仏像のタグまとめ

仏像」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには仏像に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「仏像」タグの記事(28)

  1. アフロ仏に会いに行こう。 - PASSAGE

    アフロ仏に会いに行こう。

    九品仏 浄真寺21億6千万年という気の遠くなるような長い時間、思惟をこらし修行をされたので、髪の毛が伸び螺髪(らほつ)がかぶる大きな頭となられたのが五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだ)。全国でも16体ほどしかみられないという珍しいお姿だそうです。今日の人生・・・・・いろいろありすぎて厳しいなぁ・・・・・。お顔を拝見したかったのですよ。今日の人生posted with amazlet at ...

  2. 仏像 二つ - MANOFAR マノファー

    仏像 二つ

    昨日は長野県の松本に仕事で来ていました。日帰りのはずが、もう一日いなくてはいけなくなってしまい夕方急遽ホテルを取りました。安いところにしてしまい松本駅から歩いて10分、汗だくになって小さなホテルにチェックイン。日曜だったので近くの食事するところがほとんど休みで、ファミリーレストランしかないとのこと。駅の近くにすれば良かった、ホテル代ケチるんではなかったぁ…としょんぼり後悔していました。でもフ...

  3. シャボン玉アート - おもろかったら、ええねん

    シャボン玉アート

    アート教室にて。今日のテーマは洗剤に絵の具を入れて、ストローでブクブクさせた泡で描く「シャボン玉アート」。いつもは娘たちだけが制作しますが、私も今日は便乗して作ってみました。私作 「仏像アフロ」ナミアムダー! バチ当たるか?公民館にあったコチラのチラシからインスピレーションを受けて。せっかくこのページを見て頂いた方のために情報を。タイ〜仏の国の輝き〜(上野)東京国立博物館にて 8/27までh...

  4. 金龍山明徳寺 - 火神のお札を探しに行く

    金龍山明徳寺

    訪問日:2017/06/16金龍山明徳寺曹洞宗伊豆箱根鉄道修善寺駅からバスで30分ほど。バス停の向かい側に東京ラスクの工場兼直売所があります。その工場を背にするように進んで、お団子屋さんが参道です。(草餅おいしい!)田舎ののんびりしたお寺さんです。境内ににゃんこがいたりお堂の前で地元の野菜や果物売ってたり。ですがこちらのウスサマ明王堂がすごいのでした。本堂ではなく別のお堂。その真裏に、おさす...

  5. トーハクの「タイ」行ってきたゾー🐘@上野 - 続☆今日が一番・・・♪

    トーハクの「タイ」行ってきたゾー🐘@上野

    タイ好きnorimakiが見過ごせるわけがありません。東京国立博物館で昨日から始まった『タイ~仏の国の輝き~』を見てきました。館内はあまり混んでいなくて(というか、ガラガラGo😂)ものすごくゆったりと見ることが出来ました。よしよし。半休取っての平日の昼下がり狙った甲斐ありました👍涼しいし。←そこか入ってすぐにお目にかかるのが『ナーガ上の仏陀坐像』パンプレットで...

  6. 天龍山正覚寺 - 火神のお札を探しに行く

    天龍山正覚寺

    訪問日:2017/06/24天龍山正覚寺曹洞宗東京都荒川区JR西日暮里駅から徒歩五分ほど。開門されていて境内に入れます。うすさま明王石像は本堂前。荒川区の文化財で、文化14年(1817)年造像とのこと。一面八臂の堂々とした体格ですね、背負ってるのは迦楼羅炎じゃないけど頭の上に仏様。右手宝棒、印、くないっぽい武器、弓。左手剣、印、すず、検索。前髪長くしてるけど全部逆立って、ヘアバンド。愛染明王...

  7. 海亀山全龍寺 - 火神のお札を探しに行く

    海亀山全龍寺

    訪問日:2017/01/05海亀山全龍寺曹洞宗東京都新宿区JR山手線新大久保駅から5分ほどの繁華街の中にあります。平成13年落慶とのこと。中は近代的。東司にの真ん中に烏枢沙摩明王。ガラスに映り込んでしまうので小さい写真だけ。一面六臂、右足上げてます。火炎の光背は、迦楼羅炎ではない、かな。写真小さくて持ち物が見えなかった。繁華街の中の静かなお寺でした。

  8. 割れた顔 - 追分日乗

    割れた顔

    大阪市立美術館で開催されていた「木×仏像」展を見ました。飛鳥から円空へ、という副題がついている通り、木造の仏像の傑作を集めたすばらしい展示でした。訪れたのは最終日の前日で混雑を予測しましたがさほどてへもなく意外でした。なかでも異様な存在感を放っていたのが、ポスターにもなっていた宝志和尚の立像です。まるでさなぎのように顔が割れてもう一つ顔が現れている。中国に実在した僧で、自ら親指の爪で額から顔...

  9. 久遠山不動明院東光寺 - 火神のお札を探しに行く

    久遠山不動明院東光寺

    訪問日:2017/01/07久遠山不動明院東光寺天台宗東京都品川区。東急大井町線orJR京浜東北線の大井町か東急大井町線の下神明から徒歩10分ほど。荏原七福神の毘沙門天のあるお寺です。ほかにも阿弥陀如来、地蔵菩薩、不動明王、弁財天。そして、東司に鳥瑟沙摩大明王清潔で香が焚き染められた男女共用トイレです。左側が個室、右側が男性用小便器。もちろん現役で使えます。お賽銭箱と仏壇の間に、おまたぎ。和...

  10. 永壽山正山寺 - 火神のお札を探しに行く

    永壽山正山寺

    訪問日:2017/01/03永壽山正山寺曹洞宗京急泉岳寺駅から10分ほど歩きます。 寺町の中のお寺で、山門に烏枢沙摩明王。 ガラスの反射でほとんど見えなかったのですが、側にお姿やいわれが書かれたパネル有。 お札その他はなかったようです。 浄穢、受胎祈願、安産祈願、厄除け祈願。追記ちょっとだけ大きい写真撮ってました。一面八臂。片肌脱ぎやもろ肌脱ぎじゃなくて衣装が豪華…鎧着てるかな?首飾りと、全...

  11. 龍吟山海雲寺 - 火神のお札を探しに行く

    龍吟山海雲寺

    訪問日:2017/01/03龍吟山海雲寺曹洞宗東京都品川区。京急青物横丁駅すぐそば、千躰荒神様で有名なお寺です。 荒神様とは!日本独自の台所の神様で、不浄を嫌い、最も清浄な竈の火の中にいると言われます。転じて台所守護と火伏の神様です。独立したお堂で烏瑟沙摩大明王も祀られていました。よく手入れされていて、熱心に拝んでいく方多数。(映り込みのひどい下手写真しか撮れていなかった…) お札 一面二臂...

  12. 宗教っちゃなんね? - 博多弁ブログ

    宗教っちゃなんね?

    人間って、ほんなごと面白かと思うねあたきは、昔から宗教とかに興味がのうてしょうがのうて、法事やらに行って 生臭坊主の下手な説教やら聞きようばってん早よ終わらんかいなと いつでちゃ思いよったあたきのおふくろは、どっかの新興宗教とかに入って活動するやら好かんやったばってん般若心経読んだり、唱えたりしよった親父は、仏像とかば彫りよったそげな環境でちゃ あたきは興味がなかった別に、これと言って意味が...

  13. 薬師寺に行ってきました。 - お留守番の女王

    薬師寺に行ってきました。

    久しぶりに、薬師寺に行ってきました。何十年かぶりです。お天気もよく、暑くも寒くもなく、空いてて静かでとてもよかったです。私の周囲には、わりと「仏像好き」な人がいるのですが、なんでしょう、全体的に流行ってるんでしょうか。それとも、年代的なものですかね。私が好きな人、とか、私が興味深く思っている人、などが大抵仏像好きなので、自分もそれに乗っかっていけば話もあうだろうし、きっと面白いんだろうな!と...

  14. 日本人は快慶がお好き。 - 「だっからよー な日々」

    日本人は快慶がお好き。

    近頃奈良行ってないな。そんな暇もなかったから。と思いながらブックマークの奈良国立博物館のHPを開くとお!「快慶展」だ。みんなが知ってる鎌倉時代の代表的な仏師これは見に行かなくてはいけない。と久しぶりに奈良へ。中国人と韓国人の団体と鹿をかき分け国立博物館の扉を開ける。みんな知ってる仏師だからあらためて書かないけれど慶派で運慶と並び評されている。会場内には国内はもとより海外に流出した仏像も集めら...

  15. ネパール 木彫仏 - MANOFAR マノファー

    ネパール 木彫仏

    高さ約23.5cm

  16. 本日は仏女で「奈良西大寺展」へ@三井記念美術館 - 続☆今日が一番・・・♪

    本日は仏女で「奈良西大寺展」へ@三井記念美術館

    本日衣替え日。因みに大嫌いです。やりたくない。でも、いい加減暑くなってきたから仕方ない。オールシーズンの服を出しとけるウォークインクローゼット欲しい。って、毎年言ってるような😥😥😥思ったより早く終わったので午後から日本橋の三井記念美術館へ行きました。ただ今絶賛開催中。『奈良西大寺展~叡尊と一門の名宝』鑑賞してきました。三井記念美術館久しぶりでし...

  17. 特別展「木×仏像」・・大阪市立美術館にて、6月4日まで。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    特別展「木×仏像」・・大阪市立美術館にて、6月4日まで。

    ・一日も早く拝見したくてたまらない展覧会の一つです。タイトル通り、飛鳥時代から江戸時代の円空仏まで、日本の木彫仏1000年の歴史を物語る約70体が大阪市立美術館に勢揃いしています。木と日本人、木と仏像、自然と祈り・・・日本人の心が見えてきそうな展覧会ではないでしょうか。皆さんもぜひ機会を見つけてお出掛け下さい。会期は6月4日(日)まで。▼写真は全て美術館のPRパンフレットより、トップは京都西...

  18. ふふぅ - 仏像LOVE

    ふふぅ

    千手千足観音。十一面千手千眼観世音菩薩。何かがいっぱいあると、ちょっと怖いです。でも北斗の拳のスローモーションみたいです。少し笑ってしまいます。

  19. 仏像ポーズ - 仏像LOVE

    仏像ポーズ

    なんだかポーズがある仏像に萌えます。動きがあるのに、なぜか静かで聡明。憧れます。世界三大微笑の弥勒菩薩半跏思惟像もそうですが、このポーズが何やら人に近いイメージ、つまり私達に近い存在と感じてしまうのです。そんな無知な私の仏像の基本形講座~。仏像の姿勢には、基本的に立像・坐像・臥像の3種類があるそうです。「立像」は、おたちなっているお姿。「坐像」は、お座りになっているお姿。「臥像」は、横に寝そ...

  20. 如来と菩薩の違い - 仏像LOVE

    如来と菩薩の違い

    意外と皆様知らないであろうと思いますが、如来と菩薩の違いって知っておりますか??どちらも仏像のことなんですけど、「如来」は、悟りを開いた人、つまり仏陀(ブッタ)です。「菩薩」は、悟りを開くに至っていない修行中の身。このことを初めて聞いた時は、ビックリ仰天でしたよ。修行の身って・・・・。がっつり拝ませて頂いておりましたよ。そんな私のように思っている方も、ご安心ください。人間の修行僧とは同じでは...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ