奥多摩のタグまとめ

奥多摩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには奥多摩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「奥多摩」タグの記事(24)

  1. 奥多摩観光 - まめ@かげつ

    奥多摩観光

    こんにちは。かおです。長かったお盆休みも終わり、今日からお仕事という方も多いでしょうか。当店も通常通りの営業に戻り、ランチも再開しました。改めましてどうぞ宜しくお願いします♪さてさて、昨日は振替休業をいただいて奥多摩観光へ行って来ました。御岳山では今、レンゲショウマという可憐な花が満開なのです。生憎の雨のお陰でゆっくり撮影出来ませんでしたが駐車場にもすんなり入れて、ケーブルカーは貸し切り状態...

  2. 森林浴 - ココデハナイドコカヘ

    森林浴

    奥多摩方面に森林浴に行ってきました。夏休み中なので、混雑を警戒して早朝に出発。観光地や話題の場所には近づかないので、静かな森の中で、至福の時を過ごせました。おそばを食べて、お昼前に帰路につきました。昨夜は強風が吹き荒れていたようで、力尽きた栗が緑のままたくさん落ちてました。無念だっただろうな…と思います。車の運転は、私にとって瞑想です。運転に集中していると、頭がクリアになり、たくさんの閃きが...

  3. 弛まぬ清流 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    弛まぬ清流

    山肌から噴き出すような清流は弛まぬ流れとなって命の糧となっているようでした。

  4. 苔むす渓流 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    苔むす渓流

    美しい苔の生える渓流には冷たい山水が流れていました。

  5. 涼やかな清流 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    涼やかな清流

    滝つぼはマイナスイオンに満ち冷ややかな空気に包まれていました。

  6. 夏の渓流 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    夏の渓流

    沢音も涼やかな渓流は清らかな水が流れていました。

  7. 体幹の強さは体力につながるの巻-雲取山 - 山歩きの記録

    体幹の強さは体力につながるの巻-雲取山

    年末の忘年会山行で、翌年の年間計画を発表するのは、社内登山部「PJC」の常。夏季山行の幹事を任命されたぬましんが出してきた山行対象山域は、カレンが切望する北アルプスの涸沢。せっかくだから、北穂高も登ろうじゃないか、そのためには涸沢までの往復30kmを歩けるトレーニングをしようじゃないか、と決めたのは、1月下旬だったかな。6月上旬に渋谷のサイゼリヤに集まって、夏季山行に向けた作戦会議。その際、...

  8. Brings backs memories by photograph/2008ヤダヤダ登り - 空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

    Brings backs memories by ph...

    ヒルクライムが好き、愛してるってほど、まだ変態性を帯びて無く多分この先も芯からヒルクライムが好きってイイ切れる自身がある日がくるのはいささか承知できないのだが走ること亀のごとし、なペースなれど、峠経由で旅をするのが好きは、ずっと変わらない?はずだ。既にノーマル版のツーリングマップルが、老眼で小さい文字が拾えないのだが愛読書だったので、雰囲気で読む。でライドの計画を立てるのだね。この日はGWち...

  9. 奥多摩湖大盛り焼きそば補足 - 空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

    奥多摩湖大盛り焼きそば補足

    今はなき大盛り焼きそばの記事を見てもお腹いっぱいにならないよねぇ。ということで、最近の観光客の出入りはわからないけどいつも静かな旅情を堪能できる、ワタクシお気に入りのお食事ドコロご紹介。小河内ダムを見下ろすビューポイントから御理解いただけると思いますが折角湖畔にたどり着いたのに、ココからまた登るの!!!と言われても、ハイ、そのとおりです。とお答えするしかありません。ですので、脚を残す、クレバ...

  10. Brings backs memories by photograph/ 2008 伝説の奥多摩湖駐車場テンコ盛り焼きそば - 空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

    Brings backs memories by ph...

    そんな図体でコレしか喰えないのか!ともっと盛ろうとする焼きそば屋のオヤヂこれ以上、って 、もう溢れるだけじゃんって、そういう焼きそば屋が奥多摩湖にあったわけです。世間の荒波に翻弄されて荒れた生活してたんだ風な人生の様々なお味を味わってきた、半ば酔っ払っている風な味わい深いオヂサンが焼く焼きそばはたぶん、つまり、料理下手なワタクシでさえもやっつけ仕事的な焼き方で一瞬たじろぐわけなのだが腹が減っ...

  11. 酒の時間 肴の空間 - いんちきばさらとマクガフィン

    酒の時間 肴の空間

     肴…サカナと讀むのだが、これはサカとナに分けられる。 酒菜とも書くのがその證拠。  但し菜とはあるけれど野菜に限る必要はなく、酒席に供せられる食べもの全般の意と理解すればいい。鶏の唐揚げ。餃子。臓物の煮込み。焼鳥。お漬物の盛合せ。鮪や鰤のおさしみ。〆鯖。烏賊の塩辛。ハモン・セラーノ。ポテト・サラド。焼ソーセイジにザワー・クラウト。 その他諸々、幾らでも挙げるのは出來て、但しここで大事なのは...

  12. 7月22日 シダクラ沢 - 犬の一歩

    7月22日 シダクラ沢

    佐渡に行く前のトレーニングとして、奥多摩のシダクラ沢に行くことにした。初級者向けの沢になっているが最後の詰めがややきつそうだった。4:30に自宅を出発し6:30に奥多摩湖の駐車場に着いた。水根から奥多摩むかし道を通り、シダクラ沢出合いには7:30頃着いた。ここからつり橋を渡り、しばらく行った取水口のところから入渓した。どの滝も直登、または巻くことが可能だった。魚影や当たりはあったものの渇水の...

  13. 牛さんに感謝 - 瀬島匠 アトリエクラージュ

    牛さんに感謝

    先日は東京奥多摩でバーベキュー。さらに昨日は、山形にて「さくらんぼ御輿」と「石巻リボンアートフェスティバル」の打ち上げのために、牛肉で20キロのバーベキュー。みんなで完食。牛さんに感謝。

  14. 鳥の眼で - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    鳥の眼で

    森の欅の大木に美しい苔が生えていました。まるで鳥瞰図のような模様は想像力を駆り立てます。

  15. 清流にて - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    清流にて

    少し体調を崩して自宅療養をしていた妻を連れ出して清流に遊びました。素足になって小魚が泳ぐ冷ややかな流れに浸かるととても気持ち良く、妻の表情にも明るさが戻っていました。 昼食は程近い豆腐懐石のお店でとても美味しくいただきました。たまには、こんな小旅行もいいものですね。

  16. 東京最西の地で疣取を採る - 鍬仁の庭

    東京最西の地で疣取を採る

    ※デジカメを忘れたため、写真は全てiPhone6sで撮影していますGW真っ只中なので、始発の電車に乗ったのでは早朝のバス停大混雑に巻き込まれてしまう・・・ということで、前日に奥多摩に入り、テント泊をすることに決めました。キャンプを楽しみながら虫を採ろう!というのが今回のテーマです・・5月4日昼過ぎ、相方と待ち合わせ、買出しを済ませてから電車に乗り込みます。・・1:30 奥多摩駅に到着。予想よ...

  17. 6/3 奥多摩 鷹ノ巣山② - 犬の一歩

    6/3 奥多摩 鷹ノ巣山②

    石尾根からは広い尾根を山頂までゆっくり登っていく。少し小さいスミレやキジムシロの仲間、トウゴクミツバツツジが咲いていた。わらびも大量にあったので少し持って帰った。富士山、南アルプス、雲取山などの奥多摩の山々が一望できた。キジムシロの仲間登ってきた浅間尾根南アルプス雲取山方面六ツ石方面登りは2時間強かかったが、下りは1時間半弱だった。

  18. 6/3 奥多摩 鷹ノ巣山① - 犬の一歩

    6/3 奥多摩 鷹ノ巣山①

    鷹ノ巣山は標高1736.6mあり、奥多摩でも名の知られた山だ。今回は奥集落からの往復のコースを選択した。登山口のある奥集落は標高900ⅿほどあるので、実質、登るのは800m程度だ。普通の人なら峰谷バス停から登って水根へ下るのだろうが、このくらいがちょうどいい。奥登山口に7:30過ぎに到着。既に数台の車が停められていた。登り始めて少し行くと神社がある。ギンランフタリシズカ神社を過ぎてから植林地...

  19. ハイキングツアー@神楽坂店 - ゲストハウス東京かぐらざか

    ハイキングツアー@神楽坂店

    ゲストハウス東京恒例の奥多摩ハイキングツアーです。今年は、日本、台湾、シンガポールとアジアメンバーとなりました。天候は良好の予報だったのに上は濃い霧に覆われてました。でもとても幻想的な世界を歩けたのはよかったです。

  20. 和田峠から甲武トンネルへ(クルマだけど) - 空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

    和田峠から甲武トンネルへ(クルマだけど)

    世間ではGWでウキウキですが、夫婦揃ってお疲れちゃん。休みらしい休みは久しぶり。だけども、息子はお仕事なので、我が家はGWムードは皆無である。家人も、ワタクシが在宅するときはクルマで普段撮影できない遠くへ遠征できるから何処かへ連れて行け、というも、人手が多いところはつかれるしできれば歩き回るより、クルマで楽しないと身体シンドいしということなので、山里の牧歌的雰囲気を堪能できるルートということ...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ