哲学のタグまとめ

哲学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには哲学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「哲学」タグの記事(26)

  1. マクロビオティックとは - 食文化を学ぶ

    マクロビオティックとは

  2. 人生の目的 - 食文化を学ぶ

    人生の目的

    人生の目的【人生の目的】  人間は生まれて、生きるために食べて後は何も残さず、死んでいく動物ではない。無論肉体的には子供・孫などを残す事になるが、それ以上に人間は人間が生存している地球において、より良い世界・社会・環境を作るために貢献しなければならない。人間が他の動物と違う点を1つあげるとすればそれは環境を変える能力である。他の生物は環境によって生かされる。そして環境に対する適応力は人間ほど...

  3. 東浩紀さんのAERAの記事に対する評判について。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    東浩紀さんのAERAの記事に対する評判について。

    東浩紀さんのAERAの記事が一部の人たちの間ですこぶる評判が悪いようだ。 「原発は倫理に反している。これは必ずしも即時全廃を意味しない。悪いことだとわかっていても、やらなければならないときもある。」 悪いことだとわかっていても、やらなければならないときもある、なんて書くと、反原発派の人たちが怒るのも当然である。もうなんだか開き直ってしまっているようにも読めるこの文章は、予想通りと言えるが、安...

  4. 7月19日に、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』刊行記念読書会@福岡 が開催されます。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    7月19日に、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』刊行記...

    今年、国内最大の話題となっている人文書、東浩紀さんの『ゲンロン0 観光客の哲学』の読書会が、東浩紀さん本人を東京よりお招きして唐人町とらきつねにて開催されます。 当日は各章ごとに概説が行われたあと、質問と議論が行われるという流れになりますので、『ゲンロン0』を既読の方はもちろん、未読の方もご参加いただけます。19年前の鮮烈なデビュー作『存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて』以来、日本の...

  5. 憎しみあふれる人生よりも - A primrose by the river’s brim

    憎しみあふれる人生よりも

    簡単なのは憎むことそして激しく怨むこと世の中は 理不尽で満ちている許すことは難しく手放すことは苦痛を伴うけれど憎しみや恨みを抱えて生きるより許し解放する人生は 希望にあふれているとわたしは強く 信じたい

  6. 生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。 - 生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。

    生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト...

    shikanneiko20170427  「ヒト絶滅、全人類滅亡消失、無人化、へ…の説得・提言(・勧誘引導(導引))」  (自然発生的に誰しもが考えることだと思われますが、)「人」としての最重要課題、(以下に示しました矢印「⇄」は敷衍の遷移、順序を示すものでは決してありません。考えの原初からの順序列は今となっては最早定かではないと思います。しかし推移の順位、順番などこの際特別段に問題とはなら...

  7. 運命の星はあなたの中で輝いている - 食文化を学ぶ

    運命の星はあなたの中で輝いている

    やりたいことが見つからない、人生をどの方向に進んだらよいかわからない、といったとき、「自分の外」に答えを求めがちです。そして人との出会いや、本、インターネットなどを通じた情報収集に走ります。新たにやりたいことを見つけた人も、人との出会いや情報から、やりたいことにたどりつきました。その行動自体は非常に重要です。一方で数多くの本を読み、手当たり次第にセミナーや交流会に参加し、情報収集をしてもかえ...

  8. けもの道 - A primrose by the river’s brim

    けもの道

    前に進むのは いつも怖いどこへ続くのかどこへも続かないのかそれすらわからない けもの道ふりかえるのが心地よいことは知っているけどふり返ってばかりの人生は死んだ時間を愛でているだけ新しいなにごとも生み出さない怖いけど孤独だけど一歩前に進む勇気を希望と呼ぶのだとわたしは 信じる

  9. 國分功一郎「中動態の世界 意志と責任の考古学」医学書院 - votanoria

    國分功一郎「中動態の世界 意志と責任の考古学」医学書院

    ものすごくおもしろくて、通しで2回読んで、いま3回目を読んでいるところです。(まあ、短期記憶が破滅的に衰えているので何度も読まないと頭に入らないという理由もあるのですが。。)最初は簡単に内容をまとめられると思ったのですが、いざ書き始めてみるとこれが簡単ではない。文法でいう<能動態>と<受動態>ですが、実は昔は<中動態>という態が<能動態>と対立関係にあって、<受動態>という態はなかった。<受...

  10. 人のやる気を上げる3か条 - 食文化を学ぶ

    人のやる気を上げる3か条

    人がやる気を出して、次の行動に移るためには何が必要なのか?(3つのパターン)①どんどん新しい物を取り入れる(フロンティア・開拓精神)②これをしてみたい!あれをやってみたい!(チャレンジ・目標を設定する)③日頃の物を少し変える、こういうのはどうでしょうか?(見直す・改善する)このうちの1つでもあてはまる事があるならば、まずそれをやってみる事。

  11. ウブドの散歩道、チャンプアンリッジウォーク - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    ウブドの散歩道、チャンプアンリッジウォーク

    チャンプアンリッジウォーク(Campuhan Ridge Walk)はウブド周辺の数ある散歩道の中でも特に美しいことで知られていて、さっきまで居た町中の喧騒が嘘のように気持ちの良い風が吹いています。午前中の散歩がオススメです。東浩紀の新著『ゲンロン0』を読んでいます。「観光客」という軽薄な存在の捉え直し。とても面白いです。全部読んだ後にお話しできればと思います。とらきつね on Facebo...

  12. 折々の言葉 - 食文化を学ぶ

    折々の言葉

    2017年5月24日 朝刊から世の中には知らないことがたくさんある。いや、知っていることなど世の中の一部でしかないのだ。「なぜこれを勉強するの?」「何の役に立つのか?」最初は誰しもがそう思う。最初は私もなぜそれを学ぶのか?自分自身に自問自答する日々が続いた。折々の言葉には、世界には知らない領域が想像を超えてはるかに広がっている。知らない事を自覚することこそ「教養」だとある。だが当然私はその事...

  13. αρχη/τελος - maki+saegusa

    αρχη/τελος

    意識、信念、所作、言葉。必要なのは、フィロソフィー。人生に独自の哲学を有する人は、その軌跡に、揺るぎない美しさを纏う。⇒これまでの「写真とことば」/⇒「人生」の項/⇒「哲学」の項

  14. そもそも論 - カミナリハリナミカ?

    そもそも論

    長男が中学1年生ですが、ひと月後にははじめての中間試験があります。まぁ本人が努力するしかないわけですが、英単語を覚えたり、重要語句を覚えたり、物事をしっかり理解したり。もちろん蔑ろにしていいわけではないのですが、そもそもなぜ学ぶ必要があるのか。そこの教育をしっかりする必要があるんじゃないかなと思うのです。そこを無しに枝葉末節をいくらやっても薄っぺらい感じがしますし、本当の学問じゃない。まぁ大...

  15. 読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつか 今日で最後です。 - 「仕方ない」 もう言い飽きました。

    読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつ...

    こんばんは もくれん です。本日で最後になります。ネタバレ注意でお進みくださいませ。次に気になったのは 第4章の中の 成功者は、「運命」を運んでくることができる です。運命。これは変えられないっていう人もいるよね。でも宿命は変えられるとか?明確な違いはよくわからないけれど、より良い方向に変わろうとする意志と行動が運命を変えることもあるのかも知れない。そして言葉を大事にするらしい。成功者は、悪...

  16. 読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつか もうちょっと続きます。 - 「仕方ない」 もう言い飽きました。

    読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつ...

    こんばんは もくれん です。早速昨日の続きです。これより先ネタバレ注意でお進みくださいませ。次に気になったのは 第2章の中の 勝負すべき自分のフィールドを知っている者だけが、成功する・過去を潔く斬り捨てる人間だけが、チャンスをものにする・「待つ力」を持っている人間がチャンスをつかむ の3つです。勝負すべき自分のフィールド...。う~ん、なんだろう。誰だって得意なことや、向いている事はあるよね...

  17. 読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつか 続きます。 - 「仕方ない」 もう言い飽きました。

    読書感想 【 成功する男はみな非情である。】 角川いつ...

    こんばんは もくれん です。久しぶりの読書感想。 角川いつかさん の「 成功する男はみな非情である。」です。これは小説ではなく 人生・生き方 に分類されるものらしい。じつはこれはずいぶん前に買って読み終わっていたものです。でも、時々(年に1回くらい)読み返したりして。去年の秋ごろは持ち歩いていました。なんとなく気になる章があって角を折っては読み返したくなったんです。さてさて、その内容とは.....

  18. 科学の精神 - ”22世紀のドラえもん” ( 未来創造科学)

    科学の精神

    科学の精神1遊ぶ科学は心を遊ばせることから始まります。2自然自然に触れることです。人から学ぶことも大事ですが、自然を見ることで自然は多くのことを教えてくれます。自然とは人間の頭では計り知れない大きさを持っています。3発見自分自身の好奇心から様々なことに興味を持ち、発見します。科学だけでなく、非科学・娯楽・芸術・漫画でも何でもいいのです。その興味を持ったことからヒントを得て、結びつける。人は考...

  19. 情報戦 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    情報戦

    情報に翻弄されて不安になっているときは、一度立ち止まって深呼吸をして、自分の足元を見つめ直した方がいい。その不安は他者に対する不安ではない。あなた自身の不安なのだから。電話の向こうの人に、そう話をしたくなることがあるけれど、正面切ってそんなことを言うのは難しいです。不安を解消したいという欲に突き動かされている人に、いや大丈夫と話しても、全く効果がないどころか、むしろその欲を制止・抑圧されると...

  20. 伸びる人 - 日暮らし学生の不毛な日記

    伸びる人

    個人的見解能力があるといっている人は絶対に伸びない伸びしろがあるといっている人は可能性がある(無論行動をしてこそだが)

1 - 20 / 総件数:26 件

似ているタグ