勉強方法のタグまとめ (38件)

勉強方法のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには勉強方法に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

我が家は大河ドラマを観るのが大好きで、今年(2016年)も「真田丸」を楽しく拝見しています。真田丸(前編)つむぎが中学受験を控えていたときも、毎週欠かさずみていました。(ちなみに、小5が八重の桜、小6が軍師官兵衛でした)大河ドラマには、いろんな意見があるそうです。史実とは違うとか、イメージが変わってしまうからみると混乱してしまうとか。確かに同一人物でも、その時の主人公(主人公の視点)によって...

「寝る直前は暗記物をやると良い」これは勉強のコツだそうです。人間は寝ている間に脳にいれた情報の整理、定着を行います。そのため、寝る直前に覚えたことは、すぐに定着へと向かわせることができて効率的なのだそうです。だとすれば、これを利用しない手はありません。生活のリズムを整えるため、また、隙間時間を上手に利用して負担少なく勉強させるため、「朝の学習」はちょっとした常識になりつつあります。我が家でも...

昨日の記事、「とにかくたくさん解く 〜小6算数〜 」(http://iitokodor.exblog.jp/24615470/)からの続きです。小3の3月から始まったつむぎの中学受験への挑戦。3年間で大きく変わったなと思うのは、問題に向き合う時の彼女自身の気持ちです。最初は「こんな難しいの、解かれへん」「習ってないし」とブーブー言っていたつむぎですが、受験勉強を進めていくにつれて「面倒だけど...

Z会のテキストは、良問が多いと言われます。当時はよくわかりませんでしたが、終わってみると確かになぁという感じです。4年生・5年生の頃は、問題数が少ないように感じるかもしれませんが、まずはすべての問題に挑戦し、できるようになることを目指してみましょう。Z会のテキスト、小6算数2月号に、彼(つむぎの父)からつむぎへの課題指示紙が挟まっていました。例によって、こまかーく課題の指示が書かれています。...

昨日、ニュースサイトに「幼い頃から塾や通信教育で英語の学習をさせても、小学校4年生を境に、能力が落ちてしまう」という記事が載っていました。その理由としては「小4から本格化する中学受験の勉強(通塾など)で、英語学習をする時間がとれなくなってしまうから」というもので、中学受験か将来に向けて英語に特化させて勉強をさせるか、親は選択を迫られる・・・といった内容でした。うーーーん。どうなんでしょう?み...

つむぎは本番に強い方だと思うのですが、模試や資格試験などで失敗することもたまにはありました。そんな時は決まってシクシク泣いていて、悔しかったんだろうなということがわかります。たいていは次回で挽回してくれるので、そんなに心配はしていません。ただ一度だけ、「頭が真っ白になってしまった」と言ったことがありました。これは少し問題だなと思い、しばらく様子を注視しました。それは「女子のみ」の会場で受験し...

夏休みのように時間がたっぷりあると、「この機会を逃してはならぬ」「時間を無駄にさせないように」と、ついついがんばりすぎて(がんばらせすぎて)しまいます。私自身は「先生のおっしゃることを忠実に守るタイプ」だったのですが、時間をたっぷりかけて勉強をしているわりに、思ったほど成果が上がらない(成績につながらない)ということがありました。「1日5時間」「今日はこの課題を全部」というように、「時間」と...

夏休みも半分を過ぎました。楽しく充実した日々を過ごしていらっしゃいますか?夏休み、たっぷりある時間を利用して、今後の学習計画について思いをはせていらっしゃるご家庭も多いのではないでしょうか。我が家も学校説明会に参加したり、学校見学に行ったりしながら、毎年のように「秋からの勉強、どうしよう?」「やっぱり塾は必要?」と、心が揺れてオロオロとしました。塾に入るタイミングとしては、2月が最適と言いま...

さて8月です。焦りは禁物。地道に積み上げていきましょう!6年生のつむぎは、ひたすら「復習」と「基礎の積み上げ」に勤しんでいました。Z会のテキストでいうと、この時期取り組んでいたのは6年生の前半部分。算数の場合、間違えやすい問題と、志望校の傾向にあっている問題をピックアップして復習。前にも書きましたが、「このページ全部」といった出し方ではなくて、「算数 6年生2月号 P21の大問6(3)」とい...

昨日に引き続き、直接受験には関係がないかもしれないけれど、楽しく勉強できる本をご紹介。今日はこちらです。池田書店の「マンガでわかる」シリーズマンガでわかる日本文学 こちらは作家よりは、作品そのものに焦点が当てられています。読みたいけれど読むのにちょっと躊躇してしまうような文学を、マンガで解説しています。作品の一部ですから前後を読んでみたくなってしまうんですよね。文学史に出てくる本ばかりです...

今日は勉強を楽しくする本の話を。つむぎは本が大好きなのですが、好きな作家を一人ずつ掘り下げていくタイプで、「この作家さんの本はだいたい読んだな」と思わないと他の作家に移らないというところがありました。一方、母親である私はいわゆる「文豪」の作品が大好きで、文学史の資料集から気になる作品を見つけては、学校の図書館で借りてかえるという生活をしていました。広く、浅く、多くのタイプです。中学受験では、...

子供を見ていると、どうにも集中していないというか、やる気が感じられないことがあります。「やりたくないんだったら、別の時にすれば?」と声をかけると、それは彼女にとって注意や叱責、時には遠回しの嫌味に感じることもあるらしく「やりたくないなんて言ってないし!( *`ω´)」と言い返されることもありました。(いやいや、効率悪いから、別の時にしたらっていうアドバイスなんだけどな)と思わないでもないです...

五ツ木・駸々堂の模試(2016年度 第4回)まであと1ヶ月。みなさんは模試の前、何か対策をされていますか?学習計画ノートによると、つむぎの場合、過去の模試(今回の場合だったら、第1回・第2回・第3回)の復習をしていて、これはどうしてやっていたんだろう?と疑問に思いました。なぜなら、同じ模試の場合、過去に出題されたものが立て続けに出題されることは考えにくく、また、模試を受けてすぐの時に一通り間...

夏休みの宿題で、大物といえば「読書感想文」と「工作」。みなさん、いかがですか?読書感想文と言われても、どうしていいのかわからず、頭を抱えられている方も多いのではないでしょうか。Z会のホームページを見ていたら、中学受験をしない小学生コースで「専科 5年生作文」「専科 6年生作文」という通信講座が開講されていることを知りました。「何をどうやって書いたらいいのかわからない」という悩みへ対処すべく、...

先日、母と東京に行ってきました。私は関西、母は「関西より東」で生活していますので、なかなか会うことができません。母と娘ふたりきりの旅行は、何年ぶりでしょうか。とても穏やかな時間を過ごすことができました。母に「私たち兄妹をどういうふうに育てたいと思っていたの?」と聞いてみると「そうねえ。自分で考えて、自分で決めて、自分で行動していく。そういうことができるようにと思っていたわ。」「それから人様に...

現在、NHK BSプレミアムで放送しているドラマ「受験のシンデレラ」はご覧になっていますか?家庭環境に恵まれず、家計を支えるためアルバイトをしながら夜間の高校に通っている主人公「真紀」が、とあるきっかけで元人気予備校講師「五十嵐」に出会い、共に東大合格を目指していくという物語です。少し前に「ビリギャル」が話題になりましたが、似ているようでちょっと違います。この「受験のシンデレラ」は、「どうせ...

時間のある夏休み。つむぎはEテレが好きで、休憩や自由時間によく観ていました。中でも「にほんごであそぼ」が好きで、時間になると勉強を中断してテレビをつけたこともあったそうです。↓我が家も買いました。にほんごであそぼ「雨ニモマケズ」Eテレの番組が好きだなんて、つむぎちゃん、ちょっと幼いんじゃない?と思われましたか?(笑)いえいえこの番組、なかなか本格的なんです。名文を歌にしたり、劇の中に盛り込ん...

国語の「記述問題」は、どうやって勉強したらいいのかわからず、とても戸惑いました。模試や添削問題であれば、プロが採点してくださるので「これはよい」「これはダメ」とはっきりわかります。けれど、自宅中心で勉強しようとした場合、その判断が難しいのです。そこで、Z会に相談したところ、先生から教えていただいたのが「丸つけの時、模範解答を丸写しする」という方法です。Z会のテキストなどで勉強し丸つけをする際...

つむぎは幼い頃から本の虫だったので、文章を読むスピードは平均より早い方だと思います。けれど問題が難解だったり、文章の量が多かったりして、「読むは読んだけれど、問題を解く時間が足りない」ということがままありました。つむぎの志望校には、国語の問題文が非常に長い学校も含まれていたので、対策をたてる方が安全だと思いました。まず、単純に本を読むスピードをアップさせること。これは、どれだけ本に慣れている...

どう手をつけていいのかわからない「国語」の勉強で、一番手っ取り早く始められるのは「漢字対策」かなあと思います。つむぎは漢字検定に挑戦したり、市販教材を取り入れたりして勉強していました。  日能研ブックスの「計算と熟語 シリーズ 」は、非常にとっつきやすい問題集で、半分が計算、半分が熟語の問題になっています。そんなに問題数が多いわけではないので、1冊やり遂げるのに時間がかかりません。達成感を得...

似ているタグ