十一屋のタグまとめ

十一屋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには十一屋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「十一屋」タグの記事(14)

  1. 十一屋お稲荷さん 4月21日(金) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋お稲荷さん 4月21日(金)

    こんもりと木々で隠されていたお稲荷さん。木が伐採されて剝き出しになった。社員駐車場へ移転すると聞いた。最後の蔵が解体される。もったいないような気もするが。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  2. 十一屋向こうまで 4月12日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋向こうまで 4月12日(水)

    大きな音が響いて、鉄骨を斃しているらしい。社屋が無くなっている。向こうまで見通せてKOKUYOの看板が見える、酒井文具店のもの。反対側から、東の蔵と西の蔵が残っているが。なにも残さず壊してしまうのだとか。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  3. 十一屋おっとっと 4月6日(木) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋おっとっと 4月6日(木)

    この蔵の壁が大音響とともに。斃れてきました。お隣の屋根をおしつぶしそう。慌てて片付ける。夕方にはほとんどきれいになった。裏から見ると社屋も裸になっている。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  4. 十一屋ようやく 3月24日(金) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋ようやく 3月24日(金)

    十一屋元本社社屋にシートが掛けられた。わが家から見える蔵の屋根に職人が登って瓦をはいでいる。裏のほうはこんな感じ。2工場のほうはほとんど平らになった。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  5. 十一屋そろそろ 3月20日(月) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋そろそろ 3月20日(月)

    風情がある、とかつて映画のロケにもつかわれた十一屋倉庫の壁外観。こうなってしまい。内側は既に解体が始まっている。かつて十一屋の敷地内で生活していた人が、こんなものを用意して、記録に来ていました。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  6. 十一屋ようやく 3月16日(木) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋ようやく 3月16日(木)

    十一屋社屋側の解体工事が始まった。社屋側とは表通りに面した側、ただし裏から。蔵造りではない倉庫はあっという間になくなってしまう。左手前の茂みはお稲荷さん。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  7. 十一屋いよいよ 3月11日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋いよいよ 3月11日(土)

    震災から6年、政府は区切りだと言っているが、黙とう。十一屋、工場部分はほぼ平ら。土間コンクリートなどもほとんどはぎとられて片づけられた。社屋側も片づけが始まっている。貧乏徳利なども運び出された。寄居、丸に十一などと読める。この景色もあとわずかか。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  8. 十一屋とうとう 2月19日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋とうとう 2月19日(日)

    寄居のランドマーク(と勝手に思っていた)白扇の煙突。醸造工場もほとんど片付いて。煙突をどうやって片付けるのか、見てやろうと思っていたのだが。土曜日の夕方、気が付いたらなくなっていた。やれやれ。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  9. 十一屋と東郷隆 1月22日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋と東郷隆 1月22日(日)

    解体工事は徐々に進む。土蔵は結構大変そう。       「我飢狼と化す」 著 東郷隆 「古家殿は、野武士でござるな」 「左様、洋式装備の野伏ですぜ」  作久左衛門も、容貌魁偉と評されたあの顔をぐしゃりとつぶして笑った。 「ただし、この胸の内には…」  自慢の英国式赤軍服の胸を叩いた。 「君家(徳川家)を心から愛す。その情が蜂の巣のごとく固まっておりますよ」  急に雑駁な口調に変...

  10. 十一屋だんだん 1月17日(火) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋だんだん 1月17日(火)

    倉の前の5本の木が倒された。手前は平らになってしまって、工事は奥へ進む。屋根に人が登って何が始まるのか。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  11. 十一屋、新年会そして雪 1月14日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋、新年会そして雪 1月14日(土)

    今朝は窓を開けると、うっすらと雪。昨日の十一屋、午前。午後、ゆっくりしたペースです。昨夜はR会の新年会、右端は町長。会場は鉢形の園、メンバーは寄居、花園、川本。〆は元町長、77歳になりました。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  12. 解体工事始まる 1月13日(金) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    解体工事始まる 1月13日(金)

    裏のほうからガラガラと音が聞こえてくる。屋根から瓦を落としている。十一屋の解体工事が始まったのね。奥に見えているのは白扇の煙突。建物の解体。杜氏さんが宿舎にしていた建物から。こちらにも煙突がみえる。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  13. 十一屋解体 1月8日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    十一屋解体 1月8日(日)

    公民館では成人式が執り行われているはず。昨日は工事関係者があいさつに来た。随分とヤキモキさせたが、いよいよ藤崎商店:十一屋の解体が始まる。表の社屋から裏の工場まで、平らになるのだ。生まれてから見てきたこの景色が変わるのね。変わっていく様子は、その都度また。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

  14. 地盤調査とクリスマスコンサート 12月25日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    地盤調査とクリスマスコンサート 12月25日(日)

    十一屋敷地の南端で。地盤のボーリング調査と思われる。開発申請がおりたのだろう。ゴスぺラ・ミュウのクリスマスコンサート。これから秩父歴史文化伝承館へ向かいます。出番が四回、その都度衣装替えがある。替えの時間がナレーションの間しかないところが二回。最後にもう一度CDをさらっておきましょう。La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ