南アルプスのタグまとめ

南アルプス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南アルプスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「南アルプス」タグの記事(37)

  1. 藪山讃歌【蕎麦粒山~寸又峡】⑤@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水) - 『山』がまんなか

    藪山讃歌【蕎麦粒山~寸又峡】⑤@南アルプス深南部 20...

    寸又峡へ下山する最終話のスタートです。第四部の記事へはこちらからどうぞ。 目覚ましに頼ること無く2:30に目が覚めた。体内時計はすっかり山時間にアジャストされているようだ。暗い内はガスに包まれ、雨かと思うほどにテントを濡らしていて心配したが、夜明けと共に抜けてくれていた。南西側では、気田川の源流部にそびえる高塚山が夜明けを待っている。廃村集落、京丸集落と共に訪れてみたい一座である。撤収中の御...

  2. 藪山讃歌【房子山~三ツ合山】④@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水) - 『山』がまんなか

    藪山讃歌【房子山~三ツ合山】④@南アルプス深南部 20...

    房子山を出発する第四部のスタートです。第三部の記事へはこちらからどうぞ。 房子山では、のんびりとした素晴らしい時間を4人で過ごした。H旦那さんは最近目覚めたのだというブッシュクラフトで、立派な杖を完成させた。私は景色をぼんやりと眺め、H女房さんは皆にお菓子を振る舞いながらお喋りを楽しんでいる。この先の予定は、鋸山~千石平~三ツ合山~山犬ノ段。進まなければならない行程はまだまだ長い。9:50、...

  3. 藪山讃歌【黒法師岳~房子山】③@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水) - 『山』がまんなか

    藪山讃歌【黒法師岳~房子山】③@南アルプス深南部 20...

    黒法師岳を出発する第三部のスタートです。第二部の記事へはこちらからどうぞ。 昨日と同じ2:30に目が覚めた。3人揃って体調良好、気温-2℃、快晴で迎えた3日目の朝である。撤収を済ませ山頂で朝陽を拝む。梢越しではあったが、富士山の横から昇る太陽が嬉しかった。山頂をふらついていると、一際美しい雪山が見えていることに気がついた。既に雪の消えた2000m級の山々とは存在感があまりにも違う。見慣れぬ方...

  4. 藪山讃歌【丸盆岳東尾根~黒法師岳】②@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水) - 『山』がまんなか

    藪山讃歌【丸盆岳東尾根~黒法師岳】②@南アルプス深南部...

    丸盆岳東尾根から稜線を目指す、第二部のスタートです。第一部の記事へはこちらからどうぞ。 起床予定は3:00だったが、2:30に目が覚めた。まだ時間も早かったので、続きが気になり本を読む。のんびりと朝食をとり、テント越しにHさん御夫婦へ挨拶を済ませて撤収を行った。鳥好きなH女房さんは小鳥の声を嬉しそうに聞いている。昨日の疲れはかなり取れているように見えたが、睡眠に失敗したH旦那さんの体は重たそ...

  5. GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 3日目後半 170503-05 - 週末は山にいます

    GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 3日目後半...

    GWの後半、5月3日~5日の2泊3日で、南アルプスの千枚岳(2,880m)と、丸山(3,032m)に登って来た。その3日目後半です。1日目はコチラ→GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 1日目 170503-05 2日目はコチラ→GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 2日目 170503-05 3日目前半はコチラ→GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 3日目前半 17050...

  6. 藪山讃歌【寸又峡~丸盆岳東尾根】①@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水) - 『山』がまんなか

    藪山讃歌【寸又峡~丸盆岳東尾根】①@南アルプス深南部 ...

    南アルプス光岳以南、2000m級の山群を深南部と呼ぶ。本州唯一となる原生自然環境保全地域を含み、人為的影響を受けずに今なお原生の姿のまま維持されているこの貴重な山域は、深い谷に寸断された複雑な地形を構成し、それぞれの尾根に幽玄の頂を乗せている。アプローチは長く、登山道も殆ど整備されていない上に、その多くは藪に覆われている。体力と経験、読図技術が必須となる、容易に人を寄せ付けることの無い「南ア...

  7. GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 3日目前半 170503-05 - 週末は山にいます

    GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 3日目前半...

    GWの後半、5月3日~5日の2泊3日で、南アルプスの千枚岳(2,880m)と、丸山(3,032m)に登って来た。その3日目です。1日目はコチラ→GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 1日目 170503-05 2日目はコチラ→GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 2日目 170503-05 いよいよ、千枚岳山頂、そして悪沢へのルート上にある核心部の確認に向かいます!それでは行きま...

  8. GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 2日目 170503-05 - 週末は山にいます

    GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 2日目 1...

    GWの後半、5月3日~5日の2泊3日で、南アルプスの千枚岳(2,880m)と、丸山(3,032m)に登って来た。その2日目です。1日目はコチラ→GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 1日目 170503-05 それでは行きましょう!朝はカレーから始まります。レトルトですけどね。「カレー曜日」がお気に入りです!昼飯用のベーコンも焼きます!お腹もいっぱいになったし、千枚小屋に向け出発しまし...

  9. GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 1日目 170503-05 - 週末は山にいます

    GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 1日目 1...

    GWの後半、5月3日~5日の2泊3日で、南アルプスの千枚岳(2,880m)と、丸山(3,032m)に登って来た。どちらもメジャーな山ではないけど、南アルプス南部を縦走した人なら聞いたことある山の名前だと思う。そうです、大縦走の端っこです。来年の正月には、悪沢岳登頂を目指していて、その偵察のために積雪状態のルートを歩いてみたかったんだ。当初は3泊4日の予定で、悪沢岳まで行く予定だったんだけど、...

  10. 深呼吸しましょ♫ - RING ring  !

    深呼吸しましょ♫

    本日、、、快晴 ☀白馬三山を背景に大出つり橋をパチリ ☆彡📷☆彡少しだけ色づいた若い桜たち.....銀色に輝くアルプスの山々。。。日本であることを忘れてしまう絶景に会えました♡カエルくん....ジャンプしているところを連写したいんだけどな~ (苦笑) ...

  11. GW前半は横窪沢小屋でマッタリ 170429-30 - 週末は山にいます

    GW前半は横窪沢小屋でマッタリ 170429-30

    ゴールデンウィークの前半戦は茶臼岳の登山道にある、横窪沢小屋に行ってきました。茶臼岳には登らずに、純粋に横窪沢小屋に泊まるために行きました。と言うのも、ゴールデンウィークは暦通りで、月、火曜はお仕事。3~7日はお休みなので、後半5日で南アルプスの南部に向かおうと考えている。なので、中2日でハードな山行はやめておこう、って思ってね。でも、山でマッタリしたいぜ!ってコトで横窪沢小屋まで行って来た...

  12. 水鏡 - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    水鏡

    本日も八ヶ岳南麓は良いお天気でした。そろそろ あちらこちらの田んぼで 田植えの準備のための水が張られ一年のうち 今だけしか見ることの出来ない とびきりの光景が広がります。今朝の南アルプスアサヨ峰~甲斐駒ケ岳鳳凰三山と北岳八ヶ岳は残念ながら 少し雲がかかってしまっていたので、また後日 再挑戦!。この美しい風景は、田んぼの稲が大きくなってしまうと見られなくなってしまうので本当に今だけの、とってお...

  13. 赤石山脈盟主への帰省⑤赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省⑤赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    樹林帯への下降を開始する第五部のスタートです。連日の激務で体調が優れず、ただでさえ遅い更新が派手に遅れてしまいました...。第四部の記事へはこちらからどうぞ。 11:10、万斧(マンノー)尾根に乗る(2770m)。ここから先、良く踏まれている千枚小屋へのルートとは違い訪れる登山者は極端に少なくなる。やや煩いハイマツ帯を進む。ナナカマドが秋色に燃えていた。樹林帯の手前で振り返ると、先程通過した...

  14. 2017.4.16桃源郷(釈迦堂遺跡博物館付近) - ダイヤモンド△△追っかけ記録

    2017.4.16桃源郷(釈迦堂遺跡博物館付近)

    文字通り桃源郷の世界です。

  15. 赤石山脈盟主への帰省④赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省④赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    千枚岳を目指す第四部のスタートとなります。第三部の記事へはこちらからどうぞ。 5:50、赤石岳を出発する。先行した登山者達は皆大倉尾根から下りて行く。どうしても赤石岳からの御来光を眺めたかったサンダル君は、明日に期待し延泊することを決めたようだ。大倉尾根分岐で登山者を見送り、まずは小赤石岳を越えて行く。06:02、「小赤石岳」(3081m)登頂。再び振り返り、まだ近い赤石岳を目に焼き付けた。...

  16. 赤石山脈盟主への帰省③赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省③赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    赤石岳避難小屋へと向かう第三部のスタートです。第二部の記事へはこちらからどうぞ。 11:35、標高3046mの主稜線に乗った。木々の紅葉には少し早かったが、ウラシマツツジは美しい絨毯となっていた。ゆっくりと山頂へ向かう。ときおりガスがかかるようになったが焦る必要はもう無かった。あの頂の先に見えるものは、幾度も眺めてきた脳裏に刻み込まれている忘れ得ぬ山岳風景だ。しかし毎回新鮮な気持ちで、胸が熱...

  17. 赤石山脈盟主への帰省②赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省②赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    椹島から赤石岳を目指す第二部のスタートとなります。第一部の記事へはこちらからどうぞ。 この日しか天候に期待が持てなかった為、初日に赤石岳を目指すことにした。椹島(1123m)から赤石岳(3121m)を目指す、CT8時間40分標高差1998mの行程となる。尚、聖岳~赤石岳~荒川三山(赤石~荒川三山)を縦走する際には、緩やかに標高を上げて行く荒川三山からの反時計回りをお勧めする。5:30、椹島の...

  18. 帰路 3日目 170318-20 塩見岳 - 週末は山にいます

    帰路 3日目 170318-20 塩見岳

    春分の日の三連休(3月18~20日)で南アルプスの塩見岳に登ってきました。最終日の3日目です。明け方ころから風が強くなって来たようだ。時折テントを風が揺らしてゆく。そのたびに、テントの内側に付着している霜が雪のように降り注ぎ、その冷たさで目を覚ます。再び眠りについても風が吹くたびに、霜の冷たさでまた目を覚ます。その繰り返し。シュラフに潜り込もうにも、ナンガのレギュラーサイズは俺には窮屈でどう...

  19. 赤石山脈盟主への帰省①赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省①赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    会社をさぼってどういう経緯があったのかは忘れてしまったが、四連休となったので大好きな山域を歩くことにした。聖岳~赤石岳~悪沢岳をのんびりと縦走したかったが、生憎天気がいま一つ。ならば、せめて一番良いタイミングを赤石岳で迎えようと、出発直前まで計画を練りに練っていた…。と、本文を書き進める前に、今回は情報のやや少ない南アルプス南部を代表する登山基地「椹島」(さわらじま)を利用した、この山域への...

  20. 敗退 2日目後半 170318-20 塩見岳 - 週末は山にいます

    敗退 2日目後半 170318-20 塩見岳

    春分の日の三連休(3月18~20日)で南アルプスの塩見岳に登ってきました。その2日目後半です!4人組が撤退したお陰(?)で、オレの中の甘えの気持ちがスーッと心から消えて行った。そうだよ!そうでなくちゃ!聖を思い出せ!実に凛とした気分だ(^_^)権右衛門山からは一旦下って樹林帯の中に突入する。で、いよいよ塩見の山頂に向かって登って行く。写真じゃ伝わらないけど、結構な斜度だよ。ラッセルです!ラッ...

1 - 20 / 総件数:37 件

似ているタグ