商業施設のタグまとめ

商業施設」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには商業施設に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「商業施設」タグの記事(31)

  1. 松本市のレストラン 鯛萬 - レトロな建物を訪ねて

    松本市のレストラン 鯛萬

    大手の通りにひときわ目を引くレストラン「鯛萬」があります。創業は1950(昭和25)年で、「鯛萬」という名前は、老舗の料亭が経営していたからだとか。フランス中部かスイスの民家を思わせるたたずまいのフレンチレストラン。ネット情報では、信州の民芸建築家、桜井慶雄が設計し、松本民芸家具を手がける荻原小太郎が内装を手がけたとあります。木造平屋建て。レストラン 鯛萬1950(昭和25)年設計 : 桜井...

  2. 松本市大手のレトロな建物 - レトロな建物を訪ねて

    松本市大手のレトロな建物

    おもや平出酒店から松本城の南側を東へ進むと、大正時代か昭和初期を思わせる建物が並んで建っています。ネット情報では、いずれも近年にアーキディアックという会社が設計し、滝澤工務店が施工したそうです。古い建物を再生したのか、新設したのかは、よくわかりませんでした。撮影 : 2016.7.11東もん磯村創業は明治30年。松本の名物『古瓦煎餅』で有名な菓子舗です。なまこ壁の店舗と純白の蔵が並んでいます...

  3. 松本市の「おもや平出酒店」&「酔い亭」 - レトロな建物を訪ねて

    松本市の「おもや平出酒店」&「酔い亭」

    下町会館の通りをはさんだ北側に洋風の建物があります。おもや平出酒店は1887(明治20年に創業し、昭和初期からこの地で店を続けている老舗の酒屋です。店の正面は昭和50年ころに改装されているそうですが、下町会館側の側面はモルタル仕上げの壁にさまざまな装飾が施された、典型的な昭和レトロな建物です。木造2階建て。おもや平出酒店1928(昭和3)年設計・施工 : 不明長野県松本市大手4-10-13 ...

  4. 松本市の白鳥写真館 - レトロな建物を訪ねて

    松本市の白鳥写真館

    下町会館の南隣に大正時代の洋館「白鳥写真館」があります。明治時代に松本城の堀を埋め立てた土地に数多く建てられた洋館群のひとつ。明治27年創業の写真館で、写真家の白鳥真太郎氏の実家です。大正13年に建築されましたが、昭和2年(1927)に焼失したため、火災にあった部材を活用しながら創建時の外観を再建したそうです。グレーの外壁に白い柱を強調し、縦長を基調とした端正な建物です。2階中央にバルコニー...

  5. SUNNY GARDEN - 建築図鑑 II

    SUNNY GARDEN

    名   称:SUNNY GARDEN設 計 者:安藤忠雄建築研究所所 在 地:西宮市北名次町10-12竣 工 年:1978撮影年月日:2017-06-22備   考:北野坂シリーズ前半の頃と同時期の作。佳作です。掲 載 誌:

  6. 松本市下町会館 - レトロな建物を訪ねて

    松本市下町会館

    松本城の下町にある松本市下町会館は昭和初期に建てられた、旧青柳化粧品店が老朽化で、解体の危機にあったものを、曳家移転してファサード保存したものです。現在は市の「お城下町まちづくり推進協議会」によって管理運営されているそうです。レンガ風のタイル張り外壁。最上部のパラペットには、特徴的なレリーフのロゴが組み込まれ、縦長の窓を規則的に並べるなど、当時流行の洋風建築です。鉄筋コンクリート造り、一部木...

  7. 東京そぞろ歩き:近代建築のファサード - 日本庭園的生活

    東京そぞろ歩き:近代建築のファサード

    今回は、東京駅から銀座までブラブラしながら、気になった近代建築のファサード(外観)の紹介。まず、東京駅八重洲口の『グランルーフ』。『COREDO日本橋』。「日本橋一丁目三井ビルディング」が正式名称のようです。『デビアス銀座ビルディング』。『ルイ・ヴィトン 松屋銀座店』。『MIKIMOTO銀座2丁目店』。『松屋銀座』。『Apple 銀座』。『日産銀座ギャラリー』。銀座四丁目交差点、和光ビルと対...

  8. TOKIMEKI - 建築図鑑 II

    TOKIMEKI

    名   称:TOKIMEKI設 計 者:高松伸建築設計事務所所 在 地:大津市馬場1-7-12竣 工 年:2003撮影年月日:2017-06-19備   考:手摺ですが、見た目は悪くないけど実際は華奢すぎて怖い。掲 載 誌:

  9. 西部大津ショッピングセンター - 建築図鑑 II

    西部大津ショッピングセンター

    名   称:西部大津ショッピングセンター設 計 者:菊竹清訓建築設計事務所所 在 地:大津市におの浜2-3-1竣 工 年:1976撮影年月日:2017-06-19備   考:掲 載 誌:SK7611

  10. 鳴門市の花乃春酒造 - レトロな建物を訪ねて

    鳴門市の花乃春酒造

    町外れに有形文化財の建物があるので、少し遠かったのですが、散歩をかねて行ってみました。花乃春酒造は創業1814(文化11)年で、江戸中期からある老舗です。道路から奥に引っ込んだところにあるので、全部を見ることはできませんでしたが、仕込蔵、精米蔵、瓶詰蔵の3棟が国の登録有形文化財に指定されています。鳴門市の花乃春酒造仕込蔵 1943(昭和18)年精米蔵、瓶詰蔵 1936(昭和11)年登録有形文...

  11. しごと日誌 17624 - design room OT3

    しごと日誌 17624

    先日着工した改装工事の現場です。解体工事も終わり、内装下地が始まりました。このような現場の場合、解体してみたら…これはどうしよう…といった事案が発生する事がよくあるのですが、今回は大きな問題も無くホッとしております。翠建築設計室〒929-0327石川県河北郡津幡町庄ト1-22tel・fax 076-289-2121■ 設計実例アルバム■ 資料請求・お問い合せmailはこちら■ 設計室のFac...

  12. 徳島の国際東船場113ビル(旧高原ビル) - レトロな建物を訪ねて

    徳島の国際東船場113ビル(旧高原ビル)

    みずほ銀行から東へ進むと、もう一つのレトロ建築があります。石油と食用油の卸売業を営んでいた旧高原商店が建てたテナントビルで、当初は阿波農工銀行として使われたこともあるようです。現在は川側に5階建てを増築。高原ビルから国際東船場113ビルに名前を変え、カフェやギャラリーなどが入るモダンなテナントビルになっています。建物は全面に褐色のスクラッチタイル張り。向かって左側だけを3階建てとした、非対称...

  13. イベントに出店 - Bloom のんびり日記

    イベントに出店

    PIVOT×サッポロモノヴィレッジ期間限定ショップに参加させていただくことになりました。8月に札幌ドームで開催予定のサッポロモノヴィレッジ出店予定の一部の方たちが週替わりでピヴォに出店します。Bloom出店は6月17日(土)~30日(金)までの2週間講座もあるので全日店頭に立てませんが、私が不在の場合もお買い物できます。ゆっくりとご覧いただけると思いますので、是非遊びに来てくださいね!【会場...

  14. 丸栄百貨店 - 建築図鑑 II

    丸栄百貨店

    名   称:丸栄百貨店設 計 者:村野藤吾/村野・森建築事務所所 在 地:名古屋市中区栄3-3-1竣 工 年:1953,56,64撮影年月日:2017-05-21備   考:ドウトンと並んで西側のタイル壁画で有名ですね。掲 載 誌:SK5404,5609,6406

  15. 名古屋近鉄ビル(現近鉄パッセ) - 建築図鑑 II

    名古屋近鉄ビル(現近鉄パッセ)

    名   称:名古屋近鉄ビル(現近鉄パッセ)設 計 者:坂倉準三建築研究所所 在 地:名古屋市中村区名駅1-2-2竣 工 年:1966撮影年月日:2017-05-21備   考:掲 載 誌:SK6703

  16. 尾道の吉源酒造場 - レトロな建物を訪ねて

    尾道の吉源酒造場

    JR尾道駅の山側にある尾道ガウディハウスを見に行く途中でみつけた、西国街道の細道沿いにある吉源(よしげん)酒造場。創業は1854(安政元)年だそうです。HPによると、清酒「寿齢」は戦後当時の当主が長命であり、それにあやかり、以後長寿を祝うと言う意味で使用するようになったとか。土蔵造りの蔵と隣接する木造の店舗、ともに2階建てでかなり古いと思いますが、詳細はわかりませんでした。吉源酒造場詳細 :...

  17. 尾道の写真館 SMILE - レトロな建物を訪ねて

    尾道の写真館 SMILE

    土庄住吉神社前の浜通りの向かいに、和風の瓦葺きの2階に人の顔のように、両目のような丸窓が並ぶ、洋風ともいえる不思議な建物があります。ネットで調べるとSMILEという写真・現像・DPEを扱う写真館のようです。中央の丸窓の家屋は車庫として使われていて、店舗は左側でしょうか。木造2階建て。SMILE詳細 : 不明広島県尾道市土堂2-9-25撮影 : 2016.3.1ストリートビュー。隣の井手内科ク...

  18. 尾道の新喜商店 - レトロな建物を訪ねて

    尾道の新喜商店

    中浜通りの一筋北にある古い商店建築、新喜商店(しんきしょうてん)。新品や中古の農業機械を販売している会社です。モルタル仕上げの外壁や、2階の縦長窓、◇印の装飾など、いわゆる洋風の看板建築です。出典は忘れてしまいましたが、大正期の築というのがあったような。木造2階建て。新喜商店大正期か?設計・施工 : 不明広島県尾道市十四日元町7-3撮影 : 2016.3.1

  19. 尾道の「かき左右衛門」 - レトロな建物を訪ねて

    尾道の「かき左右衛門」

    尾道市役所の近くにある海産物問屋だった宮邊商店のレトロな洋館建築が、広島名物の牡蠣(かき)を使った料理を提供する店になっています。建築当時は尾道では珍しい洋館3階建ての建物です。外観はベージュ色のモルタル仕上げで、上げ下げ窓の上部に大きな水平の庇を配すなど、全体的には当時流行していたアールデコ様式といえるでしょう。ちなみに、ネット情報では建築年は昭和初年や昭和元年となっているので、1926年...

  20. おのみち映画資料館 - レトロな建物を訪ねて

    おのみち映画資料館

    中浜通りに出ました。明治時代に倉庫として利用されていた藏を改装した「おのみち映画資料館」があります。「映画のまち・尾道」で撮影された小津安二郎監督「東京物語」や、広島県出身の新藤兼人監督らの資料、日活の古き良き時代の映画ポスターなどが展示されています。木造土蔵造り、2階建て。おのみち映画資料館明治期設計・施工 : 不明広島県尾道市久保1-14-10撮影 : 2016.3.1入り口にある古い映...

1 - 20 / 総件数:31 件

似ているタグ