北魏のタグまとめ

北魏」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには北魏に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「北魏」タグの記事(3)

  1. 244 隋唐五代建築1 1.仏教建築 - 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅

    244 隋唐五代建築1 1.仏教建築

    中国古代建築史 (抜粋) 巻二 第三章 隋唐五代建築第7節 宗教建築※飛鳥、天平から平安初期の建築は、中国から来た事に違いは無いが、飛鳥、白鳳、天平の短期間に大きく印象が変わるのは、なぜなのか。時代は隋~唐初にかかるが、中国も北朝と南朝の様式から唐へと大きく変わる。我々の祖先が、どの経路で技術を習得したのか、例えば、四天王寺式や法隆寺式、川原寺式等の統一性の無さはどこからきたのかは、もっと中...

  2. 243 南北朝の建築技術 3 南朝の建築 - 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅

    243 南北朝の建築技術 3 南朝の建築

    中国古代建築史 (抜粋) 巻二 第二章 両晋南北朝建築第11節 建築技術(2)南朝建築の構成と構造情況の推測 南朝建築は今まで、我々は最も簡単な図像さえいまだ見ることが出来ず、ただ南京地区の南朝諸大墓の羨道内の石門横木に平梁や叉手の形象が看られ、廊の構成を表しており、北朝の石室や石窟中に見るものと基本的に同じである(図2-11-26)。 南朝建築の最も重要な参考材料は、日本に現存する飛鳥時代...

  3. 242 南北朝の建築技術 2 北朝の建築(2) - 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅

    242 南北朝の建築技術 2 北朝の建築(2)

    中国古代建築史 (抜粋) 巻二 第二章 両晋南北朝建築第11節 建築技術(241項より続く) 古陽洞内には3つの家型龕が鑿される。北壁に一龕があり、面幅3間、四柱を用い、斗栱、頭貫、叉手、檐桁の組合せの縦架で、斗栱の中央に梁頭が露出し、その構造は宋式の” 杷头绞项”(※注)に近い。その表現は一座の全木架構建屋で、斗栱が柱と対になると言っても、中央に頭貫と隔てたままで、依然として柱列は縦架を支...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ