創作小説のタグまとめ

創作小説」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには創作小説に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「創作小説」タグの記事(6)

  1. 原田マハ作「暗幕のゲルニカ」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    原田マハ作「暗幕のゲルニカ」を読みました。

    原田マハ作「暗幕のゲルニカ」を読みました。小説は、20世紀パートと、21世紀パートに分かれます。21世紀パートの主役は、MoMAの新進気鋭キュレーター八神瑶子、彼女の専門は、パブロ・ピカソです。20世紀パートの主役は、パブロ・ピカソとその彼女にして写真家のドラ・マールです。21世紀世界では、ちょうど、9・11事件が勃発し、瑶子の夫イーサンはそのために亡くなります。MoMAでピカソ展を企画して...

  2. 稀望-3- - いつでも、ひなたぼっこ

    稀望-3-

    ~初めに~こちらは拙作『優鬱』、『曖昧』に続く完結編になります。(第3話完結 3591字  『稀望』総文字数10727字) 「ありがとうございました」、店員のおおらかな声で貴子は靴屋を後にした。新しいパンプスを、自分で買った。貴子は紙袋をそっと大事に抱えながら、大通りを歩いた。街路樹がそろそろ色づき始めている、貴子は冬物の衣替えをそろそろ始めようかと考えた。思えば、自分で自分を追い詰めすぎて...

  3. 稀望-2- - いつでも、ひなたぼっこ

    稀望-2-

    ~初めに~こちらは拙作『優鬱』、『曖昧』に続く完結編になります。(第2話 3657字  『稀望』総文字数10727字) 赤ん坊の頃から三河は頑迷だった。おしゃぶり代わりにしていたタオルは擦り切れても離さず、ぬいぐるみはボロボロになっても捨てようとせず、玩具のピアノは鍵盤が壊れても叩き続けた。母親が新しいものを勧めても、頑なにそれを拒んで、自分の世界をガラクタで形作るのだった。小学生に入った頃...

  4. 稀望-1- - いつでも、ひなたぼっこ

    稀望-1-

    ~初めに~こちらは拙作『優鬱』、『曖昧』に続く完結編になります。(第一話 3479字  『稀望』総文字数10727字) あの日は貴子の誕生日だった。貴子が店に遊びに来た時、三河は息せき切って走りこんできて、待ち合わせしていたのだなと思った。2週間前から付き合っていると聞いた。「……おめでとう」、俺は二人のデザートのアイスクリームに、緑の葉を添えて出した。「素敵、四葉のクローバー」「食用だから...

  5. 愛昧 - いつでも、ひなたぼっこ

    愛昧

    ~初めに~こちらは続編に『曖昧』『希望』があります。(シリーズ総文字数14584字)~初めに~こちらはシリーズ第2部になります。前作『憂鬱』をお読みください。続編『稀望』があります(完結済み)。(シリーズ総文字数14584字)体育の授業で膝に出来たかさぶたをめくると、痛みと血がにじんだ。治りきらないまま、傷口に逆戻りした跡は、今も脚に残っている。その足先に、オレンジがかったピンクのペディキュ...

  6. 優鬱 - いつでも、ひなたぼっこ

    優鬱

    ~初めに~こちらはシリーズ第1部です。続編に『曖昧』『稀望』があります(完結済み)。(シリーズ総文字数14584字)初めてカフェへ行った日を覚えているだろうか?居心地の良いソファーに肩を並べ、小難しそうなメニューを片手に囁き合う、12歳の少年だった冬を。見晴らしの良い高台からは、木枯らしの吹くお前の家が見えた。母親はとうに男を作ってあの家を出て、酒乱の父親はよくお前を殴った。ノロマだ愚図だと...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ