奥州市の風景のタグまとめ

奥州市の風景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには奥州市の風景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「奥州市の風景」タグの記事(16)

  1. 桜の風景 水沢公園の夜桜散歩(#さくら) - 三友写真部

    桜の風景 水沢公園の夜桜散歩(#さくら)

    私の桜ショット&お花見弁当 岩手もやっと、本格的桜シーズンに入りました。 蓑虫山人の設計によるとされる水沢公園、見頃を迎かえたということで夜桜散歩に出かけました。 雰囲気盛り上げてくれる屋台の出店、その脇を通る幼子とお父さん、これから花見ですね。  まずは体育館脇の枝垂れへと移動しますと、こんな光景があちらこちらに… 陽が落ちるとともにライトアップされ、ひときわ目立つ桜があります。 近づいて...

  2. 奥州市江刺区の風景 「伊手熊野神社」と「出居の妻櫻」 - 三友写真部

    奥州市江刺区の風景 「伊手熊野神社」と「出居の妻櫻」

     「出居の妻櫻」の位置確認に、出かけてきました。 まずは、奥州市江刺区伊手の熊野神社を目指しました。 境内にある柴燈木登の燃え残りを見て、長徳寺蘇民祭を思い出しました。   「出居の妻櫻」は、境内を降り南東方向に200mのところにあります。 「田中長者」伝説があり、広大な屋敷の奥座敷から眺めたことから「出居の妻櫻」と呼ばれるようになったという、樹齢450年のエドヒガンザクラです。   種山ヶ...

  3. 奥州市江刺区の風景 梁川の闇に浮かぶ種蒔桜 - 三友写真部

    奥州市江刺区の風景 梁川の闇に浮かぶ種蒔桜

     奥州市江刺区梁川にある、樹齢400年のエドヒガンザクラ ライトアップの様子は、昨年の4月25日です。 18時から21時までのライトアップは、周囲は灯かりが少なく闇夜に浮かぶ様に見えます。 21時ライトアップが終わると、星とのコラボが楽しめます。  日中は、四方に伸びる枝満載のサクラが楽しめます。 👇圧倒的桜。2017 参加者募集中

  4. 奥州市江刺区の風景 江刺三十三観音二十二番札所「上青谷観音の桜」 - 三友写真部

    奥州市江刺区の風景 江刺三十三観音二十二番札所「上青谷...

     今年は何処を巡ろうかと、昨年回ったところを振り返っています。  こちらは県道287号線沿いにある、「上青谷観音」を覆うような樹齢400年のエドヒガンです。 ライトアップもしてましたので、今年はその様子も収めたいとおもいます。 2016.4.25

  5. 奥州市の風景 国立天文台で宇宙への"目"をグリーンライトアップ - 三友写真部

    奥州市の風景 国立天文台で宇宙への"目"をグリーンライ...

     早池峰神社で蘇民祭が行われる日ですが、所用で行くことがかないませんでした。 用事を済ませた後、水沢の国立天文台に立ち寄りました。  日本緑内障学会は、啓発活動のため世界緑内障週間(3月12日~18日)に合わせて「ライトアップinグリーン運動」を展開しています。 この間水沢VLBI観測所では、パラボラアンテナを18時から21時までライトアップしています。 岩手県内では国立天文台隣接の奥州宇宙...

  6. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「蘇民袋」の行方 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「蘇民袋」の行方

     蘇民祭で奪い合う「蘇民袋」は麻糸で織られており、幅一尺二寸(36センチ)・長さ六尺(82センチ)ぐらいで五升ぐらいの容積だそうです。 かつて袋織をする門前の女性(八人)たちは、三日前から精進をし当日朝湯を立て、波の花で身を清めてから始め、もみ、つむぎ、よる、へる、たてる、織るまでの工程を一日で仕上げていたそうです。  五穀豊穣を願う蘇民祭の準備一つから見ても、寒冷の飢饉が多い地では命がけの...

  7. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「あの日の勇姿に再開」 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「あの日の勇姿に再開」

     この写真は、2015年の花巻市貴訪山光勝寺「五大尊蘇民祭」でのものです。  あの時の勇姿の方に、今年の黒石寺蘇民祭でお会いすることができました。俺のヘラクレス(2015.2.25撮影) 「五大尊蘇民祭」の儀式で、松明を持つ姿にほれ込みポーズをお願いした一枚でした。 2017年2月3日黒石寺蘇民祭で「柴燈木登」も佳境に入るころ、レンズの中に見覚えのある背中・・・「俺のヘラクレスだ!」と心の中...

  8. 奥州市の風景 黒石寺「蘇民祭」薬湯とOTSNEWS編集者との再会 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺「蘇民祭」薬湯とOTSNEWS編集...

     黒石寺「蘇民祭」は午後10時から「夏参り」が始まり、「柴燈木登」・「別当登」・「鬼子登」・「蘇民袋争奪戦」と五つの儀式に分かれていていて、翌朝の6時30分まで続きます。 儀式と儀式の間は、「精進小屋」で休んだり「蘇民食堂」で飲んだり食べたりしています。 私は「夏参り」の終わった後「庫裡」脇の、灯かりの漏れる部屋に入りました。 ここは釜番がいて、かまどに薪をくべています。 釜に湯を沸かしてい...

  9. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「争奪戦」編 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「争奪戦」編

     「出ろ!出ろ!!」と親方衆の声に、本堂から狭い参道の階段を雪崩れるように落ちてくる。 熱気を帯びる集団へ雪のプレゼント、「アリガトウ」と集団から返る声 強面も愛嬌たっぷり、ウルトラマン?キン肉マンか! ここから車道に出て行くのですが、片側のみの交通規制のため、行交う車両をやり過ごします。 湯気を立ち上げて逸っている集団を抑えるのは、なんと消火ホース・・・消防団の活躍の場面です。 かつては、...

  10. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「鬼子登から争奪戦へ」編 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「鬼子登から争奪戦へ」編

     「鬼子登」が始まるころ本堂拝殿は、下帯姿の男衆が壁によじ登り「ジャッソ・ジョヤサ」と、力のこもった掛け声により熱気に包まれます。 異様な熱気の中を「鬼子」は、拝殿から本堂へと入ります。(2015.2.26蘇民祭から) この後拝殿中央に護摩台が設置され、その周りを守る親方衆の表情は真剣そのものです。 なんでもご利益があると、我も我もと護摩台に上がろうとして喧嘩になるらしいのです。 時計をみて...

  11. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「別当登」・「鬼子登」編 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「別当登」・「鬼子登」編

     薪の燃え上がりが勢いを増すころ、時の鐘が鳴ります。  午前2時です。 この鐘は、貞享3年(1686)に山野目の豪商阿部隋波、小平治親子が寄進した梵鐘で二百字程の由緒書きがあるそうです。 建物は、明治16年(1883)花巻の名工高橋勘次郎が建てたものだそうです。  時の鐘が鳴ると、半鐘で「別当登」の合図をします。 いよいよ庫裡から、蘇民袋が固く守られながら運び出される時が来ました。 「刀ち切...

  12. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「蘇民食堂」編 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「蘇民食堂」編

     2月3日午後11時30分から始まった柴燈木登りは、日を跨ぎ午前1時を過ぎても柴燈木の灯かりに照らされながら「ジャッソ・ジョヤサ」と掛け声が続きます。  140名にも及ぶ参加者がいるという、 本堂入り口では、振り落とされる薪・飛び散る火の粉をものともせず迎え撃つ親方、この気迫を乗り越えて本堂の祓いに入れる参内者はどれほどか。 ほとんど追い返されるのではと思える気迫・気力、なかには恐れをなして...

  13. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「柴燈木登」後編 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「柴燈木登」後編

     柴燈木の上に登り、火の粉で身を清める儀式です。 次々と登り「ジャッソ・ジョヤサ」と、気勢を上げます。 山内節が始まりました。 こうしてる間に火のついた薪を取り出し、邪気を祓いながら本堂を目指すのですが、ただならぬ気配の若者が登ってきます。  腰を落とし階段を丹念に右・左と払いながら、ジリジリと登って来る姿には気迫があふれています。 これぐらいの気迫がないと、入口で待ち構える親方に戻されてし...

  14. 奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「柴燈木登(ひたきのぼり)」前編 - 三友写真部

    奥州市の風景 黒石寺蘇民祭「柴燈木登(ひたきのぼり)」前編

     水で清めた「夏祭り」の後は、火の粉で身を清める「柴燈木登」が始まります。 そのため生松割木を、井桁に組み上げていきます。 午後11時30分になると、半鐘の合図が入ります。 「イヨー、イヨー」の掛け声で庫裡から本堂へ向かいます。 二人の男が「刀切り」をしながら、行列を先導していきます。 焚きつけ、柴、ごま殻、塩を持った人たちが続きます。  行列が本堂に到着すると、境内山中から切り出された...

  15. 奥州水沢の風景 黒石寺蘇民祭「夏参り」編 - 三友写真部

    奥州水沢の風景 黒石寺蘇民祭「夏参り」編

     蘇民祭は長丁場と出かけ前に仮眠をとりすぎ、午後10時開始の「夏参り」は三巡目に入っていた。 ワサワサと対岸の急斜面を下り、まずは全景一枚 そっと肩から掛ける、おしとやかな水垢離が続く・・・ おっ来た来た頭から清めてる、「やっぱりこれだよな」と見物者の勝手な思いでシャッターを押す。 オッこちらも頭から来た・・・でもなんか変・・・ 片手にはどうやら自撮りカメラ  ヒャーアとか嬌声を挙げた後、感...

  16. 奥州市の風景  黒石寺蘇民際は明日午後十時から - 三友写真部

    奥州市の風景  黒石寺蘇民際は明日午後十時から

     前日からの雪で、白く包まれた黒石寺昨晩の気温は-4℃水垢離をする山内川は、ご覧の通り氷が張っています。果たして明晩はどうなるでしょう。裸参り・柴燈木登・別当登・鬼子登と続きクライマックスの蘇民袋争奪戦へと続きます。親方が蘇民袋を切り裂き、中に入っている小間木(護符)を境内にばらまきます。この小間木は蘇民将来の子孫であることの証明であり、これを持っていると薬師如来のご加護により災いを免れると...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ