八ヶ岳のタグまとめ (80件)

八ヶ岳のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには八ヶ岳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

山頂近くでは強風の中で凍った岩峰が出迎えてくれました。 岩肌には大気中の水分が着氷したエビの尻尾がみっしりとできていました。

by 『山』がまんなか

しらびそ小屋は北八ヶ岳のみどり池の畔、標高2097mに建てられた小さな山小屋である。日本の山岳文学の傑作と称される「北八ツ彷徨」の著者、山口耀久(あきひさ)氏が小屋の名付け親であり、50年以上の歴史をもつ。リスや小鳥たちが集い、夏でも煙突から薪ストーブの煙が立ち昇るひっそりとした佇まいは、まるで絵本の中の風景だ。余談ではあるが、耀久の「八ヶ岳挽歌」に「しらびそ小屋」と言う随想録がある。実に人...

by 思い出を残して歩け。

2017年2月12日。寒波に見舞われた週末、どうせ寒いので山に出かけた。この日、予想に反して午後の空にはみるみる間に雲が広がって、光と影が刻々と移ろう、心騒ぐ山行になった。こんな日、どの場所でどんな光に出会うかはまったくの巡りあわせで、同じ風景を見ることはたぶん二度とない。充分魅力的な風景を堪能しておきながらも、あと30分早く出発していたら。。とか、あと15分あそこにとどまっていたら。。とか...

by お山の三太

2007年に始めたこのブログも早10年を迎えました(・∀・)記念すべき、一番最初にアップした写真始めたころ、わたしはまだ30代はじめ、バドミントンも山も仕事も全盛期。わたしの人生で一番、血が多かった時期でしょう。このめでたい10周年を記念して、わたしの山史を振り返ってみようと思います。2000年 高校のバドミントン部の友達が何人かこぞって富士山に登る。その話を聞いて、わたしもいつか…、と生ま...

高度を稼ぐと、クラストした雪面は高い空を映したようなブルーに染まって見えました。冬山ならではの色彩は何度体験しても忘れられないものです。冬カメラシーズン到来!あなたの見つけた雪景色&冬ショット

この日の予報では風速25㍍の北西の風(2400㍍付近)。木々は風の形に傾き、稜線の東側の斜面には雪庇が張り出しています。冬山では珍しくないことですが不安定な斜面などではピッケルを使って登り、場合によっては耐風姿勢をとってやり過ごさなければなりません。早朝に出た他のパーティは途中で退却したようでしたが、冬山の猛威を独りで受け止めているような喜びを感じて登り続けていました。冬カメラシーズン到来!...

アイゼンを効かせて樹氷の雪面を登り高度を上げると、地平線には白銀の屏風のような長大な北アルプスの山脈が望めました。冬カメラシーズン到来!あなたの見つけた雪景色&冬ショット

by ちゃたろうな日々

1月の八ヶ岳南麓の庭に来たのは。。群の中でも、ペアで行動のアトリとってもイケメンのアトリ♂初めて見かけたベニマシコ。紅猿子…と書くそうだが、分かる気がする。画像で見ると色合い以外はアトリに似ている。庭の端では♂♀らしいリスが二頭で追いかけっこしていた。極寒の中でも、日が伸び太陽高度が高くなると、動物たちの身体のうちで「繁殖の春」へのカウントダウンが始まるらしい。暖かくなるまでもう一息、ガンバレ。

シラビソの森を過ぎて天まで続くような稜線への斜面に取り付くと、朝陽に輝くダケカンバの樹氷が私に微笑んでくれているようでした。冬カメラシーズン到来!あなたの見つけた雪景色&冬ショット

by 冬青窯八ヶ岳便り

 昨日作った型、そのままでは使えないね。 やっぱり削って、何にしたいのかはっきりさせなければ。 内側にしのぎの山谷が現れる輪花皿に。まだ完成とは言えませんが、結構時間かかってます。 ところで、使うつもりのない表はこうなっています。 そのまま輪花皿ですね。彫りは浅いですが。 こちらは装飾も付けないつもりの、素のマグカップです。直径11、高さ8.5cm。 ほんと、毎日が亀の歩みです。 ところでこ...

by 

北横岳~三ッ岳~雨池山~縞枯山(北八ヶ岳)2017年2月12日(日) 晴れ北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅9:10-(ロープウェイ)-山頂駅9:20山頂駅9:35 →北横岳ヒュッテ(10:15~10:25)→北横岳・南峰10:30→北横岳・北峰(10:35~10:45)→北横岳ヒュッテ10:55→三ッ岳・Ⅲ峰11:15→三ッ岳・Ⅱ峰11:25→三ッ岳・Ⅰ峰11:40→(昼食約20分)→雨池山12:...

by rokuyon blog  

最近はアイスクライミングを頑張ってました。八ヶ岳へ一泊二日ので行ってきました。初日は峰ノ松目沢F1 ここはリードさせてもらいました。F2F5~6くらいF8 ここまでで終了でした。ピストンで戻ります。天気も最高ですごく楽しかったです。初めてのアイスルートだったのですが、冬の凍り付いた沢を登るのは楽しすぎました!これははまりますね。夜は赤岳鉱泉でした。仲間と、明るいうちから飲んじゃいました。この...

by ちゃおべん丸の徒然登攀日記

6日から8日にかけて、大学山岳部の八ヶ岳合宿にコーチとして参加しました。6日、7日とも、南沢小滝、大滝でアイスクライミングをしました。私は二年ぶりのアイスクライミングでした。小滝・大滝ともによく発達していて登りごたえ抜群。6日は少し気温が高かったので、シャーベット状になっていました。7日はぐっと気温が下がり、粘りのある快適なアイスを楽しめました。後輩たちは果敢に大滝に挑戦するも、なかなか登ら...

純白の雪を纏った冬のシラビソの森の美しさは言葉の要らない世界。凛と張り詰めた高地の大気に包まれて立ち尽くすのみです。冬カメラシーズン到来!あなたの見つけた雪景色&冬ショット

樹林帯の急登を終えると稜線へと続く雪面の斜面がありました。午後の冬陽を浴びた清らかな雪面は言葉も要らない世界でした。冬カメラシーズン到来!あなたの見つけた雪景色&冬ショット

by Photolog

縞枯山から南の茶臼岳方面へは一気に下る。そこそこの急斜面を下るのは、かかとの長いスノーシューでは少々歩きづらいが、スキーの要領で滑りながら下ってゆく。縞枯山と茶臼山の中間部には、五辻への分岐があり、縞枯山からだと右折するカタチで五辻へ向かう。このルートにはわずかなトレースが付いていたが、トレースも若干迷った痕跡がある。枝にある目印のリボンも少なく、これは迷いかねないと思った。トレースに従って...

by Photolog

2017年は台湾旅行へ行ったり、色々してたのでなかなか山へ行けずにいた。なんとか1月末の31日に、天気とタイミングが合ったので、ここに報告しよう。本来の目的地は霧ヶ峰だった。小淵沢から八ヶ岳エコーラインを抜けて蓼科へ向かったのは10時近くだったので、路面が凍結していたとしても難なく登れるだろうと大門街道の登りに差し掛かると、警察が「路面が凍結しているので、迂回してくださーい!」とアナウンスし...

by 思い出を残して歩け。

そういえばこのブログも先日10周年を迎えた。忘却力のなせる業か、いつも同じ山にばかり繰り返し登って、何度も眺めているはずなのに毎回同じように感動し、同じような写真を大量生産して、あげくの果てには記事の文面まで過去に書いたことをすっかり忘れて、また同じことを書いたりしているような気がしないでもないが、たぶんそれはこの先もきっと続くのでしょう。すみませんが「また同じ山だ。」と思っても、あたたたい...

どこまでも澄んだ冬空の下、オオシラビソの木々は白く輝くクリスマスツリーのようでした。冬カメラシーズン到来!あなたの見つけた雪景色&冬ショット

by 八ヶ岳のメッツガー

2月4日日曜日より、ハム日和店舗営業を再開いたしました。 昨日ご来店頂きました皆様、残念ながらご来店が叶わなかった皆様へ、大変 感謝申し上げます。 一年二ヶ月間の永い休業にもかかわらず、暖かいお言葉をいただき、スタートが切れました。ありがとうございます。 まだ、病院の卒業は先になりますが、今年の春・夏・秋・冬を目指し、仕事をしながら、もとの作業が出来るように努力いたします。 よろしくお願いい...

似ているタグ