住宅設計のタグまとめ

住宅設計」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには住宅設計に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「住宅設計」タグの記事(65)

  1. パナソニック横浜ショールムで建築家相談会 - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    パナソニック横浜ショールムで建築家相談会

    今日はパナソニック横浜ショールームで建築家相談会の相談員として相談をお受けしています。建築家相談会というと敷居が高いようで、今年度から「リフォーム・新築なんでも相談」という名称になり、全国のショールームで相談会を行っているのです。私も相談員として月1回ほどのペースで相談をお受けしています。相談内容はリフォーム、新築、工事費、予算、助成金、デザイン、インテリア、家具選定、断熱気密、光熱費、耐用...

  2. 王寺の家 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    王寺の家

    王寺の家。基本設計が終わり、地盤調査を実施しました。建築地は住宅地の一角ですが現在は畑として丹精しておられ、さまざまなお野菜が植えられています。畑を荒らさないように畦道に沿って調査機を進めていただき、建物の4隅と中央の合計5点を調査していただきました。傾斜地に造成されたひな壇の宅地ですが、地盤は岩盤だとお聞きしておりました。調査中の様子を見ていてもなかなか良好のようでした。結果的には安定した...

  3. 5月の『おうちのこと考えよう!』 住宅相談会のお知らせです! - 暮らしと心地いい住まい

    5月の『おうちのこと考えよう!』 住宅相談会のお知らせです!

    5月の『おうちのこと考えよう!』住宅相談会のお知らせです。僕らの相談会はハウスメーカーや工務店さんの住宅相談会とはだいぶ異なります。独自の住宅設計目線でのアドバイスになります。是非、ご参加ください。土地探しの相談。銀行融資関係の相談。土地の有効活用の相談お庭整備の相談リフォームの相談資金計画表新築住宅の相談など気軽にご参加下さい。予約ナシでも参加出来ますが、予約をしてもらった方が確実に時間を...

  4. 天理の家 進捗状況12 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    天理の家 進捗状況12

    土壁の下地の工事が始まりました。傷んでいた増築部分を解体し、改めて離れにつながる廊下を作ります。この掃き出し窓からの採光は良いものになりそうです。下地の竹木舞。下地づくりから左官屋さんの仕事ですが、今日は少し手伝わせてもらいました。荒縄で締めていくと弾力のある強い下地になります。いつもmmの話をしていますので、こんなにラフに壁が出来るのが面白く思います。土づくりも始まりました。伝統工法の良さ...

  5. 小笠原住宅計画 屋根工事中 - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    小笠原住宅計画 屋根工事中

    19回目の小笠原出張中です。写真は「小笠原住宅計画」の施工状況です。手前の住宅棟、奥の小さな建物(趣味室棟)が本計画の建物です。奥の小さな建物と手前の住宅棟の間には最終的にウッドデッキを作って二つの建物を連結することになります。工事は現在屋根工事中で、来月から外壁工事を施工する予定です。内部は木部の塗装や床塗装などを建て主様ご自身が施工しています。小笠原の工事は様々な問題が生じます。それらの...

  6. 生駒山の家 進捗状況2 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    生駒山の家 進捗状況2

    基礎の工事が始まりました。地盤調査の結果、設計GLのすぐ下に均一な支持層があり、とても良好な地盤でしたので直接基礎になりました。石積みの一部と石の階段は既存のものを利用することにしました。何もなかった更地に基礎ができると建物の配置がよくわかり、外部計画も検討しやすくなりました。掃き出し窓から出たところに、食事をしたりコーヒーを飲んだり読書が出来るようなちょっとした半外スペースが作れそうです。...

  7. 住まいと植栽 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    住まいと植栽

    新緑が繁り、緑が眩しい季節になりました。先週の事になりますが、枚方T-SITEで開催されました造園家 荻野寿也さんの著書「美しい住まいの緑85のレシピ」刊行記念トークイベントに行きました。荻野さんのお仕事は、伊礼智さん設計の京都サロン(松彦建設さんモデルルーム)を見学させていただいた時に、拝見したことがあります。建築物に木影を映し纏う植栽は非常に自然を感じ道を通る人に癒しをもたらし、窓から見...

  8. GWは小屋づくりに限りますね! - 暮らしと心地いい住まい

    GWは小屋づくりに限りますね!

    昨年、竣工した建主さまから、『GW中、小屋づくりをしていますので遊びに来てください。』とのこと、造園屋さんが決まったそうで、連休中なのに造園屋さんは工事をするのかなぁ?思っていましたが、なんと!建主さん夫婦とご兄弟で小屋づくりをしていたそうです。私はGWの最終日に伺ったのですが、棟上げが終わって屋根工事をしているところでした。パネル工法で合板と2X4ランバーで構成されたものです。北海道の業者...

  9. 天理の家 進捗状況11 太陽熱利用温水器 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    天理の家 進捗状況11 太陽熱利用温水器

    屋根の改修工事が進んでいます。大変立派な屋根で、瓦の葺きあがりが楽しみです。今日の定例打ち合わせでは、主屋の水廻りで利用する太陽熱利用温水器の機種を検討しました。お施主様宅では、現在も離れ棟の浴室の給湯にはタンクを屋根に乗せるタイプの太陽熱利用温水器を利用されています。今回の主屋工事では、キッチンを含めた水廻り全体に温水を利用できるエコキュート併用方式(熱源は電気)を採用することになりました...

  10. 天理の家 進捗状況10 鬼瓦の焼直し - 「木の家づくり」奈良の設計事務所FRONTdesign 女性建築士の設計ウェブログ

    天理の家 進捗状況10 鬼瓦の焼直し

    今回の工事では屋根の土を下ろして瓦をふき替えます。これまで使われていた鬼瓦は七福神などの趣のあるものが多く、痛みの少ないものは焼き直しをして再び屋根に乗せることになりました。淡路の瓦屋さんで燻(いぶし)ていただき、新品のように生まれ変わりました。大黒天打ち出の小づちを持ち米俵に乗っています。衣装の胸と米俵に宝珠がついています。恵比寿さん大きな鯛を持っていて岩の上に座っています。寿老人鹿を連れ...

  11. 焼杉板の外壁 - 「木の家づくり」奈良の設計事務所FRONTdesign 女性建築士の設計ウェブログ

    焼杉板の外壁

    生駒山の家は外壁に焼杉板を張ります。建築地は生駒山の自然景観を維持する風致地区区域内で、建物の外観に関しては屋根の形状や屋根勾配の規制がある他、屋根や外壁の色がある程度指定されています。屋根の色は濃灰、黒、濃茶、濃緑などの濃い色に指定されており、外壁は白、ベージュ、グレー(薄い)、薄茶等の薄い色に指定されていますが、自然素材の外壁については素材の色のままで大丈夫とのことで、焼杉や黒漆喰などの...

  12. 設計事務所スタッフ急募!! - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    設計事務所スタッフ急募!!

    写真は先日竣工写真撮影した「ルーフバルコニーハウス」です。このお宅は床にあえて段差を設けて気持ちいい居場所をたくさん作りだしています。写真正面壁のマグネット黒板塗装は子供たちが自由に落書きできるお気に入りの場所ですが、その下にカウンターはダイニング床から400mm上がり、リビングスペースから200mm上がりとすることで、椅子になったりテレビ台になったりするカウンターです。ダイニングとリビング...

  13. ルーフバルコニーハウス 竣工写真撮影 - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    ルーフバルコニーハウス 竣工写真撮影

    ゴールデンウィーク終盤に「ルーフバルコニーハウス」の竣工写真を撮影しました。竣工引き渡しから2カ月ほど経過したなかで、撮影は逗子の「本の家」も撮影してくれた株式会社AP PHOTO CREATIVEの中村風詩人さんです。http://apphotos.net/ルーフバルコニーハウスの名前の由来や特徴などは是非過去ブログをご覧ください。写真は2階LDKスペースです。左がキッチン、右がリビング、...

  14. 生駒山の家 地鎮祭 - 「木の家づくり」奈良の設計事務所FRONTdesign 女性建築士の設計ウェブログ

    生駒山の家 地鎮祭

    本日は生駒山の家の地鎮祭が執り行われました。天候にも恵まれ、よい節目の一日になりました。こちらは、緑に囲まれた敷地です。窓から見える景色をお施主さんと一緒に確認しました。地盤調査の結果も良好でしたので、これから基礎の工事がはじまります。加工場では、6月半ばの棟上げを目指して大工さん達が墨付け刻みを始めておられます。計画から設計期間を経ていよいよ着工。感慨ひとしおです。

  15. 桜並木の家 ファーストプラン打合せ - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    桜並木の家 ファーストプラン打合せ

    昨日、桜並木の家(太陽と風を受ける「くの字」の家)のファーストプラン打合せを行いました。設計契約時に更新したブログでは「桜並木の家」という名称にしていましたが、ファーストプラン検討のあと「太陽と風を受ける「くの字」の家」という名称に改名しています。といっても、セカンドプラン検討後にまた変更の可能性は少しあます。「くの字」の意味は内観パースを見たほうが理解が早いでしょう。さて、なぜ「くの字」な...

  16. 森の傾斜地の住宅計画! - 暮らしと心地いい住まい

    森の傾斜地の住宅計画!

    傾斜地の計画です!近所ではありますが、市川市国府台は傾斜地が非常に多いです。計画も高低差を利用することがポイントとなります。起伏が激しい地域ではありますが、圧倒的に緑が多いことも国府台地区の魅力です。今回の計画も隣が森でリビングダイニングから見える景色が魅力的だと思っています。プランと外観が決まり、次の段階へ進みます。たくさんの仕掛けがあるのでディールにやりがいを感じています。ブログランキン...

  17. 生駒山の家 進捗状況1 - 「木の家づくり」奈良の設計事務所FRONTdesign 女性建築士の設計ウェブログ

    生駒山の家 進捗状況1

    解体工事が終わり、更地になりました。石積みの一部と石の階段は外構として残すことにしました。元の住まい手の方がお庭を丹精されており、庭木と自然の借景のバランスが良い具合で素晴らしい眺めです。設計の上でも、この景色を活かせるように窓を配置しました。更地になると、想像以上に広々としており安心しました。土はさらさらの真砂土でした。地盤の地耐力は、これから調査をします。解体した外構には石が多く使われて...

  18. 助っ人登場! - 暮らしと心地いい住まい

    助っ人登場!

    少し前から、手伝いに来てもらっているI君。CADソフトを使ったことがないのに、少し教えるとなんとなく書けちゃいます。最近の若い子は小さい時からパソコンがあったので抵抗ないようです。建築専攻ではないのですがトレースぐらいなら建築の知識がゼロでも大丈夫そうです。私はCADを覚えるのに2ヶ月は掛かりました。そう考えると、もう2次元の図面は古くなって、3次元が支流になるんでしょね。もっと、直感的に空...

  19. ゴミ屋敷の30年戦争!ついに終焉へ その2 - 暮らしと心地いい住まい

    ゴミ屋敷の30年戦争!ついに終焉へ その2

    ついに、30年以上存在していたゴミ屋敷がなくなった。これから、販売か建売にするとか言っていますが。4面擁壁で一部擁壁が崩壊しているのに誰が買うんだろう?と思いながら解体風景を見ていました。解体中は4日間内部のゴミ出しをしていましたので相当、ゴミが溜まっていたのでしょう?近所の方から色々話を聞きましたが、おばあさんはある事件をきっかけにゴミを溜めるようになったようです。とても博識があって、とて...

  20. 天理の家 進捗状況9 - 「木の家づくり」奈良の設計事務所FRONTdesign 女性建築士の設計ウェブログ

    天理の家 進捗状況9

    屋根の瓦が下ろされて下地の補修を進めて頂いてます。破風板は総取替え。大工さんがひとつずつ釘を抜きながら丁寧に取り外されています。現代の木造は構造金物も含めビス(ネジの切ってあるもの)が多用されていますが、いろいろな意味で木造には本来的に釘が使われる方が望ましく、今回の工事では釘を使うようにされているとのことです。取り外された破風板。下におろすと、とても大きな1枚板です。これは新品に取り替えま...

1 - 20 / 総件数:65 件

似ているタグ