和歌のタグまとめ

和歌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには和歌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「和歌」タグの記事(5)

  1. キミがよくてもシロミがまずけりゃ - 憂き世忘れ

    キミがよくてもシロミがまずけりゃ

     「村上かるた」です。   キミがよくてもシロミがまずけりゃ 「キミがよ」は誰でも気づきます。安西水丸さんのイラストは「黄色い日の丸」ですし。 「キミがよ」が何を表しているのか。それは「くても」にスムーズにつながるものでなければならない。 前に書きましたが「君が代」の本歌は「わが君は」ではじまる和歌です。 「キミがよ」=和歌=若。 ビンゴでしょ。 「若くても」と読める。 さあ「若くても、○○...

  2. 「愛誦歌4首」 - 晴読雨読ときどき韓国語

    「愛誦歌4首」

    受講中の韓国語講座で、「日本の詩歌を韓国語に翻訳する」という課題が出されました。好きな短歌の中から現代短歌2首と万葉集の歌2首を選んで訳し、作者についての簡単な紹介を添えました。(2017年7月10日提出。) シルレア紀の地層は杳きそのかみを海の蠍の我も棲みけむ  明石海人          실루리아기의 지층도 아득히 먼 그 고생대를 바다의 전갈로 나도 살았으리라 園...

  3. 何回ひねるか - 憂き世忘れ

    何回ひねるか

     源氏やら和歌やら「村上かるた」などを解いていると、こういうヒネリがあったか……と、クロスワードのカギにとても役立ちます。 今日も「クリントン(大統領)」というワードのカギで、この人の前後がブッシュさんということで。 ちょいヒネりますと「前後にブッシュさん」。 もう一回ひねると、「前後にヤブの大統領」 二回ひねると「ヤブの中に立つ大統領」 三回ひねると「ヤブの中の人」「ヤブの中」 こうなると...

  4. 「なこその関」って何ですか - 憂き世忘れ

    「なこその関」って何ですか

     和歌に登場する「なこその関」ですが、歴史的な文献にはまったく登場しないそうです。 古典の研究者さんは、呼子鳥なども、実在の鳥の中から、鶯だナンダカンダ……。 和歌には下品な言葉は使えないので、泥棒なども、雅やかな言葉に変えて表現しているのだろうと思いませんか。 だから「なこその関」もね、言葉の上だけの関だと思います。 すぐに思いつくのが「な」を越すです。「いろは歌」ですと「らむ」。五十音で...

  5. 入佐山(いるさのやま) - 憂き世忘れ

    入佐山(いるさのやま)

     百千鳥などと同様、この入佐山もはっきりしないものらしい。 実在する地名で「歌枕」ということになっています。一方で、月が山の端に沈むときを「いるさの山」に掛けて使うとも書いてあります。 「源氏物語」の和歌に、二回出てきます。「定説」は無視して、深読みいたしますと、式部姐さんは地名として使っていません。 「里(さと)」という言葉と組み合わせると、「いるさ」=「とはいらない」=戸隠となります。も...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ