俳句のタグまとめ

俳句」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「俳句」タグの記事(313)

  1. 山桜 - 藤木洋良の俳句

    山桜

    山桜人見知りして散るらんか     藤木洋良

  2. 松林図屏風 - 日々のしをり

    松林図屏風

               長谷川等伯『松林図屏風』            左隻 (クリックで拡大)            右隻 (クリックで拡大)ちょっと調べものをしていたら、たまたま長谷川等伯の「松林図屏風」に行き当たった。もうかれこれ二十年近くも前になると思うが、出光美術館でその屏風画を初めて目にして、やや暫くその場を離れられなかったことを思い出してしまった。...

  3. 春の風 ④ :俳句 - always over the moon

    春の風 ④ :俳句

    塀を越えくる春風と泥棒と(へいをこえくるはるかぜとどろぼうと)◇ 季語 : 春風(はるかぜ、しゅんぷう)、春の風  【春】 ・天文   ◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会  2017年04月03日発表(2017年02月投句分) 特選(汝火原マリ)  八木館長のアート付きの選評を頂きました。とっても嬉しいです!  選評に「春風のマイナス」とありますが、「春風のプラス」の誤植と思います。 ◇ 写真...

  4. 鶯 - 藤木洋良の俳句

    鶯や真実いつも藪の中      藤木洋良

  5. 野に遊ぶ - 花咲く俳句日誌

    野に遊ぶ

    「暖かい春の日を浴びて野山で遊ぶこと」と歳時記にありました。 クローバー四つ葉探して野に遊ぶ 野遊びや草のちぎりし幼子の幼子や草を空に投げ野に遊ぶ…

  6. 夢夢輝喜 - 夢夢輝喜

    夢夢輝喜

    桜も散り若葉が鮮やかに姿を現した今朝は暖かな陽射しが燦々と降り注いでいます。市が開催する前期市民講座の抽選結果の葉書が配送されてきました。水彩画教室の抽選がOKだったので、今回はこの口座に絞って受講する予定です。今年度は町内の班長役なので、何かと小用が増える。これもボランティアの一つ。楽しむ気持ちで処理することに。来月は運動会等の行事が目白押し。先日、チワワ『リアン』の狂犬病注射を済ませたと...

  7. 燕 - 藤木洋良の俳句

    風を切り空を切り裂く燕かな     藤木洋良

  8. 「秋の七草」詰めちゃいました。 - 憂き世忘れ

    「秋の七草」詰めちゃいました。

     ちょっと作ってみました。31文字ではなく575です。 「ハワイにて」   陽はギンギン 椰子が手招き また美女と  ヤシの木陰でイチャイチャでーす。   陽はギンギン はギ=萩          ギン=キン=槿(あさがお)  椰子が手招き 椰子=香具師=薬=葛         椰子=南国=常夏=なでしこ         手招き=尾花  また美女と  また=藤袴         美女=女郎花...

  9. 花筏 - 藤木洋良の俳句

    花筏

    仰山な生あり死あり花筏     藤木洋良

  10. 永き日(ながきひ) - always over the moon

    永き日(ながきひ)

    永き日の家出もくろむ三歳児(ながきひのいえでもくろむさんさいじ)◇ 季語 : 永き日、日永(ひなが)、永日(えいじつ)  【春】 ・時候   ◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 3月/汝火原マリ◇ この句もスペインにて。  電車で向かいに座っていた男の子が、ママに反抗して、むっとしているのが可愛くて。◇ 写真は我家の近くの公園にて。チューリップは今が盛り。

  11. 散る桜 - 藤木洋良の俳句

    散る桜

    美しく我は生きたし散る桜     藤木洋良

  12. 通草(アケビ)の花 - 花咲く俳句日誌

    通草(アケビ)の花

    ハイキングでアケビの実がなっていて、それを庭に埋めたら、芽が出て、今は庭に蔓延っています。毎年、四月になれば、可憐な可愛い花がたくさん咲きます。手折って玄関に飾りました。仰ぎ見て通草の花の透けるかな。

  13. 春の句 - 花咲く俳句日誌

    春の句

    眠れない春の夜、俳句を作りました。65歳で亡くなってしまった友のことを思いました。彼女の家の庭に咲いていた連翹を数本手折ってくれました。その連翹を裏庭にさしたら、根付き、もうすぐ見事に黄色の花々を咲かせます。亡き友の手折し連翹生い茂りたびたび私の他のブログでも書いていますが、うちの庭のハナミズキは毎年、たくさん白の花を咲かしてくれます。母校の構内に白のハナミズキの木が一本あって、その木が毎年...

  14. バルト三国の旅(ラトヴィア)1 - 花の自由旋律

    バルト三国の旅(ラトヴィア)1

    ラトヴィアの有名な建築 ブラックヘッドの会館はドイツ軍の空襲で破壊されたが、ほぼ完全に再現されたものです。元の建物は15世紀ごろの?言い伝えによると月・日・時・月齢を刻む大時計を作った職人は二度と同じものが作れないように目をくりぬかれたとのことです。ロシアでも美しすぎる建築物を作った大工さんが殺されてしまったとか・・・。似たような話がありましたね。為政者は時には残酷なことをしますね。。三人兄...

  15. 桜散る - 藤木洋良の俳句

    桜散る

    生きるため散るもまたあり桜散る      藤木洋良

  16. 京都のお花見散歩 ~退蔵院~ (撮影:4月15日) - ご無沙汰写真館

    京都のお花見散歩 ~退蔵院~ (撮影:4月15日)

    法金剛院の北東に広がる妙心寺境内の退蔵院を訪れました。門の脇にある小さな石庭に散った桜が趣を添えていました。背の高い枝垂れ桜に圧倒されました。「庭に美形の桜」は一幅の絵のようでした。枝を広げた枝垂れ桜は噴水かシャワーを思わせました。軒先にまで枝が迫っていました。まるで滝のように感じました。瓦まで退蔵院のトレードマーク「瓢箪なまず」でした。

  17. バルト三国の旅(リトアニア)3 - 花の自由旋律

    バルト三国の旅(リトアニア)3

    リトアニアの聖地と呼ばれる「十字架の丘」は首都ヴィリニュスとラトヴィアの首都リーガを結ぶ線上にある。バスを降りた後、観光客がほとんどいない中を早歩きで進むと・・・遠景に・・・。空の青さが眩い。旧ソ連邦時代に占領されたこの国の人々の心の支えとなったところと言われています。ソ連軍によりブルドーザーで根こそぎ撤去されても、リトアニア人は、すぐに十字架を建てていったという。強制撤去は三度にも及んだそ...

  18. 夢夢輝喜 - 夢夢輝喜

    夢夢輝喜

    昨日から今夜半までの春の嵐で桜花は散り去り、今日は打って変わった様な晴天です。チワワの『リアン』と川辺を散歩。道路の端には嵐に惑わされ雨に濡れた桜花が列をなしていた。日曜日には、久し振りにN市まで車でオペラを観に行って来ました。小劇場でしたが満席で演技・声量共に感嘆しました。最近、下手な句も進まず。子供の頃から苦手で避けて通って来たためか、語学表現力が益々マイナス気味。嘆いていても仕方ないの...

  19. バルト三国の旅(リトアニア)2 - 花の自由旋律

    バルト三国の旅(リトアニア)2

    バルト三国のソ連からの独立運動は、1989年8月23日に行われたリトアニアの首都ヴィリニュスからラトビアの首都リーガを経てエストニアの首都タリンまでの600キロメートル余りを、約200万人が手をつなぐ「人間の鎖」から始まったそうです。1991年にソビエト評議会が独立を認めています。武器を使わず、集い、歌うことで得た独立運動と言われています。ヴィリニュスの旧市街 カテドゥロス広場のこの場所です...

  20. 春嵐 - 藤木洋良の俳句

    春嵐

    春嵐咲く花もあり世の中は       藤木洋良

1 - 20 / 総件数:313 件

似ているタグ