吹きガラスのタグまとめ (44件)

吹きガラスのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吹きガラスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

 例えば箸置きですが、普通に日常を過ごしていて箸置きがないからってくたばるような事はないでしょう。ペーパーウェイトだってそう。その辺の物で押さえときゃ、それで困るモンでもないようです。そういってしまえば、いらないもの。なくても、大丈夫。これを若干、極端に捉えるならば、食事だって、栄養だけ考えるならドレッシングなんてなくていい。だいたいの調味料はいらない。服なんて貫頭衣みたいなのの冬物と夏物ぐ...

by petit verre journal

オーダーグラスの出来上がりです。よろしくお願い致します。maina170222-1

 浦安荘でインフルエンザが流行してしまいました。利用者の皆さんには予防接種もちゃんとしてもらったのですが、流行るときは流行る、感染るときは感染るようです。保健所さんのご指導を頂きつつ対策してどうにか収束しつつあるのですが、ガラス幸房は来週の火曜日まで臨時休業しております。ありがたい事に幸房のメンバーにはインフルエンザにかかった人は今のところいないので、火曜日には再開できそうです。不幸中のサイ...

 SEOHは朝幸房に入ってくると大きな声で挨拶をして、だいたい、いきなり窓を開けます。寒いとか暑いとかはその後で気にするのです。昔いた幸房職員の王子は、吹き竿をくわえて歩くときマーチングのような歩き方をします。まっすぐ前をみて、足を高く小刻みにして進むのです。今も時々手伝いに来てくれる元幸房職員の魔王は、製品の仕上げをするときぺロッと舌を出します。手元に力を込めつつもリラックスするためかと思...

工房に遊びに来たお客さんが写真を撮ってくれた。作業をしている写真て少ないから嬉しい。もう少しかっこいい格好しておけば良かったな。この日、気温プラスだったからとにかく暑かった。本日もワンクリックをお願いします。→人気ブログランキングへ2017.2.14 → 2.19 奏であう。札幌・TEMPORARY SPACE札幌市北区北16条西5丁目1-8 斜め通り西向きTEL : 011-737-5503

 大半の方にはわけわかんないであろうタイトルでございます。これ米津玄師さんという方の曲で、もう大変な日々がどうにかなっちゃえばいいのに! なんて思いながら、普通の日々をやっとこさ送る…みたいな歌(だと思う。なにしろテンポが早い曲で^^:)のタイトルから。この米津さん、若い方に随分人気みたいなのですが、ウチの次女ちゃんが大ファンなのでおっさんの私も結構聴いてます。良いです。そんなわけで(どんな...

by petit verre journal

2016.12.17-2017.2.1210:00-19:00Bunkamura ザ・ミュージアム昨日行って来ました。大盛況の中...北欧の感じを満喫です。その足で...銀座のショールームへ土屋ホームトピアさんに伺いました。吹きガラス作品のカタログを置いて参りました。家を新築・リフォームされる方々に見て頂ければ幸いです。銀座ショールーム11:00-16:00東京都中央区銀座3-8-10銀座朝...

 しつこいようですが、インスタグラムをやってます。うらやすガラスを少しでも多くの人に知って貰いたくてはじめたのですが、これがなかなか勉強になります。写真の勉強にもなるし、吹きガラスやとんぼ玉の凄い上手い作品を見たりはもちろんなのですが、お花屋さんとか、お酒好きの方とか、自然石を使ったアクセサリーとか、料理とか、書道とかも、すごく。ああ、こういう風にするといいのか。とか。こういう美しさ、カワイ...

by うつわ楓店主たより

クリアのガラスに白いガラスを被せて形を吹き、上から又クリアガラスを被せた三重構造のガラスのうつわです。口が広いので飲み物を注ぐのももちろんですが、デザートように使うのもスプーンが使いやすい形をしています。苺のジュレと苺を層にしたデザートです。サイズは均一ではありませんが 口径約105ミリ 高さ93ミリ  3240円プレート 径250ミリ 厚さ15ミリ  10800円南沢奈津子さんの真鍮のスプ...

by petit verre journal

ヴァレンタインカラーの「マカロングラス」Now on Sale !maina

 穏やかな気候がウリの岡山も、めっきり寒い日々が続いています。仕上げ窯の前は相変わらずの60℃越えですが、そのほかの場所はそれなりに寒くなりました。いちおーここもも冬なんだなぁと思ったり。冬の陽ざしは角度が浅くて、幸房の窓辺なんかいい感じに明るくてなんだかほっとします。気がつけば、夏場だと光が差しにくい幸房の奥の棚にも光が当たっていました。これが、意外に(?)いい感じ。ガラス製品は光に当たる...

by petit verre journal

写真とは違いますが...フラワーベースの旅立ちです。和風な感じの模様のガラスです。気に入っていただけると幸いです。maina170118-1

 めったにあることではありませんが、何もしていないのに、コップが急に割れたことがあります。ホラーな話ではなく、徐冷(ゆっくり冷ます)の工程がうまくいっていなかったり材料の不具合だったりだと思うのですが。さっきまで普通に棚に置いていたのに、ぴし。と、急にヒビが入るのでかなりびっくり。似た現象として、熱いお湯を入れた時や、逆に冷たい物を入れておいて急に温めた時なんかがあります。ガラスは熱の伝導率...

by petit verre journal

本日旅立ちです。気に入っていただけると幸いです。酉年に向けて「bird-bowl」製作していきます...maina170113-1

by petit verre journal

今日は吹きガラス初め...春らしい作品を...maina

 Iさんは歌うフタとり職人です。いつも右と左違う大きさのフタを取って働きます。いつもハキハキ挨拶をしてくれます。朝は何故か排便の回数を大きな声で教えてくれます。作業開始時間には少し甘いですが、休憩時間は見逃しません。休憩時間にはみんなの飲む冷たい麦茶を用意してくれます。そして自分で作詞した、少し不思議な歌を聴かせてくれます。(メロディは何かのパクリだそうです)いつも作業の流れを目で追って、み...

吉田拓郎さんの名曲の一節なんかタイトルにつけて、2017年の初更新でございます。年齢がばれます。でも良い曲です。実は今日、またうらやすガラス幸房はピンチを迎えております。ちょっとしたミスから、なかなかの大ピンチに発展です。多少ココロも折れそうですが、ここは踏ん張り処。目の前のコップの水をひといきに飲み干せば 傷も癒えるしそれからでも遅くない。そんな事をつぶやいてみる、波乱含みの一年の始まり。...

 今年もいよいよあとわずか。皆様はどんな一年だったでしょうか?幸房は、そりゃもう波瀾万丈。坩堝に穴があいて溶けた材料が流れ出した事も(炉床ごと取り替える大工事になりました)。メンバーさんが倒れて救急車呼んだ事も(結局、無事だったのでホッとしました)。今となってはいい思い出です。他にもseohが徐冷窯でピザ焼いたり。seohが徐冷窯でイモ焼いたり。売上ゲッター新人職員エダ(通称アキンドゥ)の活...

 サンタが街にやってきたりする今日も、吹きガラス三昧。クリスマス風味少なめなうらやすガラス幸房でございます。メンバーさんも「世の中クリスマスなのに」なんてことはぐっとおなかに仕舞い込んで頑張ってくれました。そんなひとり、Sノブさんはポンテとハライを担当しています。ポンテというのは細身の竿の先にちょぴっとガラスをつけて尖らせた物を、製品の底につけて吹き竿を外す役割で、吹き手と息を合わせて行うデ...

by うつわ楓店主たより

五十嵐智一さんからイブに届いたワイングラスです。グラスの部分とステムを別々に吹いて接着する作り方ではなく、一体型になっています。口径70ミリ  高さ120ミリ(個体差があります)  口元までで約180cc入ります   4860円年明けの個展では新しい試みの作品も沢山並びます会期:2018年1月25日(水)~30日(月)HPの個展日程をご覧になって下さい。

似ているタグ