国境のタグまとめ

国境」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには国境に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「国境」タグの記事(8)

  1. 今夏から成田・ウラジオストク線が毎日運航になります(これはスゴイ!) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    今夏から成田・ウラジオストク線が毎日運航になります(こ...

    昨日、極東ロシア専門の旅行会社「JATM(ジャパンエアトラベルマーケティング)」の担当者の方にお聞きしたのですが、今年4月30日から成田・ウラジオストク線が毎日運航になるそうです。これには驚きました。JATM(ジャパンエアトラベルマーケティング)http://www.jatm.co.jp/運航するのは、ロシアの航空会社のS7航空(週4便:火木土日)とオーロラ航空(週3便:月水金)です。しかも...

  2. 内蒙古の大草原でパオのお宅訪問 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    内蒙古の大草原でパオのお宅訪問

    内蒙古自治区の東北部に位置するフルンボイル平原には、なだらかな丘陵と草原がどこまでも広がり、馬や羊が群れなしている。ただし、この絶景が見られるのも、1年のうちわずか3ヵ月間ほど。この時期、中露国境に近い草原とその起点になる町は多くの観光客でにぎわう。↑モンゴル族のスー・チンさん一家をパオの前で記念撮影。11歳になる男の子は、わざわざ民族服に着替えてくれた。↑パオの中は思ったより広い。5歳にな...

  3. 中国の最果ての地、満州里からロシアへの日帰りボーダーツーリズム - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    中国の最果ての地、満州里からロシアへの日帰りボーダーツ...

    満州里は中国内蒙古自治州フルンボイル市の西端に位置するロシアとの国境の町です。1901年に東清鉄道の駅を開業したのが町の始まりで、日本がこの地に満洲国を建国するまでは、モスクワとウラジオストクを最短で結ぶ鉄路の要衝でした。※「満州里(Маньчжурия)」はロシア語で「満洲(Manchuria)」 を意味します。数年前まではロシアからの木材の集積地として発展していましたが、中国およびロシア...

  4. 黒龍江省北辺の町、黒河のボート遊覧とロシアへの日帰り観光 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    黒龍江省北辺の町、黒河のボート遊覧とロシアへの日帰り観光

    極東ロシア人たちが国境を越えてお隣の中国旅行を楽しんでいる話を以前しましたが、もちろん中国の人たちもロシアへのボーダーツーリズム(国境観光)を盛んにやっています。ロシア最果ての地の人たちは中国でどんな旅行を楽しんでいるのか(黒河編)http://inbound.exblog.jp/26503104/たとえば、黒龍江省北辺の黒河では、黒龍江(アムール河)のボート遊覧が楽しめますし、対岸のロシア...

  5. イラン大統領、「国境の改変に反対する」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    イラン大統領、「国境の改変に反対する」

    イラン大統領、「国境の改変に反対する」とのことです。 イランのローハーニー大統領が、今日ほとんどの国が、地域の安定と治安におけるイランの影響力ある役割を認めていると語りました。IRIB通信によりますと、ローハーニー大統領は1日日曜夜、テレビの生放送インタビューで、政治、経済、文化などさまざまな分野における政府の措置を報告するとともに、地域・国際面での最も重要な問題について語りました。地域にお...

  6. これが2015年9月に完成した中朝国境に架かる新鴨緑江大橋です - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    これが2015年9月に完成した中朝国境に架かる新鴨緑江...

    今年7月下旬、中国遼寧省丹東を訪ねています。2015年9月に完成した中朝国境に架かる新鴨緑江大橋を見に行きました。あいにくの梅雨空で、鴨緑江を霧が覆っているため、巨大な橋梁を確かめることはできましたが、対岸はまったく見えません。中国の大手検索サイト「百度」によると、全長約2km、幅33mの吊り橋です。場所は鴨緑江断橋の約20km下流に位置します。新鸭绿江大桥(百度)http://baike....

  7. 神社の跡地にできた公園の展望台は北朝鮮を望む絶景スポット(中国遼寧省丹東市) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    神社の跡地にできた公園の展望台は北朝鮮を望む絶景スポッ...

    中国東北地方の各都市には、満洲国時代に建てられた神社の跡地があり、そこはたいてい公園となっています。大連の労働公園(大連神社跡地)がそうですし、今夏訪ねた内モンゴル自治区のフルンボイル市ハイラル区の市街地にある西山広場(ハイラル神社跡地)もそうです。中朝国境最大の町、丹東にもかつて神社がありました。安東神社です。創建は1905(明治38)年10月3日といいますから、日露戦争直後に建てられたこ...

  8. 高速鉄道で大連から2時間! 日帰り可能になった中朝国境の町、丹東 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    高速鉄道で大連から2時間! 日帰り可能になった中朝国境...

    2015年12月17日、中国遼寧省の大連から中朝国境最大の町、丹東までを結ぶ「丹大快鉄(丹大高速鉄道)」が開通しました。おかげで、これまでバスや車で4時間近くかかっていた両都市間の移動が約2時間に短縮され、日帰りが可能になりました。今年7月下旬、丹東・大連間を乗車しました。以前は起伏のないトウモロコシ畑の中の高速道路の1本道をバスで延々4時間走り続けるしかなかったのですが、いまや快適な旅と時...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ