呉のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには呉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「呉」タグの記事(8)

  1. 呉の聖地巡礼 - Chaoの日常

    呉の聖地巡礼

    先日のお休みの日に、呉へ遊びに行ってきました。「この世界の片隅に」の聖地巡礼をしに。あの映画を見て、純粋にすずさんがいた場所に行ってみたくて何か感じるものがあるかなぁ?と思い、行ってみた。広島に住んでいながら、呉のこと実はあまり知らなくて呉の友達も多いのに、行ったこともあまりなくて、呉に行ってみて、とってもいいところだなぁ。と思った。すずさんのいた場所は思った以上に、坂が多くて、今でもとても...

  2. 4/5 灰ヶ峰 - Dameba ~motorcycleでいろいろなところに出かけるブログ~

    4/5 灰ヶ峰

    竹原から灰ヶ峰を目指す。山登りの前の休憩。山の裏からのルートが悪かったのかあまりよくない道で少し苦労した。しかし、ここの眺めはすごい。(風も強かったが)呉にツーリングに行くならぜひ行った方がいいと思う。まあ、呉に行ったら軍艦とか見て時間潰れちゃうけどね!真下に海上自衛隊の本拠地呉を見下ろす。話題の「かが」ヘリポートが5つあるから多分そうだろう。ヒエー、バイクがひっくり返るかと思ったよ。にほん...

  3. 大和ミュージアム - Fire and forget

    大和ミュージアム

    ミリタリヲタですが、いちばんの関心は鉄鳥なので、これを目当てに訪問。ここの主役はもちろんこれ。模型でもここまでデカいと、戦闘機の地上展示並。異次元の迫力です。こうして俯瞰できるのは嬉しい。でも、気分は米軍機のパイロット。展示物の解説は、軍事的なことはひとまず横に置いて、当時の造船技術の到達点として呉のお国自慢をしている印象。海外も含め観光客の間口を広げるにはよいアイデアですね。軍事的にアレだ...

  4. てつのくじら館 -2- - Fire and forget

    てつのくじら館 -2-

    館内展示のテーマは、潜水艦と掃海。機雷や魚雷や掃海具など、ヲタにはたまらないものが展示されています。ニコ爺が吹聴しまくるに違いない展示品。ちなみに、この時代のニコンの最高級機はF4でしたけど。筆者的に萌えたのがこれ。DASH。解説の隊員さんいわく「いま流行のドローンのはしりですよ」。ところで、海自での正式名称は何だったんだろう。DSNかQH-50か、それともDASHか。うかつにも聞きそびれま...

  5. 潜水調査船「しんかい」 - Fire and forget

    潜水調査船「しんかい」

    大和ミュージアムの屋外展示物ですが、潜水艦の隣(というには離れているけど)にこういう船を展示するは、ナイスなアイデアだと思う。▼カメラXQ1▼てつのくじら館http://aim7.exblog.jp/23775302/

  6. てつのくじら館 - Fire and forget

    てつのくじら館

    潜水艦を地上展示、というのは面白いアイデアですが、本当に実行するのは凄いことだと思う。そして、いちばん撮影ポイントが大和ミュージアムの中、というのも、うまい戦略だと思う。でも、駐車場のボラードが砲弾というのは、ちょっと凝り過ぎだと思う(笑)▼カメラXQ1▼呉駅 JR西日本呉線67kmポストhttp://aim7.exblog.jp/23770304/

  7. 呉駅 JR西日本呉線67kmポスト - Fire and forget

    呉駅 JR西日本呉線67kmポスト

    仕事日の翌日は、大和ミュージアムとてつのくじら館を目当てに呉へ行きました。でも、こういう物件も見逃せません(笑)Wikipediaによると、三原駅から67kmとのこと。▼カメラXQ1▼稲荷大橋http://aim7.exblog.jp/23767832/

  8. この世界の片隅に - 必撮!勤め人

    この世界の片隅に

    ※呉、X-T2+VPB-XT2+Touit 2.8/50M、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化先月「この世界の片隅に」を新宿で鑑賞。クラウドファンディングで資金を集めて制作されたアニメ作品だが募集中のサイトを見た事がある。しかし、金銭的に余裕が無い時期だったので気になったけど忘却の彼方へ……ネットで上映の情報が流れた時に思い出したのだが、其の時に気懸かりだったのは声優だ。昨年大ヒット...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ