化石のタグまとめ (25件)

化石のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには化石に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

札幌2泊の小さな旅に出るにあたって、「どうしようか?」と思っていたことがあった。そのひとつが夜の過ごし方。化石産地付近の街では、どこに居酒屋があるとか、あそこの店は美味しいとか、道民に負けないぐらい知っているのだが、“大都会”サッポロとなると、知っているのはアルビアンさんの家ぐらい(爆爆)そんな中、化石仲間が2日間とも、夜に構ってくださることになり、素晴らしい時間となった。そして、心配だった...

by オヤジNEKOの今日も青空

皆さん、3連休ですね。いかがお過ごしですか?金曜は課の送別会がありました。成り行きで司会をやらされ、満足に食事ができず、いささか二日酔い状態のまま土曜日の朝、実家へ。施設に両親を見舞いました。元気で何よりです。その後、美里の山の中に行こうかとも思いましたが、曇ってきて、なんか行く気が削がれました。買い物して、実家でマッタリ❓熱い風呂に入って、ビール🍺⁉️極楽?ゴクラク‼️また...

by pink pinko life

ここは・・・一体どこざます ・・・ !?ああ、そうだったざます、白亜紀にタイムスリップ中のぽんたちゃまの記憶の中ざます。一生懸命ここほれワンワン、なんともかわいい考古学者ざます^^山々に囲まれたこの森、実は一億年前は深い海の底で、一億年前に生息していた生物たちの化石が採掘できる穴場。女子にはなかなか興味持てない分野ですが、恐竜とか、アンモナイトとか、男子にとってはロマンなんだそうで、先週師匠...

by pink pinko life

ぽんたちゃま?真剣なお顔で一体何しているざまぁす?んまぁ!またこんなにたくさん石ころを拾ってきて!!ぽんたちゃまの収集癖も困ったものざまぁす。え?なんですって?ただの石ころじゃない?100000000年前の化石ですって ・・・ !?「 ^〆◎●∥‡♀※☆§㎎□/♂〒↑〃@ 」大変ざます!ぽんたちゃまの頭の中が白亜紀にタイムスリップ中ざます~ぽんたちゃま?そんな寄り目になって何か見つけたざます...

by MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!今日はみなさん大好きなあれの化石をご紹介いたしますっ!!!ペトリファイドコーラル、サンゴの化石です♪♪サンゴ死骸が水晶の成分によって固められて、いわゆるめのう化したもの。それがこの石なんですね~。ペトリファイドというのは「石化した」という意味、コーラルはサンゴの事です。「石化したサンゴ」がペトリファイドコーラルの意味なんですね~この石の魅力はそ...

by オヤジNEKOの今日も青空

山の中の林道を下り、車まで戻って来ました。雨も上がり、薄日が射してます。さあ、次はどこにしよう?で、やって来ました、南長野のいつもの河原。河原に降りてすぐに、デッカい岩があります。誰かが来て割ったんでしょうね。大量の破片が散らばってます。それを集めて、小割。いわゆる、ハイエナ作戦ですね。で、なき別れてしまいましたが、サメの歯、メジロさん。作戦成功ですね⁉️大きな岩の表面を観察してると、うん⁉...

by オヤジNEKOの今日も青空

LLビーンのハンティングジャケットです。あくまで、一般的な話ですが、酔っぱらってオクはめちゃメチャ危険です、このジャケット、もう何十年も前に買って、一着持ってます。オフホワイトのプレーンなもので、買ったはいいけどあまり着ず、実家のタンスに入れっぱなし?なのに、なんで⁉️通勤にはダウンコートや、ピーコート。マフラーです。それで充分ですよね。先日、同僚と飲んでいい気分で帰り、ベッドでオク。美里に...

by オヤジNEKOの今日も青空

早いもので、今年も、もう3月ですね。年度末で忙しいのですが、今週、木曜金曜と休みを取りました。年間で10日、有給とは別に休暇取得しなければなりません。いくら会社規定といっても、困ったものです。来週、出社すれば仕事の山が待ってます。まぁ、文句言ってても仕方ないので、いまや別荘状態になってる実家に滞在し、またまた美里です。木曜は雨。実家には朝の10時過ぎに到着。買い物は済ませ、風呂を沸かし、さっ...

今日は、近畿地学会第41回総会(第260回例会)だった。会場は、大阪市立自然史博物館の集会室。例年は、1月中に行うのだが、今年は会場がいっぱいで、2月半ば過ぎの開催となった。午前中は、会の運営に関わる議案の提案と審議。16年の事業報告・会計報告、17年の役員選出・事業計画について、提案と承認がなされた。午後からは、会員による講演。今年は、次の2本の講演の内容が一部重複し、高いレベルで問題意識...

by オヤジNEKOの今日も青空

支流へはこんな杉林の中を歩いて行きます。山奥の小さな沢ですが、護岸されてます。護岸工事されていない、低い場所から河原に降りながら、転石を探して割っていきます。こんなのや、こんなの、先っぽまで綺麗に残ってますが。綺麗に出ないからね〜。写真だけ。さて、例の岩です。タガネで丁寧に表面を剥いでいくと。小さな歯ですが、何本か見つかりました。久しぶりの大漁?•••でもないか。しっかし寒いです。陽の当たら...

by オヤジNEKOの今日も青空

やっと今年、初めての更新です。思えば年末、母親が急遽、老人施設に入りました。もう老人の一人暮らしは限界でしたから、安心と言えば安心です。そしてお正月。私たちカトリックにとって、1月1日はマリア様の祝日です。毎年、お正月は教会に行き、その後女房の実家で宴会です。今年も女房の父親と昼からウイスキーを飲んで、バカ話をし、家族でホントに楽しく過ごしました。夜、ウチに帰ってきて、早朝4時、携帯にオヤジ...

「世界に誇る恐竜王国日本」という本が出版されていることをサツマウツノミヤリュウ氏からの某SNSへの投稿で知ったので、早速、「南米系熱帯密林」で注文してみた。昨夜、届いた本の内容をパラパラと見て驚いた。古生物や化石とは縁の薄い宝島社発行のムック本なのに、内容が濃く、かなり最新の情報が盛り込まれていた。それもそのはず。第一線の研究者が監修し、最新の研究事情や意義、発掘&発見エピソードなど、化石フ...

記憶にも記録にもないが、私が始めて採集した和泉層群の巻貝は、やはりこの種だったはずだ。和泉で、一番、ポピュラーな巻貝といえば、下画像のGlobulariaだ。螺塔の高さが高くない標本だが、変形して産出するものものが多く、きちんと比較できる標本も少ない。とりあえずG. izumiensisとしておこう。ずいぶん昔に採集した標本(洲本市北阿万累層産)で、粗雑なクリーニングが恥ずかしい。

大阪の和泉層群を代表する平巻きアンモナイトといえば、ゴードリセラス・イズミエンゼとパキディスカス・フレキソーサス。二枚貝では巻き貝では、ヤーディア・タニイとナノナビス・スプレンデンス。巻き貝ではシュードペリシテスとニッポニティス。今日の記事は、レアな巻き貝Nipponitys acutangularisだ。クダマキガイの仲間の大型の巻き貝。異常巻きアンモナイトのNipponitesと紛らわし...

大阪の和泉層群の化石産地。同じマーストリヒティアンなのだが、少しずつ様相の異なる産状である。泉佐野の池横にあるウバメガシ上の路頭は、砂礫が混じってサメの歯が産出することで有名だ。かつて、どなたかが大崩ししていて、そのズリからいろいろな化石を得られた。巻き貝も比較的、よく見つかる。その1つが、マクラガイの仲間であるタニマサノリア。3cmほどの小さな巻き貝。発見者に献名されるのは珍しくないが、フ...

by ムサコママの育児日記 

昨年中は秋川の方へは家族で4回程、化石を掘りに行きました。楽しんで掘っているのは主に長女とムサコママ。パパは、どちらかといえば川縁でビール片手にBBQやりたい性格で、化石掘りは時々カンカンと石叩いてる位。チョロチョロ動き出した息子がいるのでじっくりと石と対決するには、満足に時間がとれませんが、金づち片手に石を割るのが楽しく感じるようになりました。掘り出せた化石たちです。↑ブナらしき葉の一部↑...

「棚ぼた」なのに鏡餅サイズのキャライコセラス。大きいアンモが苦手なので、N川ユーパキ、住房部のみの灘パキなどに次ぐbig5サイズかな…。あらかたクリーニングも終わっていたので、落ち込んだ住房の破断されたあたりに残っていた母岩を取り除く作業でクリーニングは、一応、終了。再掲載になるが、↑は、beforeだ。そして、↓はafter。スレ部分は、どうしようもないので、この程度でおしまいか…。是非と...

by MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!昨日のアンモライトとアンモナイトの記事、どうでしたかぁ?アンモライトについてご理解いただけたでしょうか???今日は昨日ご紹介したマダガスカル産の虹色に光るアンモナイトの化石をご紹介いたしますっ!★アンモナイト化石(マダガスカル産) 2,500円+税/個★オンラインショップにて販売中!!宝石とされているアンモナイトの化石はカナダのアンモライトになりま...

by MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

おはようございますっ!MORiKO★です!今日は水曜日。今年初の「おしえてMORiKO★!」のコーナーですね~!今日の質問はIさんよりいただきました。Q.アンモライトとアンモナイトってどう違うの?アンモナイトは化石の入門として、とっても有名な生物ですよね!この名前を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。一方アンモライトはそれほど認知度が高くないので、まだまだ知らない人が多いと思いま...

by 星の小父さまフォトつづり

昨日 (12/24) は、西高東低の気圧配置による北風が強まって、根性無しの自分としては野外で撮るにはちょっと厳しいかな?ってことで、久しぶりに群馬県自然史博物館に行ってみた。自然史、と銘うっているから自然関連の様々な展示物が楽しめた。レンズは35~105のズームでも、実質1.6倍なので、もうちょっと広角側が頑張れればなぁ、という感じて撮影した。欲を言えばマクロも・・・・なんだけど、贅沢を言...

似ているタグ