古代史のタグまとめ

古代史」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには古代史に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「古代史」タグの記事(5)

  1. 櫛田神社 境内社 - 《 磯 良 の 海 》

    櫛田神社 境内社

    ジリジリと灼けるような陽射しの中夏越しの祓い の 山笠神事を終え 〈鎮めの能〉の余韻が 幽かに 境内に残る博多の総鎮守 《櫛田神社》に 寄りました神社の宝物 として残る 一枚の 〈山笠絵馬〉を 確認したくて 社務に寄ったのですが残念なことに 今後は 門外不出 だと言われました福岡市博物館 で 5年前の イベントに展示されていたんですが何か トラブルでもあったのでしょうか そんな事を 匂わす...

  2. 朝倉山 の 鬼 - 《 磯 良 の 海 》

    朝倉山 の 鬼

    桂川 の氾濫に崩れた 比良松中学校福岡の朝倉市 大分の日田市を中心とした 豪雨災害は有明海に流れ着いた 5人の遺体が見つかり 死者は 23人になったといいますしかし 朝倉では まだ多くの未確認の方が多く 祈りは続きます先月 私は 穏やかな初夏の風に包まれた 朝倉の里 を訪ねたばかりでした濁流に流され 修羅と化した 景色は まるで 悪夢です日本書紀の 「斉明紀」に 朝倉山の記述があります斉明天...

  3. 六郷満山 - 国東考 - 《 磯 良 の 海 》

    六郷満山 - 国東考

    両子寺今 密かに 人を惹きつけている 場所がありますそれは 世界遺産登録で浮かれた 宗像 ではありません国 の 東 の 地 です 〈くにさき 〉と呼ばれた 場所です国の東にある 処 であるとすればここで言う 国とは 何処を さしたのでしょうね大分の 北東部 に位置する 国東半島 は豊後高田市、国東市、杵築市 を擁し北には 姫島が浮かぶ 神と仏が息づく 神秘の半島なのです国東半島 の 航空写真...

  4. 「だめだし日本語論」 - 気まぐれ感想文

    「だめだし日本語論」

    橋本治、橋爪大三郎著。太田出版。次々と本を出されているお二人の対談本。「日本語は、そもそも文字を持たなかった日本人が、いい加減に漢字を使うところから始まった―成り行き任せ、混沌だらけの日本語の謎に挑みながら、日本人の本質にまで迫る。あっけに取られるほど手ごわくて、面白い日本語論」と、紹介されている本です。 確かに面白いけど手ごわい本。手ごわいというか、あやふやなものを掴む感じというか、範囲が...

  5. 地禄神社 と 埴安神 - 《 磯 良 の 海 》

    地禄神社 と 埴安神

    博多区 青木 の 地禄神社(空 sofa そら) さんの ブログより福岡市近郊の神社を調べているとしきりと出てくる同じ名前の神社がありますそれは 《地禄神社》と 《埴安神社》です《地禄神社》は 博多区に 5社 〈堅粕〉・〈上牟田〉・〈竹下〉・〈青木〉・〈上月隈〉南区に 4社 〈塩原〉・〈向野〉・〈三宅〉・〈井尻〉早良区に 〈野芥〉地禄天神社春日市に 〈春日〉地禄神社大野城市には 5社〈仲畑〉...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ