。その戦いの記録は『日本書紀』にも書かれているが、祭祀については触れられていない。パワーポイントをつらつらと流していると、どうしてもここで止まってしまう。何度も書いてしまうが、今日も、水沼(みぬま)の話にお付き合い願おう。 福岡県の筑後川。向こうに見えているのは耳納(みのう)山脈。かつては水縄とも書かれていた...

  8. エジプトの壁画と「吉井」の壁画のつながりが見えてきたかな - ひもろぎ逍遥

    エジプトの壁画と「吉井」の壁画のつながりが見えてきたかな

    エジプトの壁画と「吉井」の壁画のつながりが見えてきたかな3月の歴史カフェは、糸島がテーマですが、二度目の参加の方もあるので、少し変化させてテーマを絞って、深く切り込むことにしました。糸島におけるニニギ尊と木花咲耶姫の通婚の話と真鍋によるエジプト人の渡来についての話の二本立てです。一年ぶりですが、この間、私の理解がさらに進んだので、真鍋の解釈のエリアを少し広げることができました。すると「吉井」...

  9. 高三潴は連玉ビーズが出ても当然の地だよ 水沼のクニは巫女のクニ - ひもろぎ逍遥

    高三潴は連玉ビーズが出ても当然の地だよ 水沼のクニは巫...

    高三潴は連玉ビーズが出ても当然の地だよ水沼のクニは巫女のクニ今朝のワクワク新聞記事。しょっちゅう書いている水沼族の政治の地である高三潴から連玉ビーズが出たそうですね。読み(水沼 みぬま 高三潴 たかみずま)甕棺からだって。時代がなんと弥生時代後期で、(1~2世紀)となってます。(西日本新聞)毎日新聞では(約2000~1800年前)となっているので、う~む。弥生時代って随分と遡ったんだね。卑弥...

  10. 「弓削」(ゆげ)の話と「中西」の話 - ひもろぎ逍遥

    「弓削」(ゆげ)の話と「中西」の話

    「弓削」(ゆげ)の話と「中西」の話 弓削の道鏡が建立した由義寺(弓削寺)跡が発見されたという2017年2月13日の新聞記事をテーブルに置いたのですが、先日歴史カフェでいただいた久留米市の文化財マップを整理しようと手に取ってビックリ。「弓削・北野地区」のタイトル\(◎o◎)/! 「弓削」と「弓削の道鏡」!これはいったいどういうシンクロ?実は高良山に仏教が入り込んだ白鳳二年(673)。この時、高...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ