劇団四季のタグまとめ

劇団四季」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには劇団四季に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「劇団四季」タグの記事(15)

  1. 『ノートルダムの鐘』再び。今回は2階席後方から。 - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    『ノートルダムの鐘』再び。今回は2階席後方から。

    またか、前回からタームが短か過ぎないか、と言われそうですが、昨日また観に行って来ました。キャストもメインどころは前回と全く同じ。全然キャストを狙ってチケット取っていないのに(そもそもチケットを予約した時点では、いつ誰が出るかなんて予測不可能)、しかも京都では各回毎にカジモドを2人で交代で演じているのに、ぴたりと狙い澄ました様に飯田達郎カジモドを引き当てている私、きっと舞台の神様が背後について...

  2. ノートルダムの鐘 リピート - 雑雑日記(a)

    ノートルダムの鐘 リピート

     劇団四季 ノートルダムの鐘 を観に暑さ厳しい京都劇場へ。3月の初見でガツンと来てしまってからBW音源聴きまくって挑んだ二度目の観劇。あまりにも聴きすぎたせいか、日本語で観ているのに脳内で英語に変換されてしまって困った・・・。そして、どうなるか分かってるのにゾワゾワする、泣く、力入って最後は虚脱してしまうった。はぁーすんばらしかった。ディズニーなのに舞台装置がやたら豪華とかでなくシンプルで見...

  3. 『ノートルダムの鐘』in 京都 - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    『ノートルダムの鐘』in 京都

    さて、まずはキャスト表。カジモド=飯田 達郎  エスメラルダ=岡村 美南  フロロー=芝 清道といったメインどころの顔ぶれ。京都の開幕キャストですね。私、東京で飯田カジモドに逃げられているので、京都でようやく飯田カジモドお目見えです。田中彰孝カジモドとは役へのアプローチが全然違っていて、新鮮でした。役者が違うのだから、当然と言えば当然のことなのですが。≪イントロダクション≫昨年日本で上演され...

  4. そうだ、京都、行って来た。 - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    そうだ、京都、行って来た。

    昨日、日帰りでさらっと京都に行って来まして。ものすごく久し振りの京都だったのですが。真面目に観光をしたのではなく…劇場へ。『ノートルダムの鐘』観て来ました。このブログでちゃんとレビュを書いていなかった様な気がするのですが、3月にも東京でこの作品を観ていまして(トニー賞コンサートの日にダブルヘッダーした。更にその後すぐNYに飛んだので、すっかり隅に置かれていて…)その時に目当てだったカジモド役...

  5. NO MUSICAL NO LIFE オペラ座の怪人 - 4EVER PRINCESS

    NO MUSICAL NO LIFE オペラ座の怪人

    私がミュージカルにハマるきっかけとなった作品オペラ座の怪人が横浜に戻ってくるということで母とお義母さんと3人で横浜へ開演前に時間があったので山下公園を散策お花が咲き乱れておりましたそしていよいよ何回見ても飽きない最高の音楽とストーリー専用劇場ではなかったので舞台装置はこじんまりでしたが生オケが入って迫力満点何度見ても泣ける心が洗われました

  6. 『美女と野獣』―実写映画吹替版 - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    『美女と野獣』―実写映画吹替版

    先々週末~今週まで、仕事で沈没していました。こちらをお留守にしておりまして、すみません。で、『パレード』のことも書き切れていないのですが。こちらの吹替版、観て来ました。先月、字幕版の方を観た時に「吹替版、観なくてもいいかなぁ…」とか言っていたのですが、この土曜日にぽっと時間が空いて、そして1日で映画の日だったので、「ま、行っておくか」と。やはり、吉原光夫ガストンと成河ルミエールだけは、気にな...

  7. 『パレード』―カーテンコール、南部の人々etc. - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    『パレード』―カーテンコール、南部の人々etc.

    未だ、毎日の様に"This Is Not Over Yet"を熱唱中です。ひとまずVivian Beaumontの看板をup。あ、これ、Brentのサイン入りなんだ、いいなぁ~。このいかにもLCTなディザインのPlaybillも欲しかったんだよなぁ。では、大千秋楽のカーテンコールや、主演二人以外のキャストのことなど。 さて、東京、大阪と回って来て、名古屋公演は大千秋楽。そのカーテンコール。石...

  8. 劇団四季 - @上昇気流

    劇団四季

    つい先日、このブログに劇団四季の「美女と野獣」を過去に観劇したことチラリと書き記した時ふと思い出したことがあり相方に聞いてみただいぶ前に劇団四季の美女と野獣を観た時土産に買った携帯ストラップまだある?……とそしたら箱から出してくれたお土産にあげた頃はガラケーに付けてた期間が短かったのでwお気に召さなかったかなと思ってたがちゃんと保管してくれてたこと嬉しくなりその当時が懐かしくなった✼••┈┈...

  9. 映画 - @上昇気流

    映画

    昨日は相方から栄えある1人映画の特権を頂いたw観た映画は「美女と野獣」…ではなく藤原竜也さん主演の「22年目の告白」藤原さんが犯人だと名乗り出たことでヒーローのような羨望を含んだ盛り上がりに違和感そしてわざわざ遺族に命を狙われることを承知で「犯人です」と面を晒すことの狙いは映画の展開と共に、徐々にわかってくるとても切なくなる内容だったけど観てよかったと思った1人映画をさせてもらった相方の土産...

  10. 『パレード』―白眉の日本版初演 - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    『パレード』―白眉の日本版初演

    昨日、木曜日の夜にこちらを観て来ました。名古屋での公演は初日にして、今公演(東京・大阪・名古屋)の大千秋楽。"共謀罪"法案があんな酷い形で強行採決・可決されたその日に、南北戦争後の米国での大冤罪事件を扱ったこの作品を観たことは因縁めいている。かなりヤバい政権を戴くかなりヤバい日本という国を生きている私達にとって、とても対岸の火とは言えない題材なのではないか、と。いえ、それだけでなく、1998...

  11. ライオンキング - リラクゼーション マッサージ まんてん

    ライオンキング

    こんにちは。北一条店 武田 です。ずっーと観たかった劇団四季のミュージカル「ライオンキング」 を、姉と観てきました♡席が前列ということもあり、役者さん達の表情や衣装など細かいところまで見れ大満足♬もう…最初から感動で泣く私 笑いあり涙ありで時間があっという間に過ぎて行きました 絶対にまた見に行きます 北一条店 武田スタッフ随時募集中!

  12. (演劇)劇団四季キャッツ / Cats - Macと日本酒とGISのブログ

    (演劇)劇団四季キャッツ / Cats

     演劇やミュージカルの世界も見ておいた方が良いということで子供を連れて劇団四季のキャッツを見にいくことに。自身も初。意味がよく分からなかったものの感動しました。メインテーマと思われるジェリクルキャッツの歌(?)が冒頭の一発のみで,中盤,最後はインストゥルメンタルでしたので,歌詞ありがもう一度聞きたかったです。子供は車掌猫と終盤の娼婦猫の歌が良かったそうです。途中20分の休憩が入り,その間はト...

  13. またもや、横浜へ… - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    またもや、横浜へ…

    あの…またもや、横浜へ行ってまいりました。土曜日に。先月に引き続き、また。はて、そんなに私はこの作品が好きだったかな?と思ったのだけれど(いえ、もちろん好きですが)、何のことはない、チケット先行予約の時に「涼太ラウルに会いたい!」の一心で、とにかくガンガンチケット押さえちゃった、というだけのことだったのでした。そして彼は、ファントム@横浜にはいないのです。…泣けます。とりあえず、佐野ファント...

  14. 日下武史さん - 忠告なんてご無用ぉ

    日下武史さん

    俳優の 日下武史さんが亡くなった。劇団四季の創設時のメンバーで、四季の生え抜きだったよね。どちらかと言うと、ストレートプレイの人というイメージだけど、ミュージカルにも出ていた。オイラ的には、赤毛のアン でのマシュー役が馴染み深いかなと。ミュージカルだから、当然唄う訳ですが... 歌も味わいがあると言っておこうかな。マシューが絶命する一連のシーンは...恥ずかしいが涙を堪えられなかったよ......

  15. 『オペラ座の怪人』―横浜まで行ったのよ、変更点あり、なレビュ - ことのは・ふらり・ゆらり・ふわり

    『オペラ座の怪人』―横浜まで行ったのよ、変更点あり、なレビュ

    書く書く、言っておいてなかなか書けずにすみません。『オペラ座の怪人』&「横浜」で検索して来て下さる方も多い様なのでもうそろそろ書いておかないと…(あ!そう言えばNYに行く直前に『ノートルダムの鐘』も観たのに、そちらも全然書いてなかった!)というわけで、ひとまずキャストボード。こんなキャストでした。ファントム=佐野 正幸  クリスティーヌ=苫田 亜沙子  ラウル=神永 東吾ですね。何としてでも...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ