京浜島のタグまとめ

京浜島」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには京浜島に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「京浜島」タグの記事(12)

  1. たまには「引き」で撮ってみる - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    たまには「引き」で撮ってみる

    飛行機の写真は青空に抜くのが一般的ですが、何かが背景に来るとひと味違ったものになります。特に京浜島からの撮影だと、機体がまだ空中にある時は空だけでやや面白みに欠けます。この日は千葉方面に雲がモクモクと湧いていて、飛行機がB滑走路への最終進入に差し掛かるところでちょうど良い雲との絡みが撮れました。私的には超望遠レンズでグワッと寄り気味に撮るのが好みですが、たまには引きで雲とのコラボレーションも...

  2. コアジサシになめられる - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    コアジサシになめられる

    京浜島のお立ち台で飛行機を撮っていると、目の前の運河をコアジサシが2羽。強烈な南風が吹いていて、追い風に乗るとアッという間に飛び抜けますが、風に抗って飛んでいる時はかなりスロースピード。よし、チャンスだ!とレンズを向けた瞬間、急降下。とてもじゃないけど追い切れません。近いとレンズの鼻先数メートルのところでホバリングをするじゃありませんか。ところがこっちは飛行機撮影用にレンズのフォーカスリミッ...

  3. パーフェクトならず - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    パーフェクトならず

    米国エアラインが昼間の時間帯に羽田を着発するようになって、撮影の楽しみが増えました。南風運用の時、東から飛来する飛行機はD滑走路23に降りるのが原則なので、とくに京浜島からでは遠くて写真になりません。しかしこの日は違っていました。まずユナイテッド875便、30分後にアメリカン027便がB滑走路22に降りてきました。B22に降りると国際線ターミナルはすぐ目の前ですが、D23だと国際線ターミナル...

  4. 空飛ぶ宣伝媒体 - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    空飛ぶ宣伝媒体

    飛行機にはいろんな塗装が施されています。自社をアピールするものから何かのキャンペーンを表現するものまで、実に多種多様。地上を走るラッピング電車などではそうとう派手なものもあって、飛行機よりは人目に付く時間は長いのである程度の宣伝効果があるのかもしれませんが、飛行機は飛んでナンボ。地上にいる時間よりも空の上にいる方が長く、広告宣伝媒体としてそれほど効果があるとも思えません。それでも特別塗装の飛...

  5. 京浜島にて、日没までの30分が勝負?! - OGA☆写

    京浜島にて、日没までの30分が勝負?!

    昨日の水曜、京浜島で撮ってきました。大森の駅を降りるまでは城南島に行くつもりでしたが、城南島へのバスの待ち時間が30分位あったので、すぐに出るバスのあった京浜島に急きょ行き先変更。もうすぐ16時になろうかという頃に、京浜島海上公園バス停に着きました。早速、展望台で撮り始めましたが、南西の強い風が吹いていてレンズが安定せず、視界もややどんよりとした感じで気持ちが乗ってきません。これといったショ...

  6. 管制塔と絡めて撮る - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    管制塔と絡めて撮る

    空港を象徴する構造物といえば管制塔。羽田空港には新旧2本の管制塔が屹立していますが、京浜島から撮影すると飛行機と管制塔を絡めて撮ることが出来ます。立ち位置を変えることで、タッチダウン寸前や直後のシーンが目線の高さで撮れるのも京浜島ならでは。工事現場を入れたり管制塔を絡ませたり、バリエーションが楽しめるのも京浜島の面白さではないかと思います。

  7. 一度で二度美味しいベトナム航空 - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    一度で二度美味しいベトナム航空

    ベトナムエアのハノイ~羽田線、これまで機材はエアバスA321で運航していましたが、3月下旬の夏ダイヤからエアバスA350を投入してきました。これは撮らないわけにはいかないぞと、晴天南風を狙って京浜島へ。定刻より30分早く姿を現しましたが、「ん?進入経路がちょっと変だなぁ」と思いながらファインダーで見ていると、城南島の沖合あたりで右旋回。「うわぁ、ゴーアラウンドだ」と思わず声が出ました。本来な...

  8. 工事現場の上を飛ぶ - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    工事現場の上を飛ぶ

    羽田空港北側で駐機場増設工事が行われていて、B滑走路に着陸する飛行機はその横を降りてきます。京浜島から撮影していると、工事関係の重機や作業をする人が写りこみますが、それはそれで面白い光景だと思います。しかし工事が完成するとこの場所に沖止めする飛行機と着陸機が被ってしまい、今のような抜けた写真にはならないでしょう。工事現場の上を飛ぶ飛行機というのも、羽田空港の歴史の一コマとし貴重ではないかなと...

  9. セレブ御用達 - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    セレブ御用達

    羽田空港にはビジネスジェットも飛んできます。世界を股にかけて飛び回るセレブリティにとっては欠かせないビジネスアイテムなのでしょう。価格は1機数十億円する機体もあるようで、年間の維持費ももちろん億単位。それだったらエアラインのファーストクラスに乗った方がたぶん安くすむだろうし、マイレージも貯まると思うけど、セレブはマイレージなんか関係ないんでしょうね、きっと^^。バミューダのとある企業が所有す...

  10. エアバス?それともボーイング? - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    エアバス?それともボーイング?

    国内大手2社のエアライン、かつてはボーイング社製の飛行機が翼を連ねていましたが、今ではエアバス社製の飛行機も増えています。どちらが好きかと問われても、ヒコーキマニアとしては「どちらも好き」としか答えようがありませんが、機種で選ぶならエアバスA320CEOやA350。空力的に洗練されたフォルムが美しいと思います。ボーイングではトリプル7-300と787-9あたりでしょうか。こちらは長い胴体と翼...

  11. one shot two planes - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    one shot two planes

    何ともタイトルの付けようのない写真ですが、自分では面白いと思っています^^。南風運用の時、B滑走路への最終進入経路に入った着陸機、そして後続機が最終進入経路に入るために左旋回。到着ラッシュの時間帯でタイミングが合うと、この2機をワンショットで収めることができます。トラフィックの多い羽田ならではの写真です^^。スターフライヤーのA320とキャセイパシフィックのトリプル7、そしてカモの群れスター...

  12. シンガポール航空のエアバスA350 - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    シンガポール航空のエアバスA350

    南西の風が強く吹き、吹き流しは真横に流れています。本日の捕捉目標はSQ(シンガポール航空)632便、エアバスA350-900。吹きさらしのお立ち台、体感温度はおそらく5℃くらいでしょう。到着予定時刻まであと1時間もあるので、取りあえず車に避難して車内で熱い紅茶なんぞを飲みながらスタンバイ。しかし立ち位置を変えようと車を移動させている間に、珍しくB滑走路22に降りてきたデルタ航空は撮り逃がすし...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ