大坂のタグまとめ

大坂」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大坂に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大坂」タグの記事(10)

  1. 大阪 緑地公園 - 石のコトバ

    大阪 緑地公園

    以前の緑地公園のバラのことちょうど見事にたくさんのバラが開花していてそれぞれ立派な名前がついているのですが、もちろん記録もせずおぼえません。たまには名前もと一緒に写したのはやはり正解ですが・・・皆名前をいれるのもねぇ~色々本当に目移りします。緑地公園はいろいろな庭園もあります。韓国庭園は花博の時の建物がそのまま修復されて残されています。前庭は韓国の石造物その前に日本庭園もありましたがその後、...

  2. バラ撮影会 - シャドーボックス作品集

    バラ撮影会

    大阪にあるローズガーデンに写友さんに連れて行ってもらいました。広い庭園に沢山のイングリッシュローズが植えられて見事でした。バラのいい香りが漂ってましたね🌹ちょっとお天気が良すぎて🌞でも^^バラ大好き人間としてはいい所を案内してもらい嬉しかった~秋バラも見てみたいですね~曇りの日に・・・・・笑バラの種類も沢山。。鉢植え買って帰りたかった🌹ショップ...

  3. 大阪天満宮の梅とすべらんうどん - 彩の気まぐれ写真

    大阪天満宮の梅とすべらんうどん

    3月1日   大阪天満宮といえば菅原道真が祀られ合格祈願に訪れる人が多いです。 菅原道真が詠んだ「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」の詩が有名です。 境内にはしだれ梅が綺麗に咲いていました。参集殿前の紅白のしだれ梅。メジロが蜜を吸いに来ていました。鳥居を入って星合橋を渡ると・・・大阪天満宮・祖霊社があります。 こちらにも梅の花が綺麗に咲いています。八重紅梅。白梅。ノボタン...

  4. 「ピーターラビット展」に行ってきました - あるひ

    「ピーターラビット展」に行ってきました

    大阪で開催されている「ピーターラビット展」に行ってきました。上の2枚は、写真撮影コーナーです。早めに会場に行ったので、ちょうど人がいない時に、ちょうどの感じで何枚か記念写真が撮れました^^とても楽しみにしていたので、ゆっくりと見ました。原画を見る事が出来る日がくるなんて・・・、本当に感激です。ポターの可愛がったお人形の展示もあるという事で、これは、本当に楽しみでした!!!美しいファッションド...

  5. 背中 - いんちきばさらとマクガフィン

    背中

     ふと撮つて、後から見て、惡くないと思つた背中。 齢を経るのは、悠然を身につけることでもあるか。 尤も、御苗場vol.20横浜への出展は躊躇はれて、詰りこれは"没4!"でもある。

  6. 没3! - いんちきばさらとマクガフィン

    没3!

     しつつこく、御苗場vol.20横浜向けに撰考中の没寫眞である。 これは大坂の天王寺界隈。お午前だつた筈だが、立ち呑みだの串かつだのはどこも賑々しくつて、その賑々しさは観光地的な名所となつてゐる箇所と、地元の親仁が通ひ續けて半世紀といつた様相のと、極端に分かれてゐたのが何だか愉快に思はれた。 没にした理由はごく簡単である。 かういふ場所は撮るより吞むべきだからで、この時暖簾を捲らなかつたのは...

  7. 沈黙と饒舌 - いんちきばさらとマクガフィン

    沈黙と饒舌

     ある寫眞が一枚あるとする。その一枚の寫眞を見るひとがゐるとする。その一枚の寫眞と見たひとの間に何かしらの…肯定的否定的はこの際問はないとして、何かしらの反応があつたとする。寫眞が表現(もつと大きく云へば藝術)になるとすればこの瞬間或はこの瞬間しかないのであつて、音樂でも絵画でも彫刻でも映画でもその辺りの事情は変らない。勿論不肖丸太が弄する文章だつて例外ではなく、無人の平原に打ち捨てられたオ...

  8. 没2! - いんちきばさらとマクガフィン

    没2!

     前回に續いて、御苗場vol.20横浜向けに撰考中の没寫眞である。 単独で見るとさう惡くはないと思はれるのだが、"対比"の点から考へると、どうにも撰ぶのが六づかしいと解つたので、2点目の没印となつた次第。 併し考へてみると、かういふ"スナップらしい"スナップは殆ど撮つてゐないので、機会に恵まれたらプリントするのもいいかも知れない。

  9. 没! - いんちきばさらとマクガフィン

    没!

     【予告】推して参る【宣伝】で既に熟れて…訂正、触れてゐるとほり、ニューナンブはMusketeersの鎧を纏つて、御苗場vol.20横浜に出展する。 出展する以上は出展する寫眞が必要になるのは自明の理といふやつで、これがまつたくのところ、悩ましい。 すりやあ、あなたの寫眞が一体にアレだからだよ。 と指摘されれば反論をたてるのが六づかしくもあるのだが、些か居直ると全滅ぢやあありませんよ。その程...

  10. 虚々實々の下田行② - いんちきばさらとマクガフィン

    虚々實々の下田行②

     特別急行列車の"踊り子"105號は午前9時に東京驛を發車、小田原驛10時2分を経由して伊豆急下田驛には11時34分に到着する。小田原から伊豆急下田までの所要時間は新宿驛發甲府驛着の特別急行列車"あずさ"と同じくらゐ。 小田原驛を起点とした場合の運賃は2,290円。指定券の1,540円を加へて計3,840円。これが片道なので往復7,680円が交通費といふ計算になる。 南伊豆フリー乗車券を使へ...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ