人生のタグまとめ

人生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには人生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「人生」タグの記事(144)

  1. アーティスト的な人生の考え方 - おひとりさま 徒然なる老後

    アーティスト的な人生の考え方

    人の一生に目的などない。その人がどう評価されるかは他人や時代が決めることで、本人は興味がない。生きることが目的だ。生きる意欲がなくなれば引きこもってじっとしていればよい、へらへらと無計画に遊べばよい。気の向くままに毎日違うことがしてみたい。今という瞬間に生きたい。計画的ではないことで発見がある。明日の新しさには今日・過去の楽しさなんか敵わない。「人」を「絵」に置き換えると"横尾忠則"さん、「...

  2. 川はきらめく <二十代の将来>(一) - ◇ 一粒のショコラ ◇

    川はきらめく <二十代の将来>(一)

     電車の窓から見える静かな川の流れに、朝の光が輝いている。十八歳で故郷からこの東京に出てきて八年、三枝奈美は二十六歳になっていた。 そんな奈美には職場へ向かう通勤電車で、決まった時間、決まった車両で乗り合わせるうちに、いつからか気になるようなったひとりの男性がいた。もちろん、名前も勤め先もわからない。ただ気づかれないようにそっと見るのが、いつしか習慣になっていた。   こちらに出てきてしばら...

  3. 川はきらめく <七十代の孤独>(二) - ◇ 一粒のショコラ ◇

    川はきらめく <七十代の孤独>(二)

     隆志は、妻美由紀とふたりで小さな町工場を営んでいる。 成績がよく大卒で大手企業に就職した和夫と違い、勉強が苦手な隆志は高校卒業後、地元の小さな工場で働き始めた。 そこでまじめに働き、仕事を覚え、十年ほど前に独立した。それは佳子が亡くなったちょうどあの頃だった。独立したばかりで昼も夜も働きづめだった隆志は、葬儀にも青白い顔をして参列していた。その後苦労のかいあって、工場も軌道に乗り、四十歳で...

  4. 『ありがとう』を貴女に! - ゴローザ通信

    『ありがとう』を貴女に!

    3年前父が旅立った夜、息子からメールがありました。【実はさっき不思議なことがありました。23時過ぎに眠くなって、ちょうどベッドに入ったところ、『大切な人と会える回数は思っているより多くないから、会えるときを大切にしなさい』と、何かに語られるようなような気がして、一瞬で目が覚めました。それから10分くらい、今の環境に感謝して生きなきゃとか… 親孝行しなきゃ… と思って寝たら、おじいさんが亡くな...

  5. 希望にあふれる人生を辞めるより自分を苦しめてる仕事を辞めましょう。 - クロスと森と風邪

    希望にあふれる人生を辞めるより自分を苦しめてる仕事を辞...

    ほぼ一年ぶりにこのブログに訪れたが、数年前の自分と比べすごくうまくいってます。職場もちゃんとした場所で仕事内容も充実してます。2年前のブラック零細で苦労しましたが、あの場所をすぐ辞めて正解だと感じます。私のブログを見て今やってる仕事でものすごく悩んでおり、死にたい気分であれば、すぐに仕事を辞めることをお勧めします。希望にあふれる人生を辞めるより自分を苦しめてる仕事を辞めましょう。今後、現在の...

  6. 花火のような人生 - 写真集

    花火のような人生

    花火のような人生

  7. まだまだ続く長い登頂へのアタック - 流石!単独登頂?

    まだまだ続く長い登頂へのアタック

     日々はあっという間に過ぎてゆく毎日本来ならば数々の経験を積み(味わい)それを活かして次へのステップを踏むべきが一般的なアプローチしかしながら私というと...重要な時にうまく結果を出す事ができず 臆病になっていたようだ世界は今何を求め動いているのかが なーんてっ をれは世界を相手にしてたのかと気づく... (おかと違いは おいといて) お蔭さまで 日本は平和です 快適です 美味しいです (た...

  8. 川はきらめく <七十代の孤独>(一) - ◇ 一粒のショコラ ◇

    川はきらめく <七十代の孤独>(一)

     背筋を伸ばし、川沿いの道を歩く春田健吉は、今年七十八歳になる。しかし、かくしゃくとしたその身の動きは、歳より十歳は若く見えた。十年前に妻佳子を亡くしてから、亡き妻との思い出の詰まった家でのんびり余生を過ごしている。 葬式の後、長男の和夫がこの家を引き払って一緒に住まないかと声をかけてくれた。でも、まだまだ体も元気で気ままな暮らしがしたかった健吉は、「この家には、まだ母さんがいるような気がす...

  9. 川はきらめく <四十路の再婚>(二) - ◇ 一粒のショコラ ◇

    川はきらめく <四十路の再婚>(二)

     一方、とある病院に洋介はいた。そして、診察室から呆然とした表情で出てきた。たった今、医者から告げられた言葉は、とても受け入れ難いものだった。 先週受けた健康診断でがんが見つかったと言われたのだ。それも末期で余命半年の宣告。まさか自分が母親より先に逝くなんて思ってもいなかった。弘子にも申し訳ない…… 待合室の長椅子に座り会計を待つ間、洋介は自分の不運を嘆くのも忘れ、ただ、母と弘子の事を考えた...

  10. 鰯雲:俳句 - Fancy Photo plus

    鰯雲:俳句

              ***孤独***        鰯雲 前後左右に誰も居ず   to_shi_bo          (いわしぐも/ぜんごさゆうに だれもいず)

  11. 未来条件 ~これからも~ - Dazzling life   ~set sail ~

    未来条件 ~これからも~

    陽が暮れたなら 美味しいご飯に、必要なだけの 心地よい眠り。時折、気まぐれにギターをつま弾き、唄ってみたり...。部屋とワタシに過ぎない程の装いと粋な彩り。歳を重ねても年輪に相応しい、お洒落と品格を持てたなら 満足だ。

  12. 川はきらめく <四十路の再婚>(一) - ◇ 一粒のショコラ ◇

    川はきらめく <四十路の再婚>(一)

     穏やかな秋の夕暮れ、その川は、東京のはずれ千葉県との境をいつものように緩やかに流れていた。 夕日を反射してきらきら光る光景に、ふと、佐伯弘子は川のほとりで足を止めた。祖母から、昔この川は氾濫して大変だったという話をよく聞いたものだが、整備された今では想像もつかない。   弘子は迷っていた。 離婚して五年、今年で四十七歳になる。ひとり息子、渉は二十歳で大工の見習いをしている。弘子は息子との生...

  13. 17th Wedding anniversary♪ - Omoブログ

    17th Wedding anniversary♪

    今日で結婚して17年が経ちました^^Sony α77Ⅱ:TAMRON SP AF60mm F/2 Di II Macro振り返ればもう17年も経ってるのかと驚かされますが、気持ち的には結婚してまだそんなに時間が経ってない感覚です^^;これ、毎年書いてるような気がしますがホントに一年があっという間で結婚して17年経っているとは思えないんです。いつも、頼りない僕をしっかり優しく支えてくれる嫁さん...

  14. 波に乗ってる って? - Harmonicハーモニックのブログ

    波に乗ってる って?

    人生の流れが良い時、  波に乗ってる  と言います。波って 何ですか?人生には、波がたくさんあります。常に波 と言っていいと思います。人生に静止ということはありません。波に乗ってるね! と言うと、めちゃめちゃいいことがあって、いいこと続きでイエーイという感じに取られます。しかし、波に乗っている人は、いい波も 悪い波も 乗りこなしています。いい波ばかり選んでいたら、永続性がなく、途切れ途切れ。...

  15. 知るほど、謙虚になる - チャネリングメッセージ

    知るほど、謙虚になる

    愛されていると思うことに抵抗を感じる人は多いと思います。そう思うことは傲慢だと感じたり失望することを恐れて抵抗を感じたりするのです。でも本当は逆ではないでしょうか。自分が愛されていると知るほど人はより謙虚になります。この世界の流れというものがあるなら今まではその「ポジティブなものを受け取ることで、愛されていることを知る」流れでした。(厳しい経験ばかりだったとしても、です。)そして、これから(...

  16. 人生ゲームは楽しいけれど。 - 糸のない凧

    人生ゲームは楽しいけれど。

    世界は忙しさでできている。誰かがそんなこと言っていたっけ?でもこれって、かなり的を射ているかも。ちょっと周りを見渡せば。社会(周囲)にうまく合わせたり、社会(周囲)を変革するために、誰もが奮闘し続けている。あの人も、この人も。大人も、子供も。範囲の違いはあるけれど、誰もが奮闘し続けている。あ。もちろん私もね、例外ではないよ。私なりにたくさん奮闘しているよ。だって、そうしなさいって小さい頃から...

  17. 許せないものは、愛されている印 - チャネリングメッセージ

    許せないものは、愛されている印

    これだけは手放すわけにいかないと思うものほど手放すと楽になるよ。自分について、好きになれないところ許せないと思っているところがあるならそんなところにこそ、愛されている印があるものだよ。不完全ならその不完全さの中に美しさは、存在するんだよ。

  18. 手紙 - hibariの巣

    手紙

    今日、覚悟を決めてやっと1通の手紙を書いた。このひと月、どうしても書けなかった手紙。数枚の便せんに、やっとの思いを綴った。書き上げて切手を貼った時に、突然の大雨。雨が止むのを待っていると出せなくなりそうで大急ぎでポストへ走った。夜になっても手の甲が痛い。明日手紙を受け取るだろう友の顔が行ったり来たり心をよぎる。そして夕暮れ時難病を抱えた知り合いの娘さんに久しぶりに会った。お母さんの背丈を超え...

  19. 人間というものは・・・ - ヨハネの日記 “天運到来”

    人間というものは・・・

    〜出口のない迷路にはまっているのが人生その中で何をつかむか。それがあなた自身なのだ。人生は孤独とともにある〜

  20. 大人になるのは大変 なっても大変 - hibariの巣

    大人になるのは大変 なっても大変

    ヒヨドリのヒナです。あ~あ はぐれちゃった。お母さんがいない。どうすればいいの?さっきからお母さん鳥が必死に探している。やっと一羽見つけた!あと一羽。私の子供はどこ?今度は置いていかれた。「そこで待っておいで!」巣立ちはしたものの、立派な大人になるまでは大変。大人になったら子供を自立させるのが大変。人間の世界と同じだなぁ。ヒナと親鳥の出会いが完了するまで、およそ半日。何とか無事に合流できたよ...

1 - 20 / 総件数:144 件

似ているタグ