スポーツ・アウトドアジャンル×北海道のタグまとめ

北海道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには北海道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「北海道」タグの記事(125)

  1. 「BROMPTON MEETING IN HOKKAIDO 2017」参加募集締め切り間近!! - 秀岳荘自転車売り場だより

    「BROMPTON MEETING IN HOKKAI...

    毎年恒例の「BROMPTON MEETING IN HOKKAIDO 2017」が2017年10月1日(日)に開催いたします!参加表明の締め切りが9月24日(日)までです。ランチなどの関係上人数を把握しないといけないので、ご参加表明のまだの方はお急ぎください。 場所は手稲前田森林公園のBBQ広場 日時は2017年10月1日(日)11:00~15:00 参加費は無料 参加資格はBROMPTON...

  2. WR250X 2017 北海道 ツーリング その11(コット編) - 好事家な生活

    WR250X 2017 北海道 ツーリング その11(...

    2017年8月2日(水)6日目13:11 道の駅うとろ・シリエトク 出発オシンコシン滝も行き過ぎて気づいて戻る事もなかった国道334号を西へ斜里方面へ明日の宗谷丘陵を考えると少しでも近づいておきたい今回の旅で外せない場所があった日本一の人造湖である朱鞠内湖(しゅまりないこ)ここにあるのが雨竜第一ダム方向的にはだいたい一致するのでひとまず朱鞠内湖を目指す国道244号線、斜里町を抜けて西へ斜里川...

  3. WR250X 2017 北海道 ツーリング その10(知床半島編) - 好事家な生活

    WR250X 2017 北海道 ツーリング その10(...

    2017年8月2日(水)6日目藻琴山展望駐車公園で朝を迎える起床はいつもより若干遅めの5時ごろ本人の無計画さが原因ですが、まさか北海道にまで来て、こんなとこで寝るとは思わなんだ(笑)まぁ何処で寝ようがコットがあるので寝心地は変わらないマットに比べて高価でしたが導入した意味があった何も食べてない、何も飲んでない状態なのでコーヒーを入れて余っていたおつまみの柿ピーをつまむ霧のなか、一晩過ごしたた...

  4. 2011年10月北海道 蝦夷鹿猟3日目 職務質問 - ぐり高原の食卓

    2011年10月北海道 蝦夷鹿猟3日目 職務質問

                 処理してから対応したかった3日目の朝は獲れず。お昼のあと、眠い目をこすりながら、山の中を探します。あまり鹿が動かない時間なので、集中力が切れそうになりますが、テンションの上がる曲を脳内再生してがんばります。すると、いたっ。すっと構え、首を狙ってそっと発砲。ぐしゃっとその場に倒れたことを確認し、倒れたところへ。 血抜きの処理をし、回収道具を取りに車に戻ると、そこには警...

  5. 17年北のMemory Album化石編(8)…デスモ1号(2)と2号(1) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album化石編(8)…デスモ...

    Interet Museumで開催されているミュージアムキャラクターアワード2017にエントリーしている瑞浪Mioちゃんは、残念ながら、第4位。第3位のキャラと200程度の差が埋まらず、残念ながら4位。この程度の差なら、1ヶ月の投票期間ならひっくり返すことが可能なので、来年こそ もっと早く応援して、是非ともメダル圏内に押し上げたいと思っている。今日は、化石ネタ。ばたばたとしているが、今日はち...

  6. 17年北のMemory Album旅情編(4)…時鮭定食 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album旅情編(4)…時鮭定食

    羅臼ネタが続いているので、もう少しアップしようかと思っている。昨年も紹介したのだが、ホエールウォッチング船の船長さんから教えていただいた地元水産会社「濱田商店」の直営店。名物の羅臼昆布、ウニやカニなどがウリなのだが、食事の提供も行っている。その中で、私が気に入っているのが、時鮭定食。時鮭(時知らず)とは、真夏に海で水揚げされるシロザケ。秋鮭と同じ種だが、精巣や卵巣が発達していない分、身に脂が...

  7. 17年北のMemory Album旅情編(4)…熊の入った家 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album旅情編(4)…熊の入った家

    ヒグマつながりで今日の記事は、「ヒグマの入った家」。昭和61年(1986年)、9月16日未明、北海道目梨郡羅臼町海岸町にある民家に雌のヒグマが侵入し、1時間ほど冷蔵庫も開けて食物をあさるなどして、室内を荒らし回って出ていった。この間、ご家族は2階へ避難し、無事だったという。親子グマだったらしく、その後、駆除された。その家が、ヒグマの入った痕跡が残されたまま、保存されている。冷蔵庫にはその時の...

  8. 17年北のMemory Album化石編(7)…デスモ1号 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album化石編(7)…デスモ1号

    5月28日、トシプさん、hntさんと訪れたN川のセノマニアン。2人がどんどん先行するので、私はのんびり小さな枝沢に入った。そこで、出逢ったのがデスモ1号、デスモ2号。1号は7~8cmサイズ、2号は10cmサイズだったので、普通種ながら、うれしかった。朝からバタバタして、石を触れなかったが、夕方になって少し時間ができたので、この化石なら、短時間でクリーニングできるだろうと思った。考えは甘かった...

  9. 17年北のMemory Album自然編(10)…生物相(3) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(10)…生物...

    知床の羅臼側で、車で行ける瀬石や相泊の少し手前にルサフィールドハウスというビジターセンターがある。2階には、自由に使えるスポッティングスコープが並んでいて、海鳥やクジラを観察できる。ゆっくり時間を使えるときにはすばらしい“基地”になることだろうが、旅行者にはそんな時間もなかなかとれないのが残念だ。この1階では、“自己責任”で行くしかない、相泊から先の知床の厳しい自然についての説明、警告がなさ...

  10. 17年北のMemory Album旅情編(3)…ウニ コラボ(2) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album旅情編(3)…ウニ ...

    じゅりあさんとの勝手ウニコラボの第2弾。6月27日の昼食。心は完全にウニ丼モード。香深へ戻って、お昼を食べようと思ったのだが、漁協直営店は団体客の予約で入れなかった。フェリーターミナル近くの小さな店に入って注文して出てきたのが、上画像。載っているエゾバフンウニは、さすがの鮮度だったが、丼が小さくて、かなりがっかりした。しかし、食べ進むと驚いた。下画像のように、ごはんの中層にもエゾバフンウニが...

  11. WR250X 2017 北海道 ツーリング その9(宗谷丘陵編) - 好事家な生活

    WR250X 2017 北海道 ツーリング その9(宗...

    2017年8月1日(火)5日目クッチャロ湖で雨の朝を迎える今朝は多少起きるのが遅かった雨なのもあるが今日はもう一度、宗谷丘陵に行こうと思っていたのであまり距離がない今朝もまずは天気予報から…宗谷周辺の天気は曇りのち晴れ、ところにより霧ただし昨日から濃霧注意報が出ている明日は曇りのため、晴れの宗谷丘陵のチャンスがあるとすれば今日となる多少、雨も弱まり各々、準備に取り掛かるMT09の兄ちゃんはク...

  12. WR250X 2017 北海道 ツーリング その8(宗谷岬編) - 好事家な生活

    WR250X 2017 北海道 ツーリング その8(宗...

    2017年7月31日(月)4日目オトンルイ風力発電所をあとにしサロベツ原野を右に見ながら北上を続ける昨日、函岳から見ていた利尻富士が目の前に迫ってくる北緯45度線を超えて走り続ける赤道が北緯0度、北極点が北緯90度とすれば中間点なのが北緯45度地球の時点の関係で多少ズレるとのことまぁモニュメントもあるけども行き過ぎてしまったので戻る事すらしなかった高知には地球33番地と呼ばれる場所があり東経...

  13. WR250X 2017 北海道 ツーリング その7(オロロンライン編) - 好事家な生活

    WR250X 2017 北海道 ツーリング その7(オ...

    昨夕は素晴らしい絶景を目にする事ができましたが、夜は雲が張り出し星は全く見ることができませんでした天の川を撮ることも今回の旅の目的のひとつでしたが、なかなか神様は何でも叶えてくれるわけではないようです2017年7月31日(月)4日目4:30 起床快晴とは行きませんが、ベタ曇りというわけでもなく青空も覗かせております毎朝の日課の天候チェック!宗谷地方は「晴れ、ところにより霧が出るでしょう」明日...

  14. WR250X 2017 北海道 ツーリング その6(函岳編) - 好事家な生活

    WR250X 2017 北海道 ツーリング その6(函岳編)

    本日の目的地は函岳それでは3日目後半 行ってみよー2017年7月30日(日)3日目豊平峡ダムをあとにして230号で札幌方面へ街中はやはり混み混みで北海道らしさは皆無だったルート的に都市部を避けるルート推奨時間だけが経過し、全然進まない14:09 道央自動車道 札幌ICようやく高速道路に乗り一気に距離を稼ぐ14時台なので時間的余裕もありそうに思えるが、今夜の宿までは200km以上あるたどり着け...

  15. 17年北のMemory Album自然編(11)…地球の恵み(5) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(11)…地球...

    知床半島の羅臼側で、車で行けるのは相泊(あいどまり)という集落までだ。その相泊の海岸に温泉が湧いている。道路からすぐ下のゴロタ石の狭い海岸にコンクリートの湯船が設けられ、すぐ前は根室海峡で国後が見える野趣溢れる野湯だ。昨年6月29日、道路から撮影したのが上画像。地元の方が作業しておられたので、許可を得て、入らせてもらった(下画像)。この日は天気もよく、気持ちのいい入浴だった。今年は6月16日...

  16. 17年北のMemory Album旅情編(2)…ウニ コラボ(1) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album旅情編(2)…ウニ ...

    じゅりあさんがブログでウニについて書いておられたので、今日はそのコラボ記事。じゅりあさんのは、殻の標本をつくり、研究するという学術的な記事だが、私には到底無理(*^.^*)エヘッこちらは、食い意地の張ったぢぃさんが、北のウニを食べるという、食いしん坊記事。今年の北巡検も、UKから始まった。ここは、北海道で一番早く、4月末から、ウニを味わえる地域だ。『春ウニ』なんていう素敵な名前で呼ばれている...

  17. 北 ’17春 シーソラプチ川、鵡川、沙流川、三笠ホール、Sウェーブ、豊平川、長流川、美瑛川、渚滑川 - Kick. Knock. Kayak.

    北 ’17春 シーソラプチ川、鵡川、沙流川、三笠ホール...

    道民と一緒にキャンプしたり食事したりする時間が、私にとっては最も楽しい時で、思い出深いこと。ですが、そういうのは書かず。・シーソラプチ川  幾寅354.14  5人で(Ita,Ste,Itu,Sntk)スタート地点は4月末で雪あり。昨年8月の台風で大被害を受けた空知川流域の南富良野町。ラフトガイドさん達や地元パドラーたちが懸命に復旧作業されました。多くの人の努力によって、今年もラフティングツ...

  18. 17年北のMemory Album自然編(10)…地球の恵み(4) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(10)…地球...

    羅臼町の中心街から、知床岬に向かって車を走らせ、いくつかの集落を抜けると、30分ほどで瀬石(セセキ)という集落に到着する。山側に駐車スペースが設けられており、反対側の海岸に瀬石温泉が湯船がある。上画像の解説にもかいてあるように「北の国から2002遺言」で純とトドが入った温泉として、有名になった野湯。下画像のように海岸に湧いていて、満潮時には海中に沈むというかなりワイルドな天然温泉である。7月...

  19. 17年北のMemory Album化石編(6)…エオグン - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album化石編(6)…エオグン

    7月9日、今年、2度目のアッシーのぴょんぴょん ̄(=∵=) ̄沢。Bさん、Cさん、hntさんと私の4人で秘境へセノマアンモを求めて出かけたときの獲物。座って石を割って出てきた小さなアンモナイト。細かい肋に気づいた。「マーシャリテスかな?」老眼ぢぢぃなので、ルーペを出して見ると、ヘソ周りに突起がある。セノマアンモの大家であるBさんが居られたので、「エオグンですか?」と聞いた。「そうですね」小さい...

  20. 17年北のMemory Album自然編(9)…生物相(2) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(9)…生物相(2)

    7月24日、大雪山旭岳裾合平のチングルマの大群落を見に行ったものの、花期が過ぎて残念だった日のこと。テクテク歩いて、旭岳ロープウェイ姿見駅に戻ってきた。何か、不完全燃焼で、売店前のウッドテラスに座って、旭岳の噴煙を見ていた。視野の片隅で何かが動いた。下の木道の横木のところだ。シマリスだ。この日も、デジイチに装着していたレンズは、望遠側80mmの標準ズーム。とりあえず写すしかない。上画像のよう...

1 - 20 / 総件数:125 件

似ているタグ