女性脳のタグまとめ

女性脳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには女性脳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「女性脳」タグの記事(7)

  1. 「なんでわかってくれないの!?」 - チェンマイUpdate

    「なんでわかってくれないの!?」

    女性からの殺し文句への応え方(3)(「女の機嫌の直し方」より)「なんでわかってくれないの!」多くの場合、これは、少しの変化も見逃さず、察することが得意な女性脳が、察することができない男性脳の働きに傷ついたとき、出てくる不満だそうである。なぜなら、察することは、自分を大切に思ってくれていることとイコールになっているからだと。例えば、ゴホン、ゴホンと咳をしながら炊事をしていた時、夫が気づいてくれ...

  2. 「あなたって、どうしてそうなの?」 - チェンマイUpdate

    「あなたって、どうしてそうなの?」

    女性からの殺し文句にどう応えられるか?(2)(「女の機嫌の直し方」より)「あなたって、どうしてそうなの!?」これは、女性が何回か言ったのに、男がいつもやってくれなかった時などに出てくる、不満の常套句。こういう時、「ごめん、ごめん」とただ謝るのはダメだそうである。女性脳が求める“共感”に響いていないからだ。謝らないよりましだけれど、ちっとも気持ちに沿って謝っていないからだ。「君にいやな思いをさ...

  3. 「私と仕事とどっちが大事なの!」 - チェンマイUpdate

    「私と仕事とどっちが大事なの!」

    (「女の機嫌の直し方」より)女性からは時折、どう応えようもない文句が出てくる。これに対し、生真面目にその言葉面をとらえようとする男は、返答に窮する。答えようのない質問だと思ってしまう。その言葉の裏にある真意を理解していないからだ。例えば、こう言われたら、なんと答えたらいいだろうか?「私と仕事とどっちが大事なの?」@@@@@論理を尊ぶ男性脳は、「比べようがないものを言うなよ!」と思って、「どっ...

  4. 男女会話のすれ違いの例(3) - チェンマイUpdate

    男女会話のすれ違いの例(3)

    男女会話のすれ違い例(3)(「女の機嫌の取り方」より)不公平に、‘えこひいき’で行かなくちゃ!男女脳それぞれの特性のひとつに、男性脳は、客観的に公平を旨に考えようとするのに対し、女性脳は、特殊的、個別で考える傾向が強いと言われる。男はこの点を大きく見落としており、たぶん決定的な「し損ない」を色々な場面でしているようだ。男女は愛でつながっているが、これは、特殊でえこひいきでなければいけないとい...

  5. 男女脳のすれ違いの例(2) - チェンマイUpdate

    男女脳のすれ違いの例(2)

    男女会話のすれ違い例(2)(「女の機嫌の直し方」より)男性脳と女性脳のすれ違いでケンカ!男性脳が、外へ出て狩りを行うなどの経歴から、遠方の空間把握などに強く、女性脳は、子育て、家を守ることから、近いところの微妙な変化の観察力に強いことは、良く知られている。出会った翌日に、女性は相手の服装など細かく覚えているが、男は、漠然としか覚えていない。カップルでドライブに行くとき、男女脳の得意分野でのす...

  6. 男女会話のすれ違いの例(1) - チェンマイUpdate

    男女会話のすれ違いの例(1)

    男女会話のすれ違いの例(1)(「女の機嫌の直し方」より)「駅の階段で転びそうになっちゃったのよ・・・」女性脳は、以下の様な体験話をするが、男はあまりしない。「けさ、駅の階段でこけそうになっちゃったのよ・・・」。男性脳の受け止め方は、転ばなかったんだから、いいじゃない。情報量ゼロだなと思い、「で、ケガなかったんでしょ。いいじゃない」てな言い方をする。女性はむっとする。男が必要な“共感”をしてや...

  7. 男女の会話はすれ違う! - チェンマイUpdate

    男女の会話はすれ違う!

    男と女の会話はすれ違う。たとえば、女性が「どうも頭が痛いの!」と言ったとき、たいていの男は(私も含め)、「薬飲んだの?クリニックに行ったの?」、または、「夕べ遅くまで何してたの?」と、解法を求めて問いがちだ。実は、これが女性脳の期待にちっとも沿っていない。このことを、問題解決志向型の男性脳は気づかない。共感志向型の女性脳の期待する言葉は、「おや、それは大変だね。大丈夫かい」という共感の言葉な...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ