季節の風物・日本の光景のタグまとめ

季節の風物・日本の光景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには季節の風物・日本の光景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「季節の風物・日本の光景」タグの記事(6)

  1. 花の季節がやってきた - 写真でイスラーム  

    花の季節がやってきた

    光則寺花々の重なりぐあいがうつくしい。濃いピンクはアメリカスモモ。ソメイヨシノに枝垂れ桜の古木葉とともに咲くのはヤマザクラ。ピンクの混ざりはなく真っ白。 しだれ、 しだれて、屋根に映えるコブシ、今年も元気で艶やかだ。仕事の夢で起きてしまうようなこの時期 身体が疲れていても、心の癒しのために敢えて鎌倉に出かけている。人気ブログランキング

  2. 花暦~3/30安国論寺 - 写真でイスラーム  

    花暦~3/30安国論寺

     ここのところ忙しくて遠出ができないため、唯一出来ることは春探し。安国論寺鎌倉から逗子方面に名越まで行くとその周辺にいくつも寺がある。その中の一つ、安国論寺の花本殿の奥の枝垂れサクラはもう八分咲き。ほんのりピンクがさしている。夕方に行ったので花の一部に日が当たり、そこはピンクが際立つ。ショカッサイ(アブラナ科)が竹の間に群生していた。ユキヤナギは庭を明るくする。紫のつつじだが、山に自生するよ...

  3. ウメノキゴケとすみれ - 写真でイスラーム  

    ウメノキゴケとすみれ

    すみれ春の山道を歩くと小さなむらさきがそこここに・・・。すみれがとても小さくて細い茎であるのに、山の固い土の上にたくましく生えてくるのは野草ならではの強さなのか。意外な所にもスミレを見つけた。梅の古木。大きな枝が横に枝を大きく伸ばしたところに窪みがあり、そこになぜか根を生やしたスミレが咲いていた。飛んできたほんのわずかな土と雨の雫でいきているのだろうか。ところで、スミレの生えた梅の古木。何や...

  4. 春~ヒュウガミズキ - 写真でイスラーム  

    春~ヒュウガミズキ

    1.ヒュウガミズキ    こんな低灌木を見つけた。地味だけれど、じっと見いてしまうやさしさがある。ヒュウガミズキのヒュウガは日向の意味。ミズキには土佐ミズキと言うのもある。ガクの薄くさしたピンクが桃の表皮のようでやさしい雰囲気を出している。2.                                 3月20日の光則寺(鎌倉)。この寂しげな海棠の木があと1週間あとからどれほど明るく華...

  5. 久しぶりの霜柱 - 写真でイスラーム  

    久しぶりの霜柱

    霜柱  日本全国真っ青に塗られた気温地図を見て本当に強い寒気団がきたのだと、驚いていた。夜のうちに寒気は夜中に土中の水分を凍らせて、毛細管現象で細い氷柱になった。 それが霜柱となるのだが、舗装されていないところばかりのころは真冬にはあちらこちらで目にして、薄い運動靴でザクザクと踏んであるいていた記憶があるが、近ごろは土に接していないためか見かけなくなった。久しぶりにザクザクの霜柱。朝日に照ら...

  6. リスが行きかう谷戸 - 写真でイスラーム  

    リスが行きかう谷戸

           鎌倉は谷戸であり、どの寺社も低い公道側に門があり、そこから奥に行くほど山になっている。もちろん、緑は多く、様々な草木を愛する人たちによって大事にされている。 そんな緑多き鎌倉にはたくさんのリスが住んでいる。1950年ごろから鎌倉で見られはじめて、その後増え続けている外来生物で、推定鎌倉だけで?万匹とも言われている。タイワンリス又はクリハラリスと言って本来腹部が栗色であったが、な...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ