哲学のタグまとめ

哲学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには哲学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「哲学」タグの記事(16)

  1. そもそも論 - カミナリハリナミカ?

    そもそも論

    長男が中学1年生ですが、ひと月後にははじめての中間試験があります。まぁ本人が努力するしかないわけですが、英単語を覚えたり、重要語句を覚えたり、物事をしっかり理解したり。もちろん蔑ろにしていいわけではないのですが、そもそもなぜ学ぶ必要があるのか。そこの教育をしっかりする必要があるんじゃないかなと思うのです。そこを無しに枝葉末節をいくらやっても薄っぺらい感じがしますし、本当の学問じゃない。まぁ大...

  2. 読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつか 今日で最後です。 - 「仕方ない」 もう言い飽きました。

    読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつ...

    こんばんは もくれん です。本日で最後になります。ネタバレ注意でお進みくださいませ。次に気になったのは 第4章の中の 成功者は、「運命」を運んでくることができる です。運命。これは変えられないっていう人もいるよね。でも宿命は変えられるとか?明確な違いはよくわからないけれど、より良い方向に変わろうとする意志と行動が運命を変えることもあるのかも知れない。そして言葉を大事にするらしい。成功者は、悪...

  3. 読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつか もうちょっと続きます。 - 「仕方ない」 もう言い飽きました。

    読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつ...

    こんばんは もくれん です。早速昨日の続きです。これより先ネタバレ注意でお進みくださいませ。次に気になったのは 第2章の中の 勝負すべき自分のフィールドを知っている者だけが、成功する・過去を潔く斬り捨てる人間だけが、チャンスをものにする・「待つ力」を持っている人間がチャンスをつかむ の3つです。勝負すべき自分のフィールド...。う~ん、なんだろう。誰だって得意なことや、向いている事はあるよね...

  4. 読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつか 続きます。 - 「仕方ない」 もう言い飽きました。

    読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつ...

    こんばんは もくれん です。久しぶりの読書感想。 角川いつかさん の「 成功する男はみな非情である。」です。これは小説ではなく 人生・生き方 に分類されるものらしい。じつはこれはずいぶん前に買って読み終わっていたものです。でも、時々(年に1回くらい)読み返したりして。去年の秋ごろは持ち歩いていました。なんとなく気になる章があって角を折っては読み返したくなったんです。さてさて、その内容とは.....

  5. 科学の精神 - ”22世紀のドラえもん” ( 未来創造科学)

    科学の精神

    科学の精神1遊ぶ科学は心を遊ばせることから始まります。2自然自然に触れることです。人から学ぶことも大事ですが、自然を見ることで自然は多くのことを教えてくれます。自然とは人間の頭では計り知れない大きさを持っています。3発見自分自身の好奇心から様々なことに興味を持ち、発見します。科学だけでなく、非科学・娯楽・芸術・漫画でも何でもいいのです。その興味を持ったことからヒントを得て、結びつける。人は考...

  6. 情報戦 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    情報戦

    情報に翻弄されて不安になっているときは、一度立ち止まって深呼吸をして、自分の足元を見つめ直した方がいい。その不安は他者に対する不安ではない。あなた自身の不安なのだから。電話の向こうの人に、そう話をしたくなることがあるけれど、正面切ってそんなことを言うのは難しいです。不安を解消したいという欲に突き動かされている人に、いや大丈夫と話しても、全く効果がないどころか、むしろその欲を制止・抑圧されると...

  7. 伸びる人 - 日暮らし学生の不毛な日記

    伸びる人

    個人的見解能力があるといっている人は絶対に伸びない伸びしろがあるといっている人は可能性がある(無論行動をしてこそだが)

  8. 富裕とワガママ - ラマがいない生活

    富裕とワガママ

    心地よい風が吹くある春の日、通勤中に驚く発見をする。毎朝通りすぎる池で、小さな子供が溺れかけているのだ。“Restoration of the Apparently Drowned. Howard’s Method” (detail), in The Household Physician (1874). Public domain.池に飛び込めば、着ている500ドルのスーツとイタリア製の靴...

  9. パスカルの悩み(PART 1) - デンマンの書きたい放題

    パスカルの悩み(PART 1)

     パスカルの悩み(PART 1) (pascal92.jpg)(question.gif)(betty01.jpg)デンマンさん、パスカルというのは、「人間は考える葦である」と言った あの偉大な哲学者のことですか?(kato3.gif)そうです。。。 ベティーさんは意外に物知りですねぇ~。。。その程度のことは、その辺で遊んでいるミーちゃん、ハーちゃんでも知ってますわよう。...

  10. パスカルの悩み(PART 2) - デンマンの書きたい放題

    パスカルの悩み(PART 2)

     パスカルの悩み(PART 2)【ジューンの独り言】(bare02b.gif)ですってぇ~。。。あなたは、デンマンさんのお話を聞いて宇宙には“交通整理のお巡りさん”がいると信じることができましたかァ?確かに、地球が秒速 29.78 km で動いているなんてぇちょっと信じられませんよねぇ~。。。東海道新幹線の最初の「ひかり号」の最高速度が時速220kmです。秒速になおすと、たったの ...

  11. 泥だんご作りみたい⁈〜《私語り》哲学を表現する物語の作り方〜 - 世界が変わる わたしのお守り Wen-Do (ウェンドー)2 ★ 福多唯ブログ

    泥だんご作りみたい⁈〜《私語り》哲学を表現する物語の作り方〜

    こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。今日は、岡崎市で《私語り》のワークショップでした。自分を守るためには、自分を大切に感じられる必要があり、自分を大切に感じられるようになるには自分の過去に誇りを持ち、未来に希望と勇気を持てたらいいな♪…と、《私》についての捉え方や語り方を整えたワーク、それが《私語り》です。通常、ワークショップでは開始時に自己紹介がなされるけれども、《私語り》で...

  12. 第421話   実をもって虚と為すか、虚をもって実と為すか - おでんのだし

    第421話   実をもって虚と為すか、虚をもって実と為すか

     「寫眞」という命名は、そのものへの「矛盾」を抱えてるよね。って、最近になってとみに思うようになったんでございます。「Photograph」の和訳を「寫眞」となしたのはいつなのかなっていうように思いまして、ちょっと調べてみたら、日本語で、まずは「光画」というのがそもそもだったようなんでございます。  そもそもphotographという語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した造語で...

  13. 心のバンソーコーをはがしてみること - Hawaiian LomiLomi  ハワイのおうち 華(レフア)邸 

    心のバンソーコーをはがしてみること

    嵐の朝のコーヒー、美味しかったです。例えば。さっき、包丁を洗ってから 拭いていました。こんなとき、ふとしたことで シュッと指を切ったりするんだよな、とふと思いまして。いつもは絶対切らないけど、ふとしたタイミングで怪我をすることってありますよね。そんなときは、おっとやってしまったと、まずは止血して、それからバンソーコーを貼って。まあだいたいは貼ってしまえばそんなに痛みもなかったりして、何日か...

  14. 幸田露伴の『趣味』を読む - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    幸田露伴の『趣味』を読む

    前回の現代国語(高校コース)の授業では、幸田露伴の『趣味』を読みました。まさに珠玉の短文と言うべき文章で、時折、生徒たちと読む機会を作っています。『趣味』は過去に一橋大学をはじめ、多くの国立大の国語の問題でも何度も登場しており、擬古文(近代文語文)のために現代の私たちにはちょっと読みにくいのですが、音読するとさらに良さが分かるのは、擬古文ならではのことで、本来は原文を読んでいただいたほうがよ...

  15. 「謝らないで」というプライドと自立心。アドラーの心理学的視点で後編。  <自由部門> - チャーリーのブログ

    「謝らないで」というプライドと自立心。アドラーの心理学...

    第一回プラチナブロガーコンテスト『大衆迎合がヒトラーを生む? アドラーの心理学的視点で前編。』の続き。アドラーの心理学を対話式で紹介したベストセラー書『嫌われる勇気』がドラマ化された。アドラーはフロイトやユングと並ぶ哲学者であり、オーストリア=ハンガリー帝国生まれの精神科医。ストーリー | 嫌われる勇気 - オフィシャルサイト。http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/...

  16. 人間関係の断舎利?  - Hawaiian LomiLomi  ハワイのおうち 華(レフア)邸 

    人間関係の断舎利? 

    ⬆︎ 2016年は、「断舎利Year」だったということが書かれています。タイトルちょっと恐いでしょうか。でも、2016年に私が頑張ったのは、これ、なんです。 「人間関係」というよりは、「しがらみ」。しがらみというのは、自分が作り出した「不安」「しばり」ですね。レフア邸は 個人でやっているお店なので、孤独と言えば、孤独です。なんでも自分一人で決めないといけないし、他のスタッフと喜びを共感するこ...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ