名所旧跡のタグまとめ (14件)

名所旧跡のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには名所旧跡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 子猫の迷い道Ⅱ

・ カタクリ ・ 先週まだ早いかなと思いましたが、殿ヶ谷戸庭園にカタクリを見に行きました。殿ヶ谷戸庭園に着いたのは15時過ぎていました。ほんの数輪咲いていました。当日の朝に咲いたばかりだと係りの人が話してくれました。前の日だったら見られなかったのです。・ ベニコブシ ・ コブシの仲間ですが、花びらが細長く大きく開きます。花びらがピンクのものはベニコブシ(紅拳)と呼ばれます。・ ウメ ・ 綺麗...

by 子猫の迷い道Ⅱ

自然教育園での写真がまだありました。・ モクレイシ ・ 小さな花で雌雄異株です。雌雄異株ということは帰宅後、調べていてわかりました。前もって分かっていれば、両方の花があるか、ちゃんと確認してきたと思います。雄しべが目立つのが雄花、雌しべが目立つのが雌花で、花弁は、雌花が小さいそうです。写してきたのは「オバナ」ばかりでした。 ツルレイシ(ゴウヤ)のような 赤い種子が生るので、モクレイシという名...

by 子猫の迷い道Ⅱ

自然教育園を含む白金台地は、洪積世(20~50万年前)海食によって作られました。園内から縄文中期(紀元前約2500年)の土器や貝塚が発見されていることから、この時代には人々が住んでいたと考えられます。江戸時代になると、増上寺の管理下に入りましたが、寛文4年(1664)には、徳川光圀の兄にあたる高松藩主松平讃岐守頼重の下屋敷となり、園内にある物語の松やおろちの松などの老木は、当時の庭園の名残で...

by スーさん旅日記

見晴広場 お花見ランチ!広場を歩き御成門に向かいます賑やかな園児の一団淡紅と白、紅、絞りなどを1本で咲き分ける(思いのまま)雲ってきました紅白揃い踏み紅梅人々の感嘆の声が聞こえてきますツグミさんに別れを告げてバス停に向かいます・・・おしまい

by スーさん旅日記

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつです 天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い「偕楽園」名づけました三名園で唯一入園料は無料です小路が何本もあり迷いそうになります梅林を右往左往梅の古木に元気をもらいます梅林を出ると梅大使と黄門様が記念撮影・・・つづく

by スーさん旅日記

偕楽園は、水戸徳川藩第9代藩主徳川斉昭(烈公1800~1860)が 造園構想を練り創設したものです偕楽園内での居所、休憩所・敬老会・宴会など各種催しに利用されました手入れの行き届いた庭園を眺め振り返ると素晴らしい意匠の襖ここを通ると千波湖と拡張部の梅林左が梅林になります訪れる人が増えてきました好文亭を辞し梅園に向かいます・・・つづく

by スーさん旅日記

121回を数える「水戸の梅まつり」 露店はこれから清楚な白梅バスを降り暫く歩くと東門咲いてます!咲いてます!園内には約100品種3,000本もの梅があります品種の多さで「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができます梅林を彷徨います売店は開店準備好文亭に向かいます55代目水戸の梅大使好文亭に到着です・・・つづく

by 子猫の迷い道Ⅱ

昨日は初詣に行ってきました。ここ何年かは元旦には行かず2日、3日に行くことが多かったのですが、ぽかぽかと暖かい元旦だったので、行こうと思いました。・ 乗蓮寺 ・ 応永年間(1394~1428)了賢和尚が創建したといわれ、徳川家康より朱印地10石を賜っています。 8代将軍吉宗が鷹狩りの際に雨宿りをしたのが縁で、その後 御膳所となり境内には御座所と御成門が設けられました。青銅造りの高さ8.2メー...

by 子猫の迷い道Ⅱ

・ 東京大仏 ・ 久しぶりに東京大仏を写しました。桜やイチョウの木に葉っぱが茂っている時は写したいと思う構図では、それが邪魔して顔などが隠れてしまっていました。上京したばかりのころはちょっと離れた場所のどこから見ても木の枝などに隠れることはなかったのですが、それだけ年月が経ったということでしょう。 山門を本堂側から写しています。赤いのはカエデですが、このように丸く形づくられているのは他では見...

by 子猫の迷い道Ⅱ

・ 小石川後楽園で ・ 12月とは思えない暖かい日が続いています。小石川後楽園に行ってきました。小石川後楽園については、これまで何度も説明を載せているので、簡単にアップすることにしました。円月橋大堰川にかかる渡月橋 丸屋 昔の田舎のわびた茶屋のたたずまいを現しています。涵徳亭ニホンスイセン花菖蒲園で、日本水仙が咲いていました。大泉水にいた鳥たち・ オオバン ・・ マガモ ・ ・ コサギ ・・...

by 子猫の迷い道Ⅱ

・ 諏訪神社 ・ 噴水のある公園に行った帰りバスに乗らず、滅多に通らない道を歩くことにしました。途中に諏訪神社があったので入ってみました。  創建は文明年間といわれ、赤塚城主千葉自胤が信州諏訪大社の分霊を勧請して武運長久を祈願してここに祀り、赤塚城の鬼門除けにしたと伝えられています。御祭神は建御名方神(タケミナカタ)です。田遊びが有名で、国の重要無形民俗文化財に指定されており、田遊びが行われ...

by 子猫の迷い道Ⅱ

・ 平林寺にて ・ 平林寺ではたくさんの写真を写したのですが、載せられなかった写真の中からピックアップして今回で終わりとします。道路を挟んだ反対側に「睡足軒の森」があります。新座市の管轄で、平成14年11月1日にオープンしました。平林寺の睡足軒や坐禅堂を改修したもので、古民家の睡足軒は茶道、華道、俳句などの日本文化を楽しむサークルなどにご利用できます。この園庭も、新緑や紅葉の季節など、年間を...

by 子猫の迷い道Ⅱ

・ 大河内松平家廟所 ・ 大河内松平家は、第3代将軍徳川家光、第4代将軍家綱に老中として仕えた松平伊豆守信綱が興した一族です。3,000坪の墓域に160基余りの墓石を配する、全国有数の廟所です。松平信綱夫妻墓もここにあります。 恒例となりました石燈籠の穴から見える紅葉を今年も写してきました。 本堂の横からまっすぐに続き、座禅灯籠と背の高い松が厳かに立ち並ぶ霊廟参道は平時は通行はできません。参...

by 子猫の迷い道Ⅱ

・ 平林寺にて ・ 今年は平林寺(埼玉県新座市)の紅葉は遅いかなぁとのんびりしていたら、色づきが早かったようです。行かなくちゃと思っている時に、他の方のブログで素晴らしい紅葉だったとの写真を見ました。そのあと、54年ぶりの大雪となりましたが、雪と紅葉と写す機会はめったにないと思い、翌日に行ってきました。落葉も多かったのですが、まだ綺麗な部分もあり、雪とのコラボは良かったです。今日は、雪のある...

似ているタグ