夏目漱石のタグまとめ

夏目漱石」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには夏目漱石に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「夏目漱石」タグの記事(10)

  1. 神戸から~小泉八雲とブロンテ姉妹の繋りを研究・ヨークシャーから - 新書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から~小泉八雲とブロンテ姉妹の繋りを研究・ヨークシ...

    先週の木曜日に、ヨークシャーから日本に滞在中のSimon,Judith,Stacey、京都在住の浩子さんら4人が神戸に来られました。浩子様は、昨年の「京都漱石の会」でダミアン フラナガン氏の講演会に出席されて、同じ会場にいたのですね❗️不思議なご縁を感ぜずにはいられません。新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。ネットを通してのやりとりでしたので、お会いするのは初めてでした。三宮で会合を持ちまし...

  2. 馬鹿は百人寄っても馬鹿なり/漱石のすべて 佐々木英昭「夏目漱石 人間は電車ぢゃありませんから」 - 梟通信~ホンの戯言

    馬鹿は百人寄っても馬鹿なり/漱石のすべて 佐々木英昭「...

    安倍政権を、けっしていいとは思わないけれど、ほかがだめだから、渋々消去法で支持する人々よ。一強が過ぎるととんでもないことになる、その時(共謀罪が成立した時)に後悔してももう遅い、ほかの選択肢が消えてなくなっているかもしれない。駄目なところでも敢えて支持する、たとえば沖縄を守る政党を支持するようなことが今一番大事なことじゃないですか。支持率を下げるだけでも意味があるのです。内田百閒が書いた漱石...

  3. ネコタイム - ビジネスサポート・コミュニケーションブリッジ

    ネコタイム

    2015年 04月 03日のブログ『アイリーア』の書き出しに「眼が覚めて障子を見るとぐにゃぐにゃに歪んで見えるの、と、妻が言い出した」とある。正月休みで帰省していた子供達が帰り静かな日常が始まった矢先の朝のことであったが、加齢黄斑変性が悪化し居間に掛けてある円形の時計の真ん中が抜けて真っ黒に見えるのだという。我が国で許可されたばかりの『アイリーア』という手術で「ぐにゃぐにゃに歪んで見える」状...

  4. 神戸から東京へ(1)ミッドタウンHAL YAMASHITA東京本店へ - 新書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から東京へ(1)ミッドタウンHAL YAMASHI...

    28日、東京ミッドタウンHAL YAMASHITA東京開業10周年記念partyにご招待を頂き出席致しました✨春さんの誠実さ、情熱、ご努力の賜物と存じます。おめでとうございます❗新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。皆様芸術的と感嘆された山下春幸さんの新和食❗厳選された食材の美しいお料理と設え、雰囲気、細かい心配りに彼の愛を感じました。写真に撮れていないローストビーフ、タケノコの包み焼き、寿司...

  5. 吾 輩 は 語り疲れて・・・ - 心紋様

    吾 輩 は 語り疲れて・・・

    吾輩は 語り疲れて(聞き疲れて)・・・飲み残しのビールなるものを コップ2杯分 ぴちゃぴちゃと 飲み干し 心地よい。前足も ぐにゃりと 水がめに落ち込んだ。もがいても 埒が明かぬ 「もう よそう・・・」吾輩は死ぬ。 死んでこの太平を得る。太平は 死ななければ 得られぬ。南無阿弥陀佛 南無阿弥陀佛 ありがたいありがたい。 完夏目漱石の「吾輩は猫である」の連載小説が終わった。この度は 読破 でき...

  6. ジミ・ヘン聴きながら『草枕』 - IMAGIN

    ジミ・ヘン聴きながら『草枕』

    ジミ・ヘンを聴きながら、漱石の『草枕』を読んでいた。 LittleWingなんかが聴こえてくる。最高に気分がいい。この取り合わせ、何と形容したらいいものやら。昔はよくこうして読書をしたものだが、最近さっぱりしなくなっていた。わかってもわからなくても読みすすめてしまって構わなくなった。いちいち語彙に頓着していた方だが、大体掴めればそれでいいという気になっている。さすがに何度も出てくる知らなかっ...

  7. 草枕 を読んで… (2017.3.21追加・訂正あり^^;) - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    草枕 を読んで… (2017.3.21追加・訂正あり^^;)

    やっぱり、好きかも~ 漱石の描く世界 ゆっくりと時間が流れていくよう 山道を登りながら、こう考えた。 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。・・・と始まる、有名な小説であるから、あれやこれやと書く必要もないと思うのだけど日がたてば感動というものは薄れていくものであるので、少しだけ記録しておこうと思う。初めから、漱石の語る言葉で導かれる風景は...

  8. 弘中先生と坊っちゃん(PART 1) - デンマンの書きたい放題

    弘中先生と坊っちゃん(PART 1)

     弘中先生と坊っちゃん(PART 1) (bocchan6.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。 夏目漱石の“坊っちゃん”に弘中先生という人物が出てくるのでござ~♪~ますかァ~?(kato3.gif)出てきません。。。それなのに、どういうわけで“弘中先生と坊っちゃん”というタイトルにしたのでござ~ますか?それに答えるには、ちょっと次のリストを見て欲しい...

  9. 弘中先生と坊っちゃん(PART 2) - デンマンの書きたい放題

    弘中先生と坊っちゃん(PART 2)

    弘中先生と坊っちゃん(PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif) ですってぇ~。。。あなたは『坊っちゃん』のモデルが弘中先生だと知っていましたか?あたくしは知りませんでしたわ。では、ここで あなたのために NHK新春ドラマ1994年に放映された『坊っちゃん』をお見せしますわね。(soseki007.jpg)ところで、話は変わりますけれど、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれ...

  10. 夢十夜 を読んで… - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    夢十夜 を読んで…

    論文的な文章ばかりを読んでいると、無性に人の暮らしや人と人の話し言葉が欲してくる。物語…読みたいな。だけど、連続性のある本を読んでいるから、いっときだけ感情移入でき完結する短編がいいな…と。リフレッシュを兼ねての本選び、ここは本の厚さも重要です。(笑)本棚を見つめながらイソップ、グリム、芥川、太宰、漱石、、、夢十夜 他二篇 (岩波文庫)夏目 漱石/岩波書店undefined夢十夜、という言葉...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ