九州のタグまとめ (66件)

九州のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには九州に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by My favorite...

2年ぶりの熊本です。熊本城の状態を間近で見て・・・これを再建するのは、本当に気が遠くなりそうな時間が必要だなと。(完成するまでに20年かかるって言うし)もうすぐ地震から1年。私が訪れた時は観光客もたくさんいて市内の繁華街は賑わいを取り戻しつつあるように見えました。・・・が、よく見ると移転や建て替えのため、空き店舗も多く見られ、繁華街からちょっと離れたところ(新町)では、“調査済”の紙が貼られ...

by 季節の風を感じながら・・・

3月17日2月末の親子旅お宿は別府 うみね です。前部屋に半露天風呂があり広々としたお部屋です。お部屋のお写真は1枚も撮っていませんでした。お昼のお食事に満足して買い物をする気も起こらず別府駅からホテルに直行です。お夕飯を最終の19時半にお願いしてゆっくり温泉に浸かります。妹は家族唯一の酒豪です。冷蔵庫に入っている飲み物はすべてフリー母も私も飲まないので、ビールは妹のもの。身体にはあまり良く...

by 季節の風を感じながら・・・

3月16日2月の終わりのことです。母と妹と3人で九州に行ってきました。1泊だけの旅行です。1年前、母の喜寿を祝いこのコースと同じ旅をしました。その時は2泊3日でした。旅の途中、留守番の父の体調が悪くなり急遽旅行を中断し帰路に着いたのでした。詳しくは今回は、入退院を繰り返している父の体調を考え1泊濃厚旅です。昨年は1泊させていただいたお宿をお昼に伺いお食事だけさせていただきました。八幡浜からフ...

by 柴犬すみれといっしょ

昨日は久しぶりの雨で草花が喜んだでしょうね(^O^)今日の午後散歩は西の公園へ寒緋桜が満開寒緋桜が鮮やかすぎてすみれさんもかすみますね(^^)ポーズをとって散歩は終了今日のお昼は・・熊ちゃんのお母さんと手作りサンドイッチランチ会話も弾み時がたつのを忘れますいつもありがとう♪♪

by ■MAGの写真創庫■

八女から大牟田へやって来ました、約5年ぶりに本町界隈を徘徊しました~。 銀座アーケード、土曜の夕方なのに閑散としています。坂田紙店さん、老舗の文具屋さんですね。大牟田の炭鉱は世界遺産です!色っぽいお姉さんがいた。人がほとんどいない清々しいアーケードです。カッコいい古本屋さんがありました。大牟田には時々仕事で来ますが、この辺りには全く来ない。商店街の近場をウロウロ、飲み屋さんが集まる建物、なん...

by 多分駄文のオジサン旅日記

長崎旅シリーズ、前篇を最終回にした積りだったが、ひとつ忘れておったばい。加えておこう、「眼鏡橋」。長崎市の中島川に架かる石造二連アーチ橋。日本初の石造りアーチ橋。1634年建造という。中国人僧侶である黙子は中島川の氾濫のたびに橋が流失されるのを見かねて、中国から石工を呼び寄せて眼鏡橋を建造させた。その30余年前、東では関ヶ原の戦いがあった頃だから、当時の長崎の都市インフラというか文化レベルは...

by 多分駄文のオジサン旅日記

1月末に行った長崎旅シリーズ連載、たらたらやっているうちに既に3月も半ばに近づいておった。あらあら、怠惰なうえに遅筆、長崎旅で取り上げたい箇所やトピックはまだまだあるのであるが、賞味期限もかなり過ぎたか、一応この辺で最後にしよう。初日に宿泊したホテルのすぐ近くには長崎新地中華街入口の華やかな大門があった。たまたまNHKの番組(草刈正雄出演の「美の壺」だったかしらん)で日本各地の門を紹介するな...

by ■MAGの写真創庫■

数年ぶりに八女の町へやって来ました、神社の楼門をくぐると何とそこは商店街だ~! 戦後闇市から発展したレトロな商店街「土橋市場」。ここは尊敬する多くの先輩方が記事にされている有名な商店街です、やっと訪れることができました。とってもレトロなパーマ屋さん。遠い昭和の時代へタイムスリップできます。サビサビのポールに歴史を感じます。木製の窓が素敵過ぎる。スコッチショップ何とかさん、漢字が読めない・・・...

by    クンルン九州

突然の陽気と朝夕の冷え込みの二極に振り回されて体調が不安定な今日この頃です。三寒四温とはよく言ったものですね。日本語はほんとにきれいだなと思います。庭のしだれ梅も満開を迎えてよい香りです。春はもうすぐそこですね~。何事も兆しがあるときってドキドキします。博多道場もワクワク、ドキドキの兆しがかなりありますね。九州の大都会の博多の片隅で宇宙の叡智のクンルンをしようではありませんか?何が起こるかわ...

by ■MAGの写真創庫■

御輿来海岸に今年もやって来ました、久しぶり戸口神社様横の道を歩いて山に上がってみました。 数年ぶりに山の上に来たらメチャ綺麗になっていた・・・、以前は押し合いへし合いしてたけど広くなって余裕がありそうです。あの軽自動車は干潟の海から無事脱出できただろうか・・・。すぐそばに大栄稲荷神社さまがあります、いい写真が撮れます様に!幻想的な干潟に魅了されます。凄腕カメラマンさんたちがスタンバっています...

by 蜜りんごの忘備録

父の三回忌につき、金曜日は有給をいただき二泊三日で 佐賀へ帰省しました。いつもは福岡空港を利用してましたが、今回は初の佐賀空港経由です。飛行機の中からの佐賀平野、有明海の景色が圧巻でした(^^)有明海の海苔の養殖 こんな風に見るの初めてで感動です!到着日は、兄も合流して大正屋さんで母のお誕生日のお祝いを。大正屋は、故 吉村順三が20年かけて大改造したとってもしぶーい旅館なんです。結...

by 多分駄文のオジサン旅日記

「長崎はわしの希望じゃ」かの坂本龍馬は自分の夢の出発地として迷うことなく長崎を選んだという。多くの人物や思想との出会いで培われた龍馬の壮大な夢は、日本が鎖国をしていた江戸時代でも唯一西洋に開かれていたこの長崎で開くこととなった。龍馬が「海援隊」を結成、日本で初となる商社「亀山社中」を長崎の地に設立したことは余りにも有名であるが、この亀山社中を訪れることも今回の長崎旅の大きな目的であった。長崎...

by 多分駄文のオジサン旅日記

軍艦島に上陸。小雨も降る鉛色の重い空、強い波風、島に打ち付ける風で大きく飛び散る飛沫。何とも憂鬱な気象状況の中で目に飛び込んで来たのはこれまた荒涼たる景色。ドキュメンタリー番組で見たシリア内線の跡か、はたまたインカかエジプトあたりの文明が崩壊し長期に放置された跡、というような印象。かつて海底炭田の採掘地として栄えた軍艦島ではあるが、現在は無人の「廃虚の島」。炭鉱施設は殆ど解体されており、朽ち...

by 柴犬すみれといっしょ

昨日よりかなり冷たかった今朝あずきちゃんに会いましたあずきちゃんもすっかり大人になっていつもは素通りなんですが・・・ビビるすみれ(^^)横を通り過ぎて行ったあずきちゃんすみれも私も楽しかったわはじけてくれてありがとう♪♪おまけ明日は少し早めに家を出て日向まで足を伸ばす予定です

by 多分駄文のオジサン旅日記

今回の長崎旅の最大の目玉、軍艦島めぐり。軍艦島が世界遺産となるかなり前から廃墟ファンとして注目し、写真集や書籍などでもその特異な繁栄と衰退の歴史をインプットして来た。いよいよ夢が実現するか。軍艦島へ行くには業者が主催するツアーに参加するしかないことは認識していたが、特に旅前にツアーを予約することはなかった。4社ほどの業者がツアーをやっており、各社午前と午後の便があることは把握していたのだが、...

by ■MAGの写真創庫■

仕事終わりに熊本市街を徘徊しました、久しぶりの街だ~。 熊本城マラソン決戦前夜です、どうりで人が多いと思った。街中は仕事で時々来ますが、ブラブラすることはない。熊本の市街地は狭い通りが多い、車は大変です。お洒落な蔵のレストランさん。最新式のコインランドリーがあった・・・。見慣れた町も写真機を持って歩くと新鮮な景色に変わります。熊本出張の際はぜひ城下旅館さんへ。玄関がカッコよすぎる城下旅館さん...

by 柴犬すみれといっしょ

それにしても天気予報はよく当たります2時頃から雨の予報でしたが1時45分頃から降って来ましたあっぱれ!!朝散歩は歩きをやめて車で公園へしだれ梅がきれい前からチラホラ咲いてた河津桜も満開リオちゃんがやってきました去りゆくリオちゃんを見送るすみれくつろいでますがな・・(>_<)朝ごはんエキサイトのブログアップ方法が少し前から変わりましたね前のほうが簡単だった気がします↑上の文章二段に...

by 小さな翼

生!ゴダイゴ バレンタインプレミアムコンサート長崎大村市民会館ファイナルプロジェクト「G」新1 The X Ray Vision of a Poet2 One Dimensional Man3 Superman4 Only Silence5 Please Let the Sun6 I can't Let Go7 Gandhara8 Images of Mystery9 Coming Toge...

by ■MAGの写真創庫■

数年ぶりに天草牛深の遠見山(とおみやま)水仙公園にやって来ました~。 時期が早かったのか、水仙はあまり咲いていません・・・。なぜか水仙の花が撮りたくなり、「熊本」「水仙」で検索するとこの公園をヒット。日本水仙が45万本も咲くそうです。西欧種の水仙(19種5万株)も植えられているみたいですが、私には1種類しか確認できない・・・。1月から4月上旬ごろまで次々と違った種の水仙が咲き乱れるらしい。春...

by 多分駄文のオジサン旅日記

長崎新地中華街からブラバー園目指し路面電車の通りを歩き始めたところ、右手前方にビルに交じって何やら立派な洋館らしき建物がちらりと見えて来た。何であろうかと寄ってみたところ、出島、とある。510円払い入場することにした。ほほう、これが名にし負う出島であろうか、島ではなく雑居ビルの谷間にあるが。中学時代の歴史の教科書が何となく頭に浮かぶ。初の長崎であったが、その割には事前の調査や旅プラン立案は殆...

似ているタグ