天智天皇のタグまとめ

天智天皇」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには天智天皇に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「天智天皇」タグの記事(3)

  1. 百人一首 - ちょっと和ごころ ちょっとパリに憧れて ~3姉妹物語~

    百人一首

    今日は百人一首をご紹介したいと思います。001天智天皇 (てんじてんのう)626~671 称制661~667 在位668~671 第38代天皇。中臣鎌足とともに蘇我氏を滅ぼし(乙巳の変)、大化の改新を断行。近江大津宮に遷都の後、即位。庚午年籍を作成し、近江令を制定した。現在、天智天皇を祭る近江神宮では、かるた祭や各種のかるた大会が行われている。秋の田の側につくった仮小屋に泊まってみると、屋根...

  2. 214 天智天皇が建てた寺・崇福寺 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    214 天智天皇が建てた寺・崇福寺

    天智天皇も寺を建てていた扶桑略記によると崇福寺は668年建立です写真は崇福寺です。下の写真は、大津市歴史博物館の売店で買った「かわら」から撮りました。天智天皇はこんな山の中に寺を建てたのですね。持統天皇の御代に、山寺として万葉集にも出ています。崇福寺は尾根の上に寺院があり、深い谷が間にあります。万葉集巻二の115は、但馬皇女の歌です。但馬皇女は天武天皇と藤原鎌足の娘(氷上娘)との間に生れまし...

  3. 213柿本朝臣人麻呂、近江京を詠む - 地図を楽しむ・古代史の謎

    213柿本朝臣人麻呂、近江京を詠む

    柿本朝臣人麻呂、近江京を詠む人麻呂は持統天皇にすべてを捧げて尽くした官人でした。公の儀式の場で歌を詠み、皇族の葬儀でも挽歌を詠んでいます。人麻呂が近江京を感傷する歌を詠んだのは、持統天皇の御代でした。持統天皇はこの歌をどんな思いで、どんな顔をして聞いたのでしょう。微笑んだのか、涙を流したのか、知りたいものです。人麻呂が荒れた近江京を感傷する歌を詠んだのは、持統天皇の御代です。万葉集巻一「藤原...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ