井伊直虎のタグまとめ

井伊直虎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには井伊直虎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「井伊直虎」タグの記事(15)

  1. おんな城主 直虎 第20話「第三の女」 ~井伊直親の隠し子~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第20話「第三の女」 ~井伊直親の隠し子~

     死んだ井伊直親の娘と名乗る高瀬という少女が出現しました。ドラマでは唐突な設定に思えましたが、実はこれは根拠のない話ではなく、直親は11歳から21歳までの約10年間に及んだ信濃国は市田郷での潜伏生活のなかで、身の回りの世話をしていた地元島田村の代官・塩沢氏の娘とのあいだに子をなしたといわれています。  『寛政重修諸家譜』によると、直親の子どもは二人になっていて、「女子」と「直政」とあります。...

  2. おんな城主 直虎 第19話「罪と罰」 ~地頭職の司法権~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第19話「罪と罰」 ~地頭職の司法権~

     今話もまた、おんな地頭職となった井伊直虎の国づくりのお話。今川家との外交政策、綿花栽培に着手した経済政策、領民の教育政策、そして種子島(火縄銃)の導入による軍事政策と、稚拙ながらも試行錯誤しながら領主として成長していく直虎の国づくりを描いてきたここ数話ですが、今話のタイトルは「罪と罰」。盗人として捕らえた罪人をどう裁くかという話で、つまり司法政策の回でした。  盗人は死罪という慣例に従って...

  3. おんな城主 直虎 第15話「おんな城主 対 おんな大名」 ~寿桂尼~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第15話「おんな城主 対 おんな大名...

     今話のタイトルは「おんな城主 対 おんな大名」。おんな城主とは、いうまでもなく井伊直虎ですが、おんな大名とは、駿河国、遠江国の守護にして戦国大名でもある今川氏のゴットマザー・寿桂尼のこと。この時代の女性というと、大名の正室といえども史料が少なく、その実在性も含めて不明な場合が多いのですが、この寿桂尼に関しては、歴史にその存在をしっかりと残した数少ない女性といえます。  寿桂尼は中御門宣胤と...

  4. おんな城主 直虎 第14話「徳政令の行方」 ~徳政令と逃散~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第14話「徳政令の行方」 ~徳政令と逃散~

     今話はそのタイトルどおり、「徳政令」のお話。前話の稿でも述べましたが、「徳政令」とは、債権者・金融業者に対して債権放棄を命じる法令で、簡単にいうと「借金帳消し」の制度です。その始まりは鎌倉時代の元寇の折、御家人の窮状を救うために永仁5年(1297年)に発令された「永仁の徳政令」からとされています。その後、室町時代から戦国時代にかけて、土一揆などの鎮静にたびたび徳政令を発布しています。  徳...

  5. 禅寺 龍潭寺は井伊家の菩提寺。<湖東シリーズ4> - 専門学校神戸カレッジ・オブ・ファッション

    禅寺 龍潭寺は井伊家の菩提寺。<湖東シリーズ4>

    近江八幡から彦根まで少し足を伸ばしてみた。ご存知のとおり、彦根市は井伊家のお膝元であるため歴史上では知名度が高い町である。 彦根城はもちろんのこと神社仏閣でも歴史と深く関わっているところが多い。その一つが、2017年の大河ドラマ「女城主・直虎」で一躍有名になったお寺「龍潭寺(りょうたんじ)」である。彦根市の龍潭寺は、1600年に井伊直政が佐和山城(現・彦根市)主となった際に、静岡県浜松市にあ...

  6. おんな城主 直虎 第13話「城主はつらいよ」 ~地頭・井伊直虎~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第13話「城主はつらいよ」 ~地頭・...

     かくして井伊家の家督を相続し、幼い虎松(のちの井伊直政)が成長するまでのあいだ、執務をとることとなった次郎法師あらため井伊直虎ですが、具体的にいつ家督を継承したかはわかっていません。その目安となる史料としては、地頭として直虎が龍潭寺の南渓瑞聞和尚に宛てた寄進状が残されており、永禄8年(1565年)9月15日付けとなっていることから、おそらくその数ヶ月前と考えられています。  直虎が地頭にな...

  7. おんな城主 直虎 第12話「おんな城主直虎」 ~井伊直親の最期と井伊直虎の誕生~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第12話「おんな城主直虎」 ~井伊直...

     井伊直親の最期の回でしたね。その伝承によると、直親が松平元康と内通しているという小野但馬守政次の讒言によって、今川氏真は大いに驚き、ただちに井伊谷に軍勢を差し向けようとしますが、今川氏の一族でありながら井伊家寄りだった新野左馬助親矩が、氏真に思いとどまるよう説得し、出撃は中止されます。親矩の妹は亡き井伊直盛の妻で、つまり、次郎法師の母でした。さらに、親矩の妻は井伊家一族の奥山因幡守朝利の妹...

  8. 前田画楽堂本舗デザイン商品 17.3.25(2) - 前田画楽堂本舗

    前田画楽堂本舗デザイン商品 17.3.25(2)

    今回は2017年度(平成29年度)大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公である井伊直虎を始めとしてその養子(直虎の元許嫁・直親の子)で「井伊の赤鬼」のニックネームで知られ、「徳川四天王」の一員で初代彦根藩主となった直政と幕末に大老を務めた直政の直系11代目・直弼と時代の節目で井伊一族が輝きを放ったことを示すべくデザインした商品。私が直虎を知ったのは2013年(平成25年)ないし14年(同26...

  9. 此生不持劍,亦不上紅妝——高殿円的井伊直虎《劍與紅》 - B.C.'s Diary [momo/sakura]

    此生不持劍,亦不上紅妝——高殿円的井伊直虎《劍與紅》

    剛好跟上這一期大河劇的直虎~XD(不過書其實已經出了兩、三年了,今年年初高殿則出了以直政為主角的《主君》。)其實從《卡莉》開始,就覺得高殿還滿會鋪陳這種歷史劇的。不會太薄弱(但是我其實也不是多有深度的生物,大家知道,所以應該說是對普通讀者而言不會太虛弱的歷史劇,對歷史痴而言我就不知道了~不知道了~)有趣的事情是,井伊直虎在歷史書籍中有記載,但有很多地方不是很明確,不像我們熟知的戰國名人有那麼...

  10. 戦国散歩~豪徳寺 - Suiko108 News

    戦国散歩~豪徳寺

    雨水もすぎて(19日でした)、日毎に春めいてきましたね。寒い間は家にこもりがちのsuiko108ですが、日差しに誘われて久しぶりの戦国散歩に行ってきました。今回訪れたのは……こちら!大河ドラマ等で何かと話題の井伊氏の菩提寺、世田谷区にある豪徳寺です。こちらは猫寺として有名ですね。そう、あの招き猫発祥の地なのです。境内には、たくさんの招き猫が奉納されています。お寺の縁起によりますと、もともとは...

  11. おんな城主 直虎 第6話「初恋の別れ道」 ~井伊直親の元服・結婚~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第6話「初恋の別れ道」 ~井伊直親の...

     弘治元年(1555年)3月、井伊谷に帰還した亀之丞は、早速、井伊直盛の養子となり、元服して井伊肥後守直親と名乗ります。このとき、直親21歳。遅すぎる元服ですが、逃亡、潜伏生活を強いられていたわけですから、やむを得なかったのでしょうね。晴れて井伊家の後継ぎとなった直親は、10年前の約束どおり、出家した次郎法師を還俗させて結婚・・・というのが直盛の希望だったでしょうが、残念ながらそうはいきませ...

  12. 『直虎おみやげショップ 』のご紹介! - チャンティック亜沙美のマニ勉強ハセヨ。

    『直虎おみやげショップ 』のご紹介!

    直虎おみやげショップがOPEN!!遠鉄百貨店本館地下一階です。地元の老舗が直虎ちゃんと家康くんをテーマに作った和菓子などが集結!お酒などもありま~す。もちろん、グッズもいっぱい!カメラマンの村井さんが手掛けたスマホカバーも好評!まずは動画をチェックして、遠鉄百貨店へGO!!『直虎おみやげショップ 』のご紹介!!観光で訪れた皆さまもぜひ一度!By チャンティック亜沙美

  13. 浜松出世の館 - 笑顔が一番

    浜松出世の館

    浜松は、徳川家康が征夷大将軍・天下統一するまでの足掛かりになった地域として、ここ数年PRに力を入れてまして。「出世大名家康くん金の像」このたび、大河ドラマの「おんな城主 井伊直虎」にあやかって?便乗して??なんだかんだで、新しく「浜松出世の館」なるものが浜松駅近くにできました。館内は、浜松ゆかりの徳川家康、井伊直虎の関連情報パネル展示、大河ドラマで使われた甲冑展示等々。あと、浜松お土産、グッ...

  14. おんな城主 直虎 第4話「女子にこそあれ次郎法師」 ~直虎の出家~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第4話「女子にこそあれ次郎法師」 ~...

     今回は出家したおとわの話がメインでしたね。ドラマでは、今川家から本領安堵の条件として、おとわの出家を命じられるといった設定でしたが、実際には、井伊直虎がいつ、どのような理由で出家するに至ったかはわかっていません。前話の稿でも紹介しましたが、『井伊家伝記』によると、直虎は亀之丞(のちの井伊直親)出奔後に仏への信仰が深くなり、南渓瑞門和尚の弟子となることを決意して剃髪したと伝えていますが、『寛...

  15. 歴史を学ぶ - 癒し専門

    歴史を学ぶ

    ここちよく ひと眠りできるそんな空間が体感できる癒しサロン リカバリー整体は予防医学です。今のうちから、健康な体を維持していきましょう。地元浜松のことをよく知ろう!!ということで近所にあるお寺に行ってきました。今話題の井伊家(直虎)とゆかりの地でもある頭陀寺(真言宗)へ。浜松市内では最古のお寺です。知らなかった自分が(恥)頭陀寺門前に頭陀寺城(松下屋敷)がありかの有名な秀吉や家康が幼少期に養...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ