啓蟄のタグまとめ (11件)

啓蟄のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには啓蟄に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

日曜日以降、また寒いです。今年は春が足踏み状態。もうすぐ、春分なのに。私用で出掛けた先で、温泉につかり地物野菜を買い時間待ちで、Cafeに入る。地元のお年寄りのたまり場になっているけれど。( ´艸`)お菓子付きで、350円。Coffeeは、苦みと酸味が少なく美味しい。水が美味しいからだろうか?まだ風は冷たく、帰宅すると身体が冷えていて心地よい疲れで、昼寝してしまった。

by 国語で未来を拓こう

今日は啓蟄節分から始まった 二十四節気も3つ目になりました。すべての、虫たちが春を感じて 土から出てくる季節なんだか、いいことが むくむくおこりそうだなあ~と窓の外の揺れるミモザを見ていて…そう、何年前かなあ。一軒家をもったら「必ず、お庭に ミモザを植えよう!」と思っていました。あれから、10余年。ご機嫌に借家暮らしを続けていまして、小さなベランダには『花より野菜・・・笑い』・・・が、今見れ...

by 『文化』を勝手に語る

 岩見沢は記録的な少雪、例年の3分の1くらいか・・ 3/5は啓蟄(けいちつ/春の陽気を感じて虫たちが土の中から這い出してくる)、二十四節気で春分の15度手前、例年の1ヶ月は早い春めいた気候だ。 わが家の玄関テラスで待機する、日日庵のレモンに新芽が芽吹いてきている。 でも畑に戻してあげるのは、GW開けか・・

by 侘助つれづれ

元気な春が動き始めました春待ちの日本水仙とはまた違うかわいらしさ春が来たと…にぎやかに喜んでいるよう…あらお皿の上にも春が…『鰆なたね焼』菜種玉子で菜の花畑どこからか蝶も舞うやも…****先日頂いた、薔薇の鉢植えこれもかわいい黄色早速春の陽気に誘われて小さな蜂さんが…

by エマままの気ままな日記

今日は、二十四節季の啓蟄の日です啓蟄(けいちつ)初候は、土中で冬眠をしていた虫たちが、暖かい春の日差しの下に、出てき始める頃のことを言います 虫たちもそろそろ元気に目覚める頃ですが、私にとってはお花を無残にする虫たちの来訪には、何とかして対処していけない時期でもありますこの頃から、土壌には肥料もやりますが、まずは薬剤を散布しますあんまりやりたくはないですが、春にお花を綺麗に咲かすた...

by ぎゃらりぃ 日月

本日は啓蟄。随分とご無沙汰しておりましたが、私も虫と共に這い出てまいりました。またしばらくの間よろしくお付き合い願います。作者は今年に入ってから注文もあまりなく、ここぞとばかりに試作品づくりに励んでいます。何点か焼きあがってきましたので、久しぶりにカメラを手にし取りあえず1種類だけ撮ってみました。先程<正祥窯うつわ展>にアップしましたので、是非ご覧になって下さい。ところですゑさんの着物リメイ...

明日3月5日は啓蟄です。平年の平均気温は7.5℃。最高気温が12.3℃。最低気温が3.3℃。それぞれ12月15日並、14日並、19日並です。明後日6日は雨の予報、その後、山陰では8日頃まで雨か雪、北陸では10日頃まで雨か雪。それでも、東日本~西日本の太平洋側では「平年より寒い」が「雪が降る」ような状況ではないですね。冬の残党も、これから、だんだん後退一方、ということでしょう。

by すべてわかる、豊かな暮らし

3月5日は十二節気で言うところの「啓蟄」の日です。「けいちつ」と呼びます。冬も終わり、虫さんたちが目覚め始めるんだそうです。「雨水」の日に飾った雛人形もこの「啓蟄」の日に収めるとよいとも言われます。しかし、桃の節句からわずか2日・・・。もうしばらくお飾りしたいペチエミ家は、春分の日までの、お天気の良い日に片付けます。空も春に向かっているようです。ポチッポチッと応援、よろしくお願いします。皆様...

by はなおと*ぷらす

先日畑に行ったらショックなことが・・グリーンピースの葉っぱが軒並み鳥さんに食べられちゃってる~。涙去年までは大丈夫だったのに・・スナップエンドウがしょんぼりしていたのもその所為?なので、初めて鳥除けネットなるものを使ってみました。ここから復活してくれるかしら?><さてリュウが竹内孝功さんのコンパニオンプランツをやってみたいというので彼が関東に戻る前にまたまた畝を作り直すため掘り返...

by 診療室日記

今月入ってから寒い日が続き、割とお暇な日が続いた。地域は典型的な少子高齢化で、高齢者が多い。高齢者はあまりに寒い日は外に出ないのだ(笑)。ま、こちらも凍っているような日は心配なので、足元の危うい人は来ないほうが安心だ。昨日は久々に暖かかった。そのためか、やたら忙しかった。『春の虫と同じだなぁ。暖かくなると活動しやすいんやな~』と思った。その話を昼食を食べながら母に言ったら、「啓蟄かぁ(笑)」...

by 名勝和歌の浦 玉津島保存会

本日から春分までの期間。雨水から数えて15日目頃。啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。菰(こも)はずしを啓蟄の恒例行事にしているところが多い。一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。旬の食材で春の訪れを味わいましょう。3月3日の片男波からのだる...

似ているタグ