墨絵のタグまとめ

墨絵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには墨絵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「墨絵」タグの記事(8)

  1. 2017年3月の上海旅〜食事お呼ばれと山水画教室の見学〜 - ナリナリの好きな仁寺洞

    2017年3月の上海旅〜食事お呼ばれと山水画教室の見学〜

    上海の5日目。午後に山水画の教室を見学する予定でしたが、その前に昼食のお誘いを受けました。誘ってくださったのは、和子さんの知り合いで書画教室と山水画教室に通っていらっしゃる蘭子さん(^^) 人気のお店に10時半から並んで席を取ってくれました。どの教室に行っても和子さんに優しく話しかける方々がたくさん。この日のランチに誘っていただけたのも、ひとえに和子さんが日々、皆さんと仲良く過ごしているか...

  2. 2017年3月の上海旅 〜太極拳の体験と書画教室の見学〜 - ナリナリの好きな仁寺洞

    2017年3月の上海旅 〜太極拳の体験と書画教室の見学〜

    上海に着いて3日目、お友達の和子さんが参加している早朝の太極拳に一緒につれて行ってもらいました。家からお散歩がてら歩いて近くの公園へ。大きな綺麗な公園でした。その日は私も入れて5人が参加。日本語ができる方もいたりして、朝からちょっとした異文化交流会のような様子に…^^教えてくださるのは田先生。しなやかな動き〜。体の動かし方と注意点など、中国語がわからなくても何を言わんとされているのかわかるも...

  3. /// 『春がきた』雪解けとともに 社長使いの上手い営業部 /// - 朝野家スタッフのblog

    /// 『春がきた』雪解けとともに 社長使いの上手い営...

    昨日、営業課長の方から「も~う、春ですよね、社長。お客様の絵灯篭変えたいんですが・・・、今のひな祭りは3月後半使いずらいし~、蝶々菜の花はまだ早いし~・・・土筆も竹の子ももっと早いですよね。お客様に喜んでいただきたいですよねぇ~」。 「むむぅ~!、はい、解りました、お客様に喜んでいただけるなら・・・以前旅の思い出帳に画いたもさえびと春山は?!どう?」 「それで結構です。お願いできますか・・・...

  4. ミニ和傘絵付け教室「花を咲かせましょ」 - ナリナリの好きな仁寺洞

    ミニ和傘絵付け教室「花を咲かせましょ」

    アート和傘の展示会で素晴らしい展示作品を鑑賞しましたが、会期中はミニ和傘に絵付けをするワークショップも開催されていました。もちろん参加しまして、約1時間半のレッスンを受けて来ました。この写真はワークショップの参考作品として紹介されたものです。ミニ和傘といっても本格的な作りで、大きさは直径が約30センチもあります。1時間半で絵を描こうと思ったらけっこう大きなサイズです。絵付け作業がしやすいよう...

  5. 三寒四温 - お留守ワンコ

    三寒四温

    春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。この徒然草の冒頭をイメージして、箱根・宮ノ下のホテルに泊まった。目覚めると雪。「如月はあけぼの 墨絵の如し」 でした

  6. 新しい技法の絵を… - ナリナリの好きな仁寺洞

    新しい技法の絵を…

    宮崎から定期的にお勉強しに来てくださる熱心な生徒さん^ ^ すでに書家としてご活躍ですが、探究心は尽きず勉強を続ける姿には頭が下がります。今回、作品にいかしたいということで新しい試みの絵の描き方を一緒に開発? 私が長年にわたって構想していたことを少し盛り込んで指導をしてみました。思いのほかうまくいったかな。改善点はありますが可能性を感じました。ここに漢字や仮名、ハングルも含めて字も書いて魅力...

  7. /// 旅の思い出に季節をのせて、とどけ亭主の思い /// - 朝野家スタッフのblog

    /// 旅の思い出に季節をのせて、とどけ亭主の思い ///

    今夜もお客様から、旅の思い出帳が5冊。さらに帳面??を忘れたので、紙に画いて頂けないかと女将がリクエストを受けてきた。 計7冊。数が多い時は、分業作業で書いています。最初に墨で絵を書き、書入れていきます。今回の絵柄は冬から新春にかけてもの。南天、松葉蟹、蟹すき、雪椿、とんど、お地蔵さん、節分の7種。節分。 赤鬼を画き、書を入れていきます。 「つらいことも 悲しいことも ...

  8. 人生で最も長い旅 - 絵と旅

    人生で最も長い旅

    先日あるきっかけでこんな事を思い出し、本棚を探してしばし読み耽りました。中国の古い書物『碧巌録』に載っている、百丈懐海(749-814)と弟子との対話です。僧問百丈如何是奇特事丈云独坐大雄峯弟子の僧が師匠の百丈和尚に質問しました。「有難い事というのはどういう事ですか」百丈和尚は言いました。「私が独りこの大雄峯で坐禅している事だ」「大雄峯」は百丈が住む山の名前です。百丈にはたくさんの弟子がいま...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ