哲学のタグまとめ

哲学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには哲学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「哲学」タグの記事(27)

  1. 「障害者」とは? 人間の限界と価値2(1の続き) - Eupsychia~心の理想郷~

    「障害者」とは? 人間の限界と価値2(1の続き)

    しかし残念ながらこれほど福祉的・物質的にも豊かになった現代社会においても、「障害者」に対する否定的イメージは、社会とメディアを通じて私達の意識の中に根強く残っている。そして厄介なことに否定的イメージの根拠となるような事件や当事者とその家族の課題等が現実で報道されているため、それが偏見や差別、無関心に拍車をかけているのである。しかし現実に存在している「障害者」の否定的側面は、社会と私達がその通...

  2. 「障害者」とは? 人間の限界と価値1 - Eupsychia~心の理想郷~

    「障害者」とは? 人間の限界と価値1

    「障害」とは、その唯二文字で表すには足りない程、非常に多様で複雑なものである。身体障害から知的障害、内部障害、精神障害、発達障害など、挙げていけばきりがない。診断上では同じ障害を持つ場合も、一人一人が持つ性格や想い、世界、生き方、強み(ストレングス)と弱みは、全て異なり、多様である。そのため「障害」というたった一面だけで一括りし、それを持つ存在は可哀想、良くないもの、不幸、不健康、非生産的(...

  3. るるるにある哲学  - るるるのふね

    るるるにある哲学 

    心と身体の関係それは一筋の川のようにとぎれることのない流れの中にある川上に心 川下に身体上から下へ 心から身体へその関係性に疑問を感じる人はいないでしょうけれど、その現象を無視する社会はどんどん膨らんでいく現実そのあたりまえな現象に気づいて身体の感覚に沿った生き方をするならば模倣でない創造的な自分があらわれ大きな喜びへと発展する誰もが素晴しい「個の力」を発揮できる環境ができる「個の力」=「る...

  4. 創造的知性 - 食文化を学ぶ

    創造的知性

    <創造的知性>経験によって得た知性は、もっともらしい理論に勝る。人は理論よりも経験から得た知性により、成長する。何度も試行錯誤を繰り返しながら知性を獲得していく。デューイの哲学は、この創造的知性により人間は新たな領域を獲得するとある。ことわざには「理論無き経験は、経験無き理論に勝る」⇒例えば英語を学ぶとする。では実際に使うのか?もし英語を使うならば、その学んだことは役立つ。だが英...

  5. 出会い方 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    出会い方

    出会い方ってあるでしょう。その人の醜いところとか、嫌なところばかり見えることがあるでしょう。でも、それって、出会い方が違っただけで、180度、違う見方になっていたかもしれません。その人に感動して、大好きになっていたかもしれません。だから、私は、自分がその人のことを、ひとつの見方しかできていないということをいつも考えるようにしようと思います。決めつけないようにしようと思います。逆に、私自身、他...

  6. 映画『メッセージ』原題:arrival     ネタばれありの感想 - Hawaiian LomiLomi  ハワイのおうち 華(レフア)邸 

    映画『メッセージ』原題:arrival ネタば...

    ハワイ島マウナケア の夕暮れあと。 私の中で今年1番になってしまいましたこの映画。知人に勧めましたら、「SF?」と聞かれまして。「うーん。確かにサイエンスフィクション という定義ではSFなんだけど、また今までのものとは全然違うよ。」と答えました。哲学的で、人生というもの、時間という定義について 深く考えさせられる とても「静かな」映画です。予告編では、あの映画の中のにぎやかなシーンを拾っ...

  7. *失敗のしかたがあなたの個性!* - 山西愛子の胸のうち

    *失敗のしかたがあなたの個性!*

    哲学のお話です といってもわたしは哲学には興味がありません。 これでも大学は出ましたから、とうぜんそれなりの勉強はしましたが、哲学ではナマの人間を根底から救うちからはないみたい、と思ったのでそれ以降は興味がいっさいなくなっちゃった(;'∀') だってね、哲学者で幸せそうな「いい顔」してるひとって思いつきます? ただでさえ、イメージとしても小難しいこと言ってる、っていう感じだし。みーんな...

  8. マクロビオティックとは - 食文化を学ぶ

    マクロビオティックとは

  9. 人生の目的 - 食文化を学ぶ

    人生の目的

    人生の目的【人生の目的】  人間は生まれて、生きるために食べて後は何も残さず、死んでいく動物ではない。無論肉体的には子供・孫などを残す事になるが、それ以上に人間は人間が生存している地球において、より良い世界・社会・環境を作るために貢献しなければならない。人間が他の動物と違う点を1つあげるとすればそれは環境を変える能力である。他の生物は環境によって生かされる。そして環境に対する適応力は人間ほど...

  10. 東浩紀さんのAERAの記事に対する評判について。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    東浩紀さんのAERAの記事に対する評判について。

    東浩紀さんのAERAの記事が一部の人たちの間ですこぶる評判が悪いようだ。 「原発は倫理に反している。これは必ずしも即時全廃を意味しない。悪いことだとわかっていても、やらなければならないときもある。」 悪いことだとわかっていても、やらなければならないときもある、なんて書くと、反原発派の人たちが怒るのも当然である。もうなんだか開き直ってしまっているようにも読めるこの文章は、予想通りと言えるが、安...

  11. 7月19日に、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』刊行記念読書会@福岡 が開催されます。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    7月19日に、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』刊行記...

    今年、国内最大の話題となっている人文書、東浩紀さんの『ゲンロン0 観光客の哲学』の読書会が、東浩紀さん本人を東京よりお招きして唐人町とらきつねにて開催されます。 当日は各章ごとに概説が行われたあと、質問と議論が行われるという流れになりますので、『ゲンロン0』を既読の方はもちろん、未読の方もご参加いただけます。19年前の鮮烈なデビュー作『存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて』以来、日本の...

  12. 憎しみあふれる人生よりも - A primrose by the river’s brim

    憎しみあふれる人生よりも

    簡単なのは憎むことそして激しく怨むこと世の中は 理不尽で満ちている許すことは難しく手放すことは苦痛を伴うけれど憎しみや恨みを抱えて生きるより許し解放する人生は 希望にあふれているとわたしは強く 信じたい

  13. 生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。 - 生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。

    生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト...

    shikanneiko20170427  「ヒト絶滅、全人類滅亡消失、無人化、へ…の説得・提言(・勧誘引導(導引))」  (自然発生的に誰しもが考えることだと思われますが、)「人」としての最重要課題、(以下に示しました矢印「⇄」は敷衍の遷移、順序を示すものでは決してありません。考えの原初からの順序列は今となっては最早定かではないと思います。しかし推移の順位、順番などこの際特別段に問題とはなら...

  14. 運命の星はあなたの中で輝いている - 食文化を学ぶ

    運命の星はあなたの中で輝いている

    やりたいことが見つからない、人生をどの方向に進んだらよいかわからない、といったとき、「自分の外」に答えを求めがちです。そして人との出会いや、本、インターネットなどを通じた情報収集に走ります。新たにやりたいことを見つけた人も、人との出会いや情報から、やりたいことにたどりつきました。その行動自体は非常に重要です。一方で数多くの本を読み、手当たり次第にセミナーや交流会に参加し、情報収集をしてもかえ...

  15. けもの道 - A primrose by the river’s brim

    けもの道

    前に進むのは いつも怖いどこへ続くのかどこへも続かないのかそれすらわからない けもの道ふりかえるのが心地よいことは知っているけどふり返ってばかりの人生は死んだ時間を愛でているだけ新しいなにごとも生み出さない怖いけど孤独だけど一歩前に進む勇気を希望と呼ぶのだとわたしは 信じる

  16. 國分功一郎「中動態の世界 意志と責任の考古学」医学書院 - votanoria

    國分功一郎「中動態の世界 意志と責任の考古学」医学書院

    ものすごくおもしろくて、通しで2回読んで、いま3回目を読んでいるところです。(まあ、短期記憶が破滅的に衰えているので何度も読まないと頭に入らないという理由もあるのですが。。)最初は簡単に内容をまとめられると思ったのですが、いざ書き始めてみるとこれが簡単ではない。文法でいう<能動態>と<受動態>ですが、実は昔は<中動態>という態が<能動態>と対立関係にあって、<受動態>という態はなかった。<受...

  17. 人のやる気を上げる3か条 - 食文化を学ぶ

    人のやる気を上げる3か条

    人がやる気を出して、次の行動に移るためには何が必要なのか?(3つのパターン)①どんどん新しい物を取り入れる(フロンティア・開拓精神)②これをしてみたい!あれをやってみたい!(チャレンジ・目標を設定する)③日頃の物を少し変える、こういうのはどうでしょうか?(見直す・改善する)このうちの1つでもあてはまる事があるならば、まずそれをやってみる事。

  18. ウブドの散歩道、チャンプアンリッジウォーク - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    ウブドの散歩道、チャンプアンリッジウォーク

    チャンプアンリッジウォーク(Campuhan Ridge Walk)はウブド周辺の数ある散歩道の中でも特に美しいことで知られていて、さっきまで居た町中の喧騒が嘘のように気持ちの良い風が吹いています。午前中の散歩がオススメです。東浩紀の新著『ゲンロン0』を読んでいます。「観光客」という軽薄な存在の捉え直し。とても面白いです。全部読んだ後にお話しできればと思います。とらきつね on Facebo...

  19. 折々の言葉 - 食文化を学ぶ

    折々の言葉

    2017年5月24日 朝刊から世の中には知らないことがたくさんある。いや、知っていることなど世の中の一部でしかないのだ。「なぜこれを勉強するの?」「何の役に立つのか?」最初は誰しもがそう思う。最初は私もなぜそれを学ぶのか?自分自身に自問自答する日々が続いた。折々の言葉には、世界には知らない領域が想像を超えてはるかに広がっている。知らない事を自覚することこそ「教養」だとある。だが当然私はその事...

  20. いざ!イザナギ - 凡庸めも

    いざ!イザナギ

    ♪radiko.jp哲学への誘い 第6回第2部 近代国家の現実と哲学ヘーゲル『法の哲学』の位置と抽象法(『法の哲学』第一部)放送大学2017.05.16(火)23:00-23:45http://radiko.jp/share/?sid=HOUSOU-DAIGAKU&t=20170516233143番組サイトhttp://www.ouj.ac.jp/kamoku/detail/1234...

1 - 20 / 総件数:27 件

似ているタグ