南国交通のタグまとめ (16件)

南国交通のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南国交通に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

山にへばりつく様にして、上へ上へ。この辺りは、バス通りから下った、平地に集落があります。堂山下です。少し前まではこの路線も鹿児島営業所管内だったらしく、バス停も鹿児島市内の西田橋の再利用です。

最後の一区間、岩井田から木場の間は、本当に濃いです。といっても、何もない景色が続くのですが。ヘアピンカーブを抜けて、高度を稼いだ先は…何もない。ひたすらにバスは走ります。一本道の、杉の木の間を抜けます。この木の間を抜けると、いよいよ木場の集落です。

川に沿って開けた谷間の集落を遡っていく木場線。川とバスを撮りたい!という、馬鹿の一つ覚えから生まれた写真。バス停はカーブのところに。岩井田。ここまで来ると、もうすぐ終点だよね~って雰囲気で。すでに人家が数軒しかなくて、もう終点やろってところなんですが。道幅はこんな感じで、ほどほどに狭いです。中型だとぴったりくらいです。

いよいよバスは堂山へと差し掛かります。この辺りから、堂山の集落が見え、ホッとします。木場から下ってきたリエッセ。3往復はリエッセが走るみたいです。堂山。右側に写っている小さいのが、バス停。南国交通名物、ミニミニバス停。基本的にミニバス停や古いバス停は、貴重な文化遺産を保護する名目でネットにはさらさないのですが、ここはいいんじゃないかな、と思って載せます。鹿児島の、このくらいの田舎の個人商店っ...

上中甑を過ぎると、再び集落が途切れて、山を越えます。このトンネル、なんか鬱蒼としていていい雰囲気です。内甑。割とちゃんとした小屋もあります。

上中甑をゆく南国バス。田園風景が続きます。バス通り。ほどほどに狭い道が続きます。日石三菱のスタンド跡。商店跡の隅に、上中甑。

上名から森へ入り、池平を抜け、少し開けた人の営みを感じられる場所。公民館前です。県道が分岐するところにバス停はあります。あいら交通のコミュニティバスは、どうやら右へと曲がっていくみたいです。

昼間でも鬱蒼とした道に、ポツンとバス停。池平です。雰囲気は最高によいです。この辺ですでに秘境感にあふれております。

上名の先で森に入ると、この先に何があるのだろう…と思わせるような、何もない雑木林の中を走ります。

森の中からパッと出てきたリエッセ。木場からの朝一発目。この辺はリエッセでもこの幅です。

秘境路線バスをゆく3(イカロス出版)が出ました。Amazonはこちら。ぜひお手に取っていただければ、と思います。というわけで、南国交通木場線。この路線の凄さは語るより乗るか見るかしていただくのが一番。こんな道です。中型バスがギリギリの幅の道があります。木場行に乗ると、この狭隘路に入る直前にバス停があります。奈良袂はコミュニティバスのバス停、木場線は上名です。どちらも南国交通の最新版のバス停。...

by さつませんだいバスみち散歩

川内川の河口近く、船間島(ふなまじま)工業団地内に「川内戦国村」があります。戦国時代の映画や大河ドラマで使用される甲冑を製作する企業として、国内外に名の知られた丸竹産業(創業時社名、2006年より丸武産業)の創業者、田之上忍氏が、自身の歴史的コレクションを展示したり、甲冑の製造風景を見学できたりと、川内でも屈指の観光施設です。1990年にオープンした施設ですが、この1月9日をもって一時閉館と...

by 気まぐれバスの旅

※続きです ①→http://wktk6816.exblog.jp/27404201/      ③→http://wktk6816.exblog.jp/27404491/9月11日=ルート=鹿児島中央→(南国交通「はまゆう」)→宮交シティ宮交シティ→(宮崎交通)→宮崎駅宮崎駅→(亀の井バス「パシフィックライナー」)→大分トキハ前大分トキハ前→(西鉄高速バス「NSとよのくに」)→西鉄天神BC...

今年一年、リンデンバスにお越しくださり、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

by さつませんだいバスみち散歩

「病院前」停留所のすぐ近く、国道3号線が大きくカーブする場所に「十本松ドライブイン」があります。私が物心ついた頃には既にありましたので、老舗であるのは間違いなく、ドライブインという名の響きも懐かしさを感じます。お昼時にもなると、大型トラックや外回りの営業マンなどの車はもとより、普段着姿の年配の方などが食事に訪れ、駐車場もいっぱいとなります。ここのおすすめは、名物の「ホルモン定食」¥885-。...

▲宮之浦神社と南国バス 九州縦貫自動車道吉田インターのすぐそばに鎮座する鎮守神社は、その地名が示す通り、宮之浦地区の中心に位置します。付近の地名はこの神社を中心に宮東・宮西などと名付けられており、学校の名も宮小学校となっています。 現代の鹿児島で宮之浦といえば、古くからの集落がある神社周辺のことよりも、北東側の山間部に建設された一大住宅ニュータウン・宮之浦団地の方を示すことが多いかもしれま...

似ているタグ