夏目漱石のタグまとめ

夏目漱石」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには夏目漱石に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「夏目漱石」タグの記事(8)

  1. 漱石とグレン・グールド (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    漱石とグレン・グールド (PART 1)

     漱石とグレン・グールド (PART 1) (glendog.jpg)(natsume.jpg)(junko25.jpg)(junko11.jpg)デンマンさん。。。、お久しぶりです。。。 どういうわけで“漱石とグレン・グールド”に私をお呼びになったのですかァ?(kato3.gif)ジュンコさんは夏目漱石のファンでしょう!ええ。。。 よくご存知ですわねぇ~。。。以前、“私...

  2. 漱石とグレン・グールド (PART 2) - デンマンの書きたい放題

    漱石とグレン・グールド (PART 2)

     漱石とグレン・グールド (PART 2)【ジューンの独り言】(bare02b.gif)確かに、卒論のテーマとして夏目漱石とグレン・グールドは面白そうですよねぇ~。。。わたしも、もう一度学生生活を送りたくなってしまいましたわァ~。。。野添 花梨(のぞえ かりん)さんがノースカロライナ州のグリーンズボロ市で学園生活をエンジョイしているのが見えるようですわァ~。。。(uncg05b.j...

  3. 漱石とオナラ (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    漱石とオナラ (PART 1)

     漱石とオナラ (PART 1) (natsume.jpg)(ass350.gif)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。 夏目漱石がオナラのことについて書いた小説があるのでござ~ますかァ~?(kato3.gif)いや。。。 オナラをテーマにした小説を夏目漱石は書いてません。。。それなのに、どういうわけで夏目漱石とオナラを取り上げたのでござ~ますかァ?あのねぇ~...

  4. 漱石とオナラ (PART 2) - デンマンの書きたい放題

    漱石とオナラ (PART 2)

     漱石とオナラ (PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif) ですってぇ~。。。そうですわよねぇ~。。。イギリスのミスター・メタンのクリップを見たら、涙を流して爆笑しないではいられませんわァ~。。。あなただって、その馬鹿バカしさに、笑わずにはいられなかったでしょう!?うふふふふふふふ。。。話は変わりますけれど、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が最近、日本語が解る香...

  5. 自我の覚醒とエゴイズム - ヨハネの日記 “天運到来”

    自我の覚醒とエゴイズム

    多様化した現代にあって共同主観という概念で護送船団的な国家が崩される程個人主義が尊重されています。日本において激しく西洋化した明治時代にその象徴として鋭くエゴイズムの問題と真っ向から取り組んだ人文豪、夏目漱石があげられると思います。人間の奥底にある避けられない根源的罪として展開された「こころ」にはその揺れ動く心情と自己との葛藤がえぐられています。自分自身がその境遇におかれた時、「先生」のよう...

  6. 私の「北海タイムス物語」⑥ - 彩生堂備忘録

    私の「北海タイムス物語」⑥

     夏目漱石の「坊ちゃん」のように滑稽だが、津軽の人々はシャイで、イイフリコギ(格好をつける)の人が多いようだ。 弘前でローカル紙記者として働き始めて1年目。滑稽なことだが、標準語をしゃべる、というだけで人はあまり近づいてこない(笑い)。標準語を馬鹿にしているのではなく、逆にそれだけで凄い、という感覚である。仲間内では津軽弁を自由に使いこなし居心地が良いのだ。だから、きっと東京で暮らした人など...

  7. 神戸から~小泉八雲とブロンテ姉妹の繋りを研究・ヨークシャーから - 新書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から~小泉八雲とブロンテ姉妹の繋りを研究・ヨークシ...

    先週の木曜日に、ヨークシャーから日本に滞在中のSimon,Judith,Stacey、京都在住の浩子さんら4人が神戸に来られました。浩子様は、昨年の「京都漱石の会」でダミアン フラナガン氏の講演会に出席されて、同じ会場にいたのですね❗️不思議なご縁を感ぜずにはいられません。新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。ネットを通してのやりとりでしたので、お会いするのは初めてでした。三宮で会合を持ちまし...

  8. 馬鹿は百人寄っても馬鹿なり/漱石のすべて 佐々木英昭「夏目漱石 人間は電車ぢゃありませんから」 - 梟通信~ホンの戯言

    馬鹿は百人寄っても馬鹿なり/漱石のすべて 佐々木英昭「...

    安倍政権を、けっしていいとは思わないけれど、ほかがだめだから、渋々消去法で支持する人々よ。一強が過ぎるととんでもないことになる、その時(共謀罪が成立した時)に後悔してももう遅い、ほかの選択肢が消えてなくなっているかもしれない。駄目なところでも敢えて支持する、たとえば沖縄を守る政党を支持するようなことが今一番大事なことじゃないですか。支持率を下げるだけでも意味があるのです。内田百閒が書いた漱石...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ