哲学のタグまとめ (16件)

哲学のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには哲学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by ラマがいない生活

心地よい風が吹くある春の日、通勤中に驚く発見をする。毎朝通りすぎる池で、小さな子供が溺れかけているのだ。“Restoration of the Apparently Drowned. Howard’s Method” (detail), in The Household Physician (1874). Public domain.池に飛び込めば、着ている500ドルのスーツとイタリア製の靴...

by デンマンの書きたい放題

 パスカルの悩み(PART 1) (pascal92.jpg)(question.gif)(betty01.jpg)デンマンさん、パスカルというのは、「人間は考える葦である」と言った あの偉大な哲学者のことですか?(kato3.gif)そうです。。。 ベティーさんは意外に物知りですねぇ~。。。その程度のことは、その辺で遊んでいるミーちゃん、ハーちゃんでも知ってますわよう。...

by デンマンの書きたい放題

 パスカルの悩み(PART 2)【ジューンの独り言】(bare02b.gif)ですってぇ~。。。あなたは、デンマンさんのお話を聞いて宇宙には“交通整理のお巡りさん”がいると信じることができましたかァ?確かに、地球が秒速 29.78 km で動いているなんてぇちょっと信じられませんよねぇ~。。。東海道新幹線の最初の「ひかり号」の最高速度が時速220kmです。秒速になおすと、たったの ...

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。今日は、岡崎市で《私語り》のワークショップでした。自分を守るためには、自分を大切に感じられる必要があり、自分を大切に感じられるようになるには自分の過去に誇りを持ち、未来に希望と勇気を持てたらいいな♪…と、《私》についての捉え方や語り方を整えたワーク、それが《私語り》です。通常、ワークショップでは開始時に自己紹介がなされるけれども、《私語り》で...

by おでんのだし

 「寫眞」という命名は、そのものへの「矛盾」を抱えてるよね。って、最近になってとみに思うようになったんでございます。「Photograph」の和訳を「寫眞」となしたのはいつなのかなっていうように思いまして、ちょっと調べてみたら、日本語で、まずは「光画」というのがそもそもだったようなんでございます。  そもそもphotographという語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した造語で...

嵐の朝のコーヒー、美味しかったです。例えば。さっき、包丁を洗ってから 拭いていました。こんなとき、ふとしたことで シュッと指を切ったりするんだよな、とふと思いまして。いつもは絶対切らないけど、ふとしたタイミングで怪我をすることってありますよね。そんなときは、おっとやってしまったと、まずは止血して、それからバンソーコーを貼って。まあだいたいは貼ってしまえばそんなに痛みもなかったりして、何日か...

by 寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

前回の現代国語(高校コース)の授業では、幸田露伴の『趣味』を読みました。まさに珠玉の短文と言うべき文章で、時折、生徒たちと読む機会を作っています。『趣味』は過去に一橋大学をはじめ、多くの国立大の国語の問題でも何度も登場しており、擬古文(近代文語文)のために現代の私たちにはちょっと読みにくいのですが、音読するとさらに良さが分かるのは、擬古文ならではのことで、本来は原文を読んでいただいたほうがよ...

by チャーリーのブログ

第一回プラチナブロガーコンテスト『大衆迎合がヒトラーを生む? アドラーの心理学的視点で前編。』の続き。アドラーの心理学を対話式で紹介したベストセラー書『嫌われる勇気』がドラマ化された。アドラーはフロイトやユングと並ぶ哲学者であり、オーストリア=ハンガリー帝国生まれの精神科医。ストーリー | 嫌われる勇気 - オフィシャルサイト。http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/...

⬆︎ 2016年は、「断舎利Year」だったということが書かれています。タイトルちょっと恐いでしょうか。でも、2016年に私が頑張ったのは、これ、なんです。 「人間関係」というよりは、「しがらみ」。しがらみというのは、自分が作り出した「不安」「しばり」ですね。レフア邸は 個人でやっているお店なので、孤独と言えば、孤独です。なんでも自分一人で決めないといけないし、他のスタッフと喜びを共感するこ...

by votanoria

人工知能の事は前項に取り上げた本の中でもかなりのボリュームで言及されていましたが、本書は実際に人工知能を使ってゲーム開発をしている方の著書です。2015年に行われた連続講演会の講演録をまとめたものです。 正直言ってレビューにまとめるには難しい本でしたが、読む分にはとても興味深く、おもしろかったです。根っからの文科系の自分のもつAI=人工知能のイメージと言うと、プログラム言語を駆使して作る「巨...

by いい言葉のシャワーを浴びよう

『いま世界の哲学者が考えていること』 岡本裕一朗著ダイヤモンド社 2016年9月8日 第1刷発行定価1600円+税<本書の構成>▼第1章世界の哲学者は今、何を考えているのか▼第2章 IT革命は人類に何をもたらすのか▼第3章バイオテクノロジーは「人間」をどこに導くのか▼第4章資本主義は21世紀でも通用するのか▼第5章人類が宗教を捨てることはありえないのか▼第6章人類は地球を守らなくてはい...

by ラマがいない生活

ロンドン「下見旅行」の続きです。限られたフリータイムの中、University College London の資料館や博物館を回ることができた。UCLはロンドン大学の数多い学校の中、最も古いカレッジだ。以前、ハイドンと牡蠣に関する思考実験を紹介した。その記事でも触れた功利主義の父とされる哲学者、ジェレミー・ベンサム(1748年~1832年)の遺体が auto-icon (オート・イコン)と...

ホナウナウのビーチで 泳いでいた カメさんです。今日改めて 悟りました。 私 これから 「カメ的生き方」でがんばろうと思います。今まで、割に 私 器用なところがあって、ズル休みしていても ちょっとがんばってやれば すぐ 挽回できるという感じだったんです。なので、 うさぎのように、休んでおいて、最後にちょちょい とやって 挽回して結果 帳尻を合わせたり、 ビギナーズラックで、あれよあれ...

冬の朝。写真は、2月撮影。 タイトル「軽く乗り越えるなんて浅はかだ」誰の名言かって?私です(笑)。これは、 少し前 知人に向かって、言った言葉です。知人が、「なかなかスマートに 困難を乗り越えられない、同じこと繰り返しちゃうし、自分でも愛想が尽きる」と言いました。 でも、思ったんです。そんなスマートに乗り越えられる人なんて、全然魅力的じゃないと。 「えー、大丈夫だよ。みっともなくてなんぼ、じ...

もう12月ですね〜すっかり街はクリスマスヴァージョンになっちゃいました。例に漏れずわたしもクリスマスギフト展に参加させていただいています。いつものように小さい額装のものをだしています。東京国際フォーラム/アートショップ&ギャラリー『FUN FUN CHRISTMAS2016』はすでに始まっています。24日まで。日本橋三越『FUN FUN CHRISTMAS 2016』はあしたから始まります。...

by おでんのだし

 一般的に文明社会においては性の分野はタブーだし、これを前面に出すのは破廉恥だというのがルールであるのは否めません。何故なら、人は社会を作り「人間」という進化の選択肢を採ったわけですから、子孫を保存させるためには、生殖行為そのものを社会的な観点でコントロールする必要があるわけです。これは社会的生物として進化を遂げた「ホモサピエンス」の宿命でもあると言うことです。したがって、たとえば婚姻とい...

似ているタグ