初見のタグまとめ

初見」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには初見に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「初見」タグの記事(15)

  1. ツマグロヒョウモンの初見。 - 堺のチョウ

    ツマグロヒョウモンの初見。

    先日、4月19日に雌のツマグロヒョウモンを確認しました。ですが、カメラを構えると、目の前からいなくなり、撮影することが適わなかったままでした。 今回、その四日後に別の場所でツマグロヒョウモンに出会え、過去4年間の中で、一番早い初見日の撮影となりました。とても新鮮な個体です。どんな種のチョウでも、羽化直後のような個体は、ピカピカしてて美しいです。 ▼写真1 2017年4月23日 撮影休息してい...

  2. ウスバシロチョウ初見 - 秩父の蝶

    ウスバシロチョウ初見

    いつもの散歩道で、ウスバシロチョウ(Parnassius citrinarius)を観察しました。昨年の初見は5/1だったので1週間近く早いですね。

  3. 春型のコチャバネセセリ、初見。 - 堺のチョウ

    春型のコチャバネセセリ、初見。

    今日は、お休みをもらって里山へ。もうそろそろ見ることが厳しくなる、ツマキチョウを求めてやってきました。そこで、ばったりコチャバネセセリの吸密に遭遇。カメラを構えて撮影し、数カット撮影したところで、モニターで画像を確認すると、メモリーが入ってない…。えっ、うっそ―。慌ててメモリーカードを入れて再度チャレンジ。なんとか、訪花しているコチャバネセセリを撮影できました。春型のコチャバネセセリは、ちょ...

  4. シータテハ初見 - 秩父の蝶

    シータテハ初見

    いつもの散歩道で、シータテハ(Polygonia c-album)が見られました。初見です。昨年は3/8に見られたので、約1ヶ月遅い初見です。越冬明けの本種、意外とピカピカなので驚きました。

  5. 羽化直後に出会えた春型のルリシジミ。 - 堺のチョウ

    羽化直後に出会えた春型のルリシジミ。

    実を言うと、ルリシジミの初見は、先日3月26日でした。里山を歩いていると、鳥のフンを探すルリシジミを発見。ですが、地面に止まることがなく、撮影できなかったのです。3日後に再チャレンジ。なかなか見つけることができなかったのですが、羽化直後の春型のルリシジミと出会えました。まるで、サンドロ・ボッティチェッリのビーナスの誕生よう。ファインダーをのぞきながら、その美しさにうっとりしていました。▼写真...

  6. モンシロチョウ初見 - 秩父の蝶

    モンシロチョウ初見

    いつもの散歩道で、モンシロチョウ(Pieris rapae)が見られました。初見です。過去最も早いのが4/9なのでこれも記録更新です。因みに、ここでは、モンシロチョウは珍品で、年間10頭くらいしか見られません。

  7. スギタニルリシジミ初見 - 秩父の蝶

    スギタニルリシジミ初見

    いつもの散歩道で、スギタニルリシジミ(Celastrina sugitanii)が見られました。初見です。過去最も早かったのが昨年の3/26なので10日ほど記録更新です。今年は早い。

  8. ミヤマセセリ初見 - 秩父の蝶

    ミヤマセセリ初見

    いつもの散歩道で、ミヤマセセリ(Erynnis montana)が見られました。昨年の初見は早く3/10でしたが、ここ、数年はこんなものです。春が来ました。

  9. ルリシジミ初見 - 秩父の蝶

    ルリシジミ初見

    いつもの散歩道で、ルリシジミ(Celastrina argiolus)が見られました。これも過去最早の初見です。今年はヤマトシジミに始まり、アカタテハ、ルリタテハ、モンキチョウと初見の記録更新です。不思議。

  10. モンキチョウ初見 - 秩父の蝶

    モンキチョウ初見

    いつもの散歩道で、モンキチョウ(Colias erate)が見られました。平地では既に見られるようですが、秩父のこの地では3月下旬が標準です。それが今日3/4に見られたのは異常に早いです。ヤマトシジミ、ルリタテハに続きモンキチョウも初見の記録更新です。今年は早い。

  11. 早いルリタテハの覚醒 - 秩父の蝶

    早いルリタテハの覚醒

    いつもの散歩道で、何とルリタテハ(Kaniska canace)が見られました。過去最も早かったのは2013年の3/12なので10日近く早い初見です。今年はヤマトシジミも最早初見を記録したので、全体的に、早い初見が続くかもしれません。

  12. 驚き、2月のヤマトシジミ - 秩父の蝶

    驚き、2月のヤマトシジミ

    今日は20℃越になるというので、沢山の越冬チョウを期待し、いつもの散歩道に出掛けたら、何とヤマトシジミ(Zizeeria maha)が飛び出した。驚きの2月のヤマトシジミである。通常であれば4月上旬ころが初見なので1.5ヶ月も早い記録である。

  13. ハチジョウツグミ - Mag's  DiaryⅡ

    ハチジョウツグミ

    昨日の中国新聞に、ハチジョウツグミが東広島市に来ていると記事が出た。知ってるよ、1週間ほど前に仲間が撮っているよ。ただ、仲間が撮った場所に今もいるかどうかわからないからねえ、一つ所にそんなにいないよ、なんて思って読んでいると、ハチジョウツグミはまだいるようだ。こりゃ大変だ、行かなくっちゃ。ハチジョウツグミはまだいたのである。同じ場所に1週間近くいるなんて、なんていい子なのでしょう。ツグミとそ...

  14. 今年の初見、キタキチョウ。 - 堺のチョウ

    今年の初見、キタキチョウ。

    今年になって、初めて里山に出かけた。今日の里山は、春を思わせる穏やかな日差しに包まれていた。こんな日は、もしかするとチョウを見ることができるか期待していると、ラッキーなことにキタキチョウに出会えた。昨年11月から、しばらく里山に出かけることがなかったが、しばらくぶりに出会えたキタキチョウに幸せな時間をもらえたように感じた。さて、今年は、どんなチョウに出会えるか楽しみだ。▼写真1 2017年1...

  15. 1月のツバメ - Mag's  DiaryⅡ

    1月のツバメ

    1月18日、鳥仲間が黒瀬川でツバメの集団を見たと驚いていた。1月19日、 も目撃したのである。飛ぶのが早すぎて数えられなかったが、鳥仲間は36羽いたと言っていた。きっと同じ集団だと思う。イワツバメだとわかる写真を撮りたいと頑張ったが、ツバメの飛ぶ速さはカメラでとらえられるものではないね( `ー´)ノツバメが来ていると知っていなかったらほかの鳥だと思っただろう。いつも見るツバメと少し様子が違っ...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ