大阪眼科集談会のタグまとめ

大阪眼科集談会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大阪眼科集談会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大阪眼科集談会」タグの記事(6)

  1. 第418回 大阪眼科集談会 その3(1027) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第418回 大阪眼科集談会 その3(1027)

    20年以上ご無沙汰の三千院。BRVOは眼科領域の中においては、それほど厄介な疾患でもなく、昔は、FAして、網膜光凝固。あとは、止血剤とか抗凝固薬出して終わりだったのですが、その後治療に対する考え方は、二転三転して、チョット勉強しないと、今のトレンドというか、現時点でのコンセンサスが何なのかわからなくなります。また、医師によって、必ずしも治療方針は一定でなかったりして、同業者の集まりにおいても...

  2. 第418回 大阪眼科集談会 その2(1026) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第418回 大阪眼科集談会 その2(1026)

    花鳥風月。年をとるとこの順にはまる・・と言われた。花鳥と来たので、次は風?5,ANCA関連血管炎に発症した網膜中心動脈閉塞症の1例 高木麻衣 大阪医大※ANCA(anti-neutrophil cytoplasmic antibody、抗好中球細胞質抗体 IgG) MPA(顕微鏡的多発血管炎)・EGPA(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症)⇒MPO-ANCA(+) GPA(多発血管炎性肉芽腫症...

  3. 第417回大阪眼科集談会 その4 (1010) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第417回大阪眼科集談会 その4 (1010)

    満開特別講演眼内レンズ手術の進歩と諸問題-多焦点レンズを中心に ひらかた山岸眼科 山岸和矢先生 いつもお世話になっている大先輩なので、まず、『ヨイショ』しておきます。私が入局した昭和59年は、関西医大はまだICCE時代で、その年の途中に山岸先生は、確か天理方面から帰ってこられました。先生はあまり覚えておられないかもしれません、私にとっては、忘れようとしても忘れられない衝撃的出来事で、後半の指...

  4. 第417回大阪眼科集談会 その3 (1009) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第417回大阪眼科集談会 その3 (1009)

    ユキヤナギは先に満開・・9,重症未熟児網膜症に対するranibizumab硝子体投与 平木翔子 近大従来は光凝固しかなかったのだが、bevacizumab硝子体投与(IVB)が行われるようになり、光凝固に代わりうる治療となることが期待されている(BEAT-ROPスタデイ)。再発率も低く、近視や乱視も生じにくいとようだが、オフラベルなのと、血清VEGF濃度への影響を少なくするためにも、rani...

  5. 第417回大阪眼科集談会 その2 (1008) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第417回大阪眼科集談会 その2 (1008)

    4,ぶどう膜炎による網膜剥離を疑われ、硝子体手術により復位した1例 南高正 JCHO大阪実は眼内鉄片異物であったというオチがつく発表。56歳の大工さんで、数年前、小さな細い釘状のものを扱っていて、それが眼に飛び込んだ(?)過去があるのだが、その時は、何か眼に当たったけど大丈夫・・・ということで、すまされたらしい(ありがちなケース)。その後少し時間が経過して、ぶどう膜炎・網膜剥離がありPEA+...

  6. 第417回大阪眼科集談会 その1 (1007) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第417回大阪眼科集談会 その1 (1007)

    今週中に満開かも・・平成29年4月1日 毎日新聞オーバルホール1,動脈炎型前部虚血性視神経症にみられた paracentral middle maculopathy 大石奈津子 大阪市大http://jamanetwork.com/journals/jamaophthalmology/fullarticle/1724457OCT上、PAMMと呼ばれる所見。2例紹介されて、最初の症例は網膜・脈...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ