原田マハのタグまとめ

原田マハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには原田マハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「原田マハ」タグの記事(8)

  1. 徒然に近況やら、『風神雷神』読んでるよってことやら - in my humble opinion

    徒然に近況やら、『風神雷神』読んでるよってことやら

    しばらく読めずに溜まっていた新聞小説『風神雷神』(作・原田マハ)を一気に読んだが、ついに登場してきたなー、あのお方が。って、地方紙を読んでいらっしゃらない方には何が何やらな話で、すみませぬ。まあ、当方の購読紙に先行して連載が始まった掲載紙も9紙ほどある(原田マハ公式サイト参照)みたいなので、そちらをお読みの方々にとっては「何を今さら」という感じかもしれない。唐突ながら…お盆やらお正月って、と...

  2. 本日は、お日柄もよく - 新 LANILANIな日々

    本日は、お日柄もよく

    スピーチライターのお話これ、とっても面白くて読んでて楽しかった。最近は披露宴に招かれることもなくなったけどスピーチ、苦手なんだよなあ。父は仕事をしていたとき、ときどきスピーチを頼まれて自宅で原稿を書いて練習してました。いっとき、“話し方教室”にも通ってた(根が真面目な人なんだろうね)父は弔辞を頼まれることもあり祖母や親せきの叔母の弔辞も亡くなった人の 人となり やエピソードが織り込まれていて...

  3. 京都 初夏 2017 - 木造三階建の詩

    京都 初夏 2017

    京都に行ってきました。と言っても、お仕事ですが。仕事を終えた翌日、駆け足で京都の街を少し散策しました。あまりに街中にあるせいで、中学校の修学旅行以来、ついつい通り過ぎてばかりいた知恩院。宿から一番近いお寺に入りました。こんな市中(祇園のすぐそば)にあるのに、なんて広いのでしょう。阿弥陀堂から修理中の御影堂の脇を抜けて方丈庭園へ。美しい池の庭をゆったりと眺めてから、除夜の鐘で有名な大鐘楼へ。こ...

  4. 原田マハの新聞小説 - in my humble opinion

    原田マハの新聞小説

    今週半ばくらいからは梅雨らしい天気になりそうだ。今月から始まった原田マハの新聞小説、欠かさず読んでいる。俵屋宗達の研究者・彩が主人公。生粋の京都人で、京大卒の才媛。宗達といえば『へうげもの』に登場しているよねー…くらいの認識で、管理人が他に彼について知っているのはせいぜい「琳派の祖」といわれている、ということくらいだ。宗達作といわれる風神雷神図はいろんなところで取り上げられているから実物は見...

  5. 📕「暗幕のゲルニカ」原田マハ(#1743) - 続☆今日が一番・・・♪

    📕「暗幕のゲルニカ」原田マハ(#1743)

    もう8年ほど前になりますが、ツアーで駆け足スペインを旅行した際、マドリッドのプラダ美術館でゴヤやベラスケスの名画を鑑賞した後ソフィア王妃芸術センターという美術館へ立ち寄りました。ここは本当にゲルニカを見るだけのために訪れた場所。レプリカではない、ナマのゲルニカを見るのは初めてのことでとても強い印象を受けました。なぜこの絵が門外不出なのか本書を読んで納得し、あのときもっとしっかり観ておくべきだ...

  6. 『恋愛仮免中』 - そらみみふろっぐ

    『恋愛仮免中』

    恋愛小説アンソロジー『恋愛仮免中』奥田英朗、窪美澄、萩原浩、原田マハ、中江有里・著文春文庫・刊装丁は野中深雪さん。装画は恋愛免停中の浜野史子が担当致しました。----------------------------------------------------------------

  7. 『総理の夫』と、女の戦闘鞄 - マイニチ★コバッケン

    『総理の夫』と、女の戦闘鞄

    原田マハさんの本。社長図書より拝借。政治関係の話なのかと思ったら、主人公である夫の、日記形式でゆるく話が進んでいく感じで、「俺が家族を守る!」とは次元が違う、戦う妻をさりげなく、それでいて男性らしい包容力で力強く支える夫の成長物語、みたいなストーリー。最終的には「ああ、そういうことね!」と、男女雇用均等法ドストライクなマハさんらしい結末でした。トップを走る女性にとって、こんなに心強いパートナ...

  8. 読んだ本 原田マハの「リーチ先生」 - YUKKESCRAP

    読んだ本 原田マハの「リーチ先生」

     春になると、ワクワクと各地で行われる窯元めぐりなどしてます。昨年は、益子焼の濱田庄司に関する本をたくさん読んでいましたが、大好きな作家、原田マハさんが、バーナード・リーチについて書いた小説があって、図書館の予約を待ってようやく手にしました。 ピカソや、ルソーを主人公にした原田マハの小説は大好き。キュレターだった原田目線の美術小説。今度は民藝の第一人者のリーチのこと、楽しく読みました。柳宗理...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ