多摩オオカミのタグまとめ (16件)

多摩オオカミのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには多摩オオカミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 今日ものんびり動物園

暑いけれど、少しずつ秋の気配がしてきた9月中旬の多摩のオオカミたちの様子です。この日は一日を通して穏やかな時間を過ごしていたのですが、収容時にアクシデントがありました。担当さんがいつも通り、「お部屋に入るよ」の合図でベルを鳴らし、シュートが半分開きます。他の3頭がすんなり入って行く中、入口でためらうロト(オス9歳)。挙動不審でこちらを振り向きます。…どうしたの?ロトが入らないため、先に部屋の...

by 今日ものんびり動物園

夏真っ盛りの多摩、オオカミたちは気温が高い間の動きはなくなり、茂みの影で休んだり、水浴びをしたりとのんびり過ごすようになりました。そんななか、放飼場に珍入物を見つけたときの、大放飼場のメンバーの様子です。夕方に入った頃、ロイ(オス9歳)が何かを咥えて丘の上に登ってきました。口元にオレンジ色の何かが見えます。どうやらビニールテープのようでした。風で飛んできたのかな?丘の上に来ると口から放して、...

by 今日ものんびり動物園

7月の多摩オオカミ、大放飼場のメンバーの様子を二日分まとめて。春頃から続いている、ロキ(オス8歳)とロト(オス9歳)の小競り合いですが、6月頃に一旦決着がついたものの、群れ全体になんとなく不穏な空気は漂ったままです。この日はロトからロキへの挨拶もみられましたが、ふたりともまだ表情が強張っていました。そんななか、群れの雰囲気を良くしようと頑張っていた様子なのが、メスのチロ(10歳)。いつもはあ...

by 今日ものんびり動物園

暑い日差しの中、揃ってモートに降りた大放飼場のメンバー4頭。3頭が違うニオイを嗅いでいる中、ただひとり違う場所でゴローンしてる個体が…ロト(オス9歳)ですね(矢印)。夢中になってゴロスリしているのを見て、みんなが集まってきました。しばらく尻尾を振りながら戯れ合っていた様子でしたが…ニオイの元となった大きなホネを咥えて、ロトが飛び出してきました。他のメンバーは地面についたニオイのほうが気になる...

by 今日ものんびり動物園

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。動物たちにも、皆様にも、楽しく和やかな年でありますように!多摩のオオカミたちは、元気いっぱい楽しく過ごせる年になりますように♪酉年…好きな鳥がたくさんいるので誰にしようか迷ったのですが、縁起物のタンチョウで。金沢動物園のタイラくん(25歳)です。小首を傾げた仕草がキュートでしょ?金沢のタンチョウ舎は手作り掲示が楽しく、とても静か...

by 今日ものんびり動物園

今年も当ブログを訪問してくださった皆様に心からお礼申し上げます。日々の疲れを癒し、新たな知見を齎してくれる動物たちと、彼らとともに頑張ってらっしゃる園館の皆様にも、深く深く感謝致します。今年も楽しい時間を、ありがとうございました。毎年のことですが今年も仕事が忙しく、昨年よりも休暇を取ることができなかったため、遠征も、ブログ更新も控えめな年になりました。ついに北陸には行けませんでしたので、来年...

by 今日ものんびり動物園

前々前回から続くミロのオオカミ生、最期までの2年間を振り返ります。14〜15年冬にかけての繁殖期は、メス同士の闘争が再び激化し、アルファが存在しない影響で大怪我を負う個体が増えました。そのため、次々と群れのメンバーが入れ替わりました。(以下2015年撮影)15年初は、一番の味方だったリロと、積極的にミロを威圧していたチロが怪我をして隔離になり、ミロとメロのメス2頭・オス4頭の群れで展示されて...

by 今日ものんびり動物園

前々回から、ミロのオオカミ生を振り返る記事の続きです。2013年の4月下旬に、待望の新獣舎が「アジアの平原」エリアとして公開になりました。ロボ一家は全頭が、今までの倍以上の広さがある大放飼場に展示されることになります。引っ越し前、まだ繁殖期が終わっていないまま、弱いオメガの状態で移動を経験することになったミロ。4月中旬に放飼練習を開始するまでは、家族とともに、狭い獣舎の中で過ごしていました。...

by 今日ものんびり動物園

前回からの続きで、ミロのオオカミ生を振り返ります。(以下2012年撮影)ミロがオメガの地位にまで落ちてしまったのは、2012年の1月に起こった、繁殖期のメス同士の序列闘争がきっかけだったと思われます。前年の秋にオメガになったマロとは、最下位を巡って牽制し合う関係になりました。ここでミロはおそらく、マロの容量の良さや気の強さに負けてしまったんだろうなと推測しています。ここから長い長いオメガ生活...

by 今日ものんびり動物園

16年11月に亡くなった多摩オオカミ一家の長女・ミロ(享年11歳)。追悼の意味を込めて、彼女のオオカミ生を振り返ってみたいと思います。まずは旧獣舎時代の、2010年から2011年末まで。(以下2010年撮影)コンデジ撮影分の2008〜2010年の秋ぐらいまでの写真は見つからず…。かろうじて見つけたこの写真、ミロは中断の左から2番目の個体です。みんな、若いですね〜この頃私は個体識別ができていな...

by 今日ものんびり動物園

前回から1カ月ほど経った頃の、多摩オオカミ大放飼場のメンバーの様子です。このひと月の間は気温の変化に慣れるためか、どの個体も茂みで休んでいる時間が多く、特筆すべき行動は観察できませんでした。沈静化してきたと思っていたロキ(オス8歳)とロト(オス9歳)の序列闘争ですが、やっと暑さに慣れてきた時期に、再燃してしまったようです。草木が茂っているので見え難い写真もありますが、ご了承ください。私の位置...

by 今日ものんびり動物園

GWも過ぎ、気温が高くなってきた5月の多摩オオカミたちの様子〜。1週間行かない間に、あっという間に緑いっぱいになっていてビックリ!この時期の植物の生命力はすごいです。まずは小放飼場のセロ(オス9歳)とミロ(メス11歳)の様子から。緑の中から姿を現したセロ。新緑の香りを楽しんでいるのか、それとも別に想いを馳せているのか…気温は高いですが、繁茂している緑のおかげで快適なのか、動いている時間が多か...

by 今日ものんびり動物園

前回の「うまい棒ごっこ」からの流れで、大放飼場のメンバーの様子。ひとり遊びを終えたロイ(オス9歳)がじっと見つめる先に、昼寝から目覚めたチロ(メス10歳)がいました。ロイの「遊ばない?」視線を感じ取ったのか、尻尾フリフリ、嬉しそうにやってきたチロ。最初は遠慮がちに顔をゴシゴシしていましたが、だんだんエスカレートしてきて一緒にゴローン!ここからだとどういう体勢かよく分かりませんが、お互いの身体...

by 今日ものんびり動物園

うららかな春の日のロイ(オス9歳)、ひとり遊びのひとコマ。日向でゴロリン♪と気持ち良さそうに寝転がったロイ。一瞬、何か獲物を見つけたような雰囲気で固まったと思ったら自分の尻尾を咥えようとし始めます(笑)見つけたのって自分の尻尾かいwwこのひとり遊び?、他の個体もたまにやっているのを見かけますが、中でもロイの頻度が高いようです。密かに「うまい棒ごっこ」と呼んでいます(笑)果たして尻尾は咥えられ...

by 今日ものんびり動物園

11月5日、多摩のオオカミ兄弟の長女・ミロ(11歳)が亡くなりました。ここ1年くらいはずっと体調を崩しており、その日その日の調子を見ながら放飼場に出している状態でした。暑い夏の間は放飼場には出さず、空調のきいた獣舎で過ごしていたミロ。9月の中旬に体調が悪化して、動物病院に入院していました。昨年から少しずつ、目や足腰が衰えていって、障害物の多い放飼場での暮らしは大変そうでしたが、それでも苛つく...

by 今日ものんびり動物園

桜が満開の時期、多摩のオオカミ放飼場にはユキヤナギも満開でした。前回の観察で、少しぎこちない雰囲気になってしまった第一放飼場のメンバー。その後の様子です。この日は珍しく、ロキが遠吠えの始まりを勤めていました。隣の放飼場ではセロが単独で展示、ミロは室内でしたが、別組の誰かが遠吠えを始めたわけではありません。自分からひとりで遠吠えをし始めるのは珍しかったです。すぐに共鳴し出したのはチロ(メス9歳...

似ているタグ