俳句のタグまとめ (274件)

俳句のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 日々のしをり

      How do you say " I wish I were my brother " ?またまたテレビの話題で恐縮だが、今日の午後にテレビを点けたら、NHKのBSで「麗しのサブリナ」をやっていて、いよいよハッピーエンドに近づいた辺りだった。この映画は私のお気に入りの1本で、昔からもう何度観たことだろうというほど観ているが、それでも観る度にいいなぁ・・・と思ってしまう。なんと言っ...

by 藤木洋良の俳句

茶を飲めば腹温まる余寒かな     藤木洋良

by 雑記帳~信州の東のほうで。

笑っちゃう写真シリーズ。微妙な表情(笑)喧嘩でもした後だったのかな?写真なんか撮る気分じゃないのに、おかあさんに無理やり撮られた感じですねぇ。どこの家庭にも、こういう家族写真が一枚くらいあるんじゃないかな。職場の駐車場。全部氷です。スケートができそうですよ。車の乗り降りにも、滑って転ばないように気を遣います。*****フクちゃん、来週末、抗がん剤治療を再度行うことにしました。お腹に水が溜まっ...

by 花の自由旋律

道の駅でよもぎ餅を買いました。あん入りの草餅ではなくて普通のよもぎ餅です。よもぎの香りがもう少し強いほうがよいのですが・・・。今年はもち米を買って庭のよもぎで作ってみます。もち米を炊いて、茹でたヨモギを刻んで入れてすりこ木ですりつぶせばできるようです。茹でたヨモギは干していたような記憶があるのは、きっと保存するためだったのでしょう。子供の頃、ひな祭りによもぎ餅とは別にハハコグサでひし形の餅も...

by 夢夢輝喜

昨日今日と伊吹颪も和らぎ暖かな陽射しに恵まれています。昨日は市の美術館に行き教育大学の卒展を観て来ました。教育に関する研究についてはスキップさせていただき、絵画、彫刻、染色等の分野を楽しんできました。油彩画や染織品の展示等で刺激をもらってきました。帰宅後、早速中断気味状態の水彩画を再開したところです。散歩道 川辺で語らう 百千鳥河岸で 恋を語るか 百千鳥

by 藤木洋良の俳句

早春や目に見えぬもの美しき     藤木洋良

by 花咲く俳句日誌

二十四節気の一。2月19日ごろ。水ぬるみ、草木の芽が出始めるころの意。降る雪が雨に変わり、積もった雪や氷が解けて水となるとの意から、雨水という。雪原の白樺出でて雨水かな雪道のフード被り雨水かな。

by 花の自由旋律

ヒヨドリが菜花とブロッコリーの葉を食べに来ます。追っ払っても追っ払っても諦めませんね。ただ紫色の菜花の葉は苦手のようです。花を咲かせてしまうと苦みが出るとのことです。蕾の状態での収穫が良いそうですが、花が美しいのでついつい咲かせてしまいますね。大きな葉はほとんど食べられた後の菜花を収穫しました。暖かくなったり寒くなったりの日が続きますが、まぎれもなく春ですね。オオイヌノフグリが咲いています。...

by always over the moon

もう一ヶ月以上も睡眠障害に陥っています。眠る前の俳句作りを止めたら治ると思ったのに、いったん習慣になった睡眠障害は容易に離れてくれそうもない。以下、575日記より抜粋。日々四句記しているうちの一つは必ず睡眠障害の句になっているのが情けない。(これらの575は暮らしのメモで「俳句」ではありません)2月7日 凩や午前三時に目を覚まし(連日強風が吹いています)2月8日 熟睡の快感もどる氷解く(久し...

by 藤木洋良の俳句

人生二番が一番春一番      藤木洋良

by 藤木洋良の俳句

人生二番が一番春一番      藤木洋良

by 藤田八束の日記

藤田八束の少年時代@ 俳句に挑戦、子供のころの懐かしい思い出・・・鉄道写真薄氷に ビー玉まわす 童たち一句読みました。というのはテレビをつけましたらNHK Eテレで俳句教室の放送中でした。お題が「薄氷」だそうです。たいして私俳句ができるわけでもなく・・・。ついこの薄氷に反応してしまいました。小学生のことだったと思います。朝起きて家の裏に回ると水たまりが有り、その水は凍っていました。この氷が張...

by 私的な時間。

ー俳句ー春浅し けれど微かな 音を感じよかったらポチってくださーい♪    ↓にほんブログ村

by 藤木洋良の俳句

春めきて見えるもの皆美しき      藤木洋良

by 花咲く俳句日誌

15日の季語はこま返す草。こま返す草では難しいので、下萌にしました。草萌とも言います。 アケビの蔓で籠を作ろうと先日、教室の生徒さんと一緒に庭に蔓延った蔓を切りました。もう、地面から雑草が生えて来て、落葉を押し上げています。 下萌や落葉押し上げ光射す草萌や友と一緒に剪定す。

by ご無沙汰写真館

薬師池公園の梅がそろそろ見頃かと出かけました。見頃には池の向こう岸が一面梅になるのですが早すぎたようです。古民家の脇の梅ももう少しでした。形よく咲いた木もありました。蝋梅(ろうばい)は一足先に見頃を迎えていました。雪吊りの中の松が外に出たそうでした。蓮田にはまだ氷が残っていました。ラッキーなことに翡翠(カワセミ)に遭遇しました。

by 藤木洋良の俳句

蝋梅の思ひ出ほろろ鬱の空     藤木洋良

by 花の自由旋律

石垣は美しい。今日のウオーキングコースで見つけた石垣です。苔むして得も言えぬ風情です。家はすでに取り壊されて井戸だけが残っていた。以前見たときはポンプはなかったのですが、新しいポンプが取り付けられていました。井戸のある家・・・。いいですね。こちらは正面でしょうか。石段も石垣も素敵。よく見ると石の大きさは大小いろいろですね。どこか素人っぽくみえる積み方ですが・・・。それもまた美しい。近くの畑の...

by 花咲く俳句日誌

今日の季語は春の水。春水、水の春。木曽川やゆるりと流れ春の水春水の犬山城の映りけり。

by 夢夢輝喜

昨日はバレンタインデー。午後、私鉄に30分程揺られてバレンタインデーコンサートを楽しんできました。バイオリンとチェロによるバロック音楽を一時間程聴き惚れて感動していました。欧州でも活躍された経験を持つ素敵な女性のバイオリニストと若いチェロリストによる共演でした。ロードハウスや宮廷で奏でられた曲をその時代の背景を時に解説を入れての演奏でした。欧州滞在中に訪問したマナーハウスの事などを思い出しな...

似ているタグ