安倍首相のタグまとめ (14件)

安倍首相のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安倍首相に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 御言葉をください2

日経新聞の世論調査が60%を越しているという話を聞いて、日本の道義は地に落ちているのかもしれない、と思う。もう、日本は内部から崩れていく他ないのかもしれない。またしても、エレミヤ書を思い出す。しかし、言うべきことは言い続けていこう。イザヤ書のこういう箇所が思い出される。そのとき、わたしは主の御声を聞いた。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」わたしは言った。「わたしがここにお...

by 御言葉をください2

「国政調査権」と自民党の人たちか口にしているので、「国政調査権」について調べてみた。憲法第62条にあるものだそうであるが、どうやら、参考人招致も証人喚問もそれにあたるらしい。自民党の人たちはなにを言っているのだろう。自民党の人たちの頭の中は今は「しっちゃかめっちゃか」になっているのではないか。(参考)日本国憲法第62条 両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並...

by 御言葉をください2

今朝、ベッドの中で心に浮かんで来た言葉。

by 御言葉をください2

いわゆる「森友学園」問題のせいだという。昭恵夫人は、高校生未来会議に欠席。「迷惑をかけてはいけないから」ということである。予算案は当然として、天皇退位に関わる議案、国会議員定数に関わる議案もまだ、審議が始まっていないようである。

by 杉本敏宏のつれづれなるままに

 日刊ゲンダイDIGITAL に「谷査恵子氏“国外追放”情報」という記事が載っていた。こんな書き出しの記事である。 森友学園に問題のファクスを送付した女性官僚・谷査恵子氏の身辺がにわかに騒がしくなっている。 噂・憶測の段階だが、こんな話が出回っているというのだ。 安倍首相の怒りはすさまじかったそうで、「逆鱗に触れた谷氏の左遷情報がすぐさま霞が関を駆け巡った」(総務省キャリア)という。「4月1...

by 杉本敏宏のつれづれなるままに

 安倍首相は、首相夫人付職員のFAXについて「事務的打合せをしたものにすぎない」と夫人の関与否定に必死になっています。しかし否定すればするほど、疑惑は深まって行きます。 籠池氏に届いた二通のFAXの内の一通だけを、ことさら取り上げています。隠したいもう一通が、問題ですね。折衝の内容、進展具合が、具体的に詳細に書かれています。 「夫人付職員が独断でやった」ことにしたいようですが、これだけの折衝...

by 杉本敏宏のつれづれなるままに

 実は、籠池氏の証人喚問が決まった時、心配したことがあります。「籠池氏が出席できるかどうか」ということです。「出席拒否」という意味ではありません。「交通事故が一番手短かなあ、最悪、急死ということも考えられるなあ」などと・・・。それは一応杞憂でした。 さてこの窮地、「もしも自分が安倍首相の立場だったら、何を考え、どう行動するか」。安倍首相の心の内に分け入ってみよう。1.妻を証人喚問させないため...

by 御言葉をください2

NEWS23を観ていると、田原氏はそう言う。わたしがさきほど書いた記事では、自民党の誤算のように書いたが、なんと安倍総理自身かそう決定した、ということである。もし、そうだとすると、墓穴を掘ったというべきであろう。「戦闘モードに入った」と報じられていたが、この「戦闘モードに入った」ことによって、安倍総理は自滅の道を歩み始めた、ということになるだろう。人気ブログランにほんブログ村キング

by 御言葉をください2

記者たちのインタビューで記者の質問の言葉に「首相の辞任」という言葉が入ったのを2回ほど聞いた。人気ブログランキングにほんブログ村

by 新聞に苦言・提言・暴言

早期に衆院解散の観測もあります。野党は、「反原発」1本で結集し、闘うべきだろう。自民党にも反原発派がいる。 その人たちも飲み込むべきだ。 一方、原発容認の野党は排除すべき。今度は、不正選挙は行われない。 少なくとも自民のために行われることはない。 自民は惨敗する。 その情勢が読めれば自民から脱藩者が続出してもおかしくはない。憲法ほか、重要な政策課題が他にもあるが、国民にとってわかりやすいのは...

by 御言葉をください2

「安倍首相は大好きなゴルフをやり、外遊するとストレスが発散されて元気になる。安倍官邸は、どんなに批判されても、外遊日程とゴルフ日程を確保するつもりです」(政府関係者) 以上は、今日の「日刊ゲンダイ」の3面記事から。安倍晋三首相は、かなり顔色が悪く、体調が悪化しているというのである。人気ブログランキングにほんブログ村

by 杉本敏宏のつれづれなるままに

 MAG2NEWS が「荒れる森友学園問題の裏で着々と成立に近づく「共謀罪」の危険性」という記事を配信してきた。ここのニュースは時々、「??」と思うことがあるのだが、今回は共謀罪の危険性を真っ正面から指摘した記事である。大阪・豊中市の「森友学園問題」の裏で、安倍政権が今国会への提出を目指している、組織的犯罪処罰法の改正案。官邸サイドはその必要性を強く訴えて続けていますが、メルマガ『国家権力&...

by 杉本敏宏のつれづれなるままに

 夕方、日本共産党の小池書記局長が、例の森友学園の土地の口利き疑惑を追及している国会中継を見た。 安倍首相の答弁は、まったくひどいものだった。いつものように、「聞かれたことには答えない」「質問を捻じ曲げて答弁する」という、見苦しいものだった。その顛末は「リテラ」が詳しく報じている。 この国会中継を見ていて、「何だ?」と思ったことがある。首相の隣りに座っている麻生財務大臣が、ニヤニヤ、ニヤニヤ...

by 新聞に苦言・提言・暴言

「TPPは世界で最もインチキな協定だ」と米国家通商会議トップのナバロ氏がテレビで批判したという。日本経済新聞、1月30日夕刊が報じている。グローバル企業を国家の上に置き、グローバル企業が国家から簒奪しやすいようにする協定をあたかも自由貿易協定かのように唱えるのは、まさしくインチキだろう。日本政府やメディアそして識者という連中は、トランプの通商政策を保護主義とみなし、それにたいする自由貿易主義...

似ているタグ