安全のタグまとめ

安全」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安全に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「安全」タグの記事(35)

  1. オークランド市警察~安全セミナー~滞在中気を付けたいこととは? - ニュージーランド留学とワーホリな情報

    オークランド市警察~安全セミナー~滞在中気を付けたいこ...

    在オークランド日本総領事館協力のもと、日本人コミュニティーを対象にした初安全セミナーに参加してきました!!というわけで、初めてオークランド市警察本部を訪問残念ながら、日本人警察官2名によるご説明の予定だったのですが、ご家族のご事情で、お会いできず、、正直、日本人の警察官の方がいるとは知らなかったので、ぜひお会いしたかったんですが、、、。やっぱり、海外でも、同じ国の出身の警察官がいると思うと心...

  2. こうなったら、ガラス交換しかありません - 只今建築中

    こうなったら、ガラス交換しかありません

    瀬戸市にある輸入住宅にお邪魔して、ミルガード(Milgard)社のシングルハング・サッシの不具合調査をしてきました。中古で購入されたそうですが、新築から15年以上が経過していて多くのチャネルバランサーが切れて使いものにならなくなっています。今正常に開閉する窓も近い将来不具合を起すであろうということから、この際全てのバランサーを交換しようということになりました。その為、全てのサッシの大きさや装...

  3. これなら、ロック・バーは見えませんね - 只今建築中

    これなら、ロック・バーは見えませんね

    外開きの玄関ドアの最大の欠点は、鍵を掛けるカンヌキ(デッドロックのロック・バー)が、ドアの隙間から丸見えになること。防犯の為に各ご家庭を巡回される警察官も、この点を注意するように指導していかれるようです。そこで、私たちは写真のようなガードプレートの装着を推奨しています。写真の通り、金色の分厚いガードプレートが、輸入の玄関ドアの隙間をきれいに隠しています。ただ、防犯性を向上させる為に金属の厚み...

  4. ロウリュも可能なサウナ用電気ヒーター - 只今建築中

    ロウリュも可能なサウナ用電気ヒーター

    サウナ・ストーンに手酌で水を掛けて、サウナの体感温度を一気に上げるロウリュは、サウナ好きにはたまらないですよね。ヒーターによっては、水を掛けないで下さいという注意書きがあるサウナもあるようですが、あの熱い蒸気がないとサウナに入った気がしないという人も多いはず。現在、静岡県の方とお話を進めているシダー製の樽型サウナでは、薪式のストーブ以外に北欧製のこの電気ヒーターの設置も検討頂いております。電...

  5. 玄関ドアが閉まらない、鍵が掛からない! - 只今建築中

    玄関ドアが閉まらない、鍵が掛からない!

    輸入住宅の玄関ドア・勝手口ドアに限らず、国産のアルミドアでも鍵が固くなったり鍵が掛からなくなったりするトラブルは発生します。新築時にはちゃんと閉めることが出来たのに、最近はコツがいるようになったとか、季節によって状況が違うとかありませんか?多くの場合そうしたトラブルは、ドアの重さによって徐々にドアが傾いてきたことによって、ラッチの位置がストライク(ラッチを受ける側の金物)の穴の位置とずれてし...

  6. こちらもミルガードのロックです - 只今建築中

    こちらもミルガードのロックです

    一昨日にミルガード(Milgard)のアクティブ・アクション。ロックというロック部品について書かせて頂きましたが、同じ引き違いのサッシでもクレセント・タイプのロック部品もございます。国産の多くの引き違いサッシでは、こうしたクレセントのロックが付いていますが、北米の輸入サッシでも同じようなロックが付けられているんですね。引き違いだけでなく、上げ下げ窓のダブルハングやシングルハングでも、こうした...

  7. 美しい吹抜け天井 - 只今建築中

    美しい吹抜け天井

    大分のレンガ積み輸入住宅の現場で、セルロースファイバーの断熱材を吹き込む前に張った不織布の様子です。ここは2階の主寝室ですが、直径1.5mもある大きな半円形の木製サッシとそれを活かす為の吹抜けが重要なデザインとなっています。屋根は45度の角度で上がる急勾配ですが、そこにも吸放湿作用のあるセルロースの断熱材を入れるのです。家で一番高い屋根の部分は、暑くて湿気の多い空気が溜まってしまう場所でもあ...

  8. シングルハングだけでなく、引き違い窓にも使います - 只今建築中

    シングルハングだけでなく、引き違い窓にも使います

    こちらは、ミルガード(Milgard)の引き違いサッシ(スライダー)に使われているアクティブ・アクション・ロック。このロック部品は、通常シングルハング(下窓だけが可動する上げ下げ窓)に使われることが多いのですが、引き違いのロックにも使われています。形状的にシングルハング・サッシを90度横倒しにして取り付ければ、引き違いになる訳ですから、両方のサッシに使われていても不思議ではないですね。このア...

  9. 何故ゼロにしないのか? - 只今建築中

    何故ゼロにしないのか?

    シックハウス症候群の発症を防ぐ為に以前制定された、室内濃度指針値が改訂になるらしい。建築基準法で制限しているのは、クロルピリホスとホルムアルデヒドだけなんだけれど、厚生労働省のガイドラインではトルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、スチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)を室内濃度指針値を決めて、制限するように求めている。ただ、これはあくまで指針値であって、何某かの強制力といったものはない...

  10. ちょっとログハウスみたいでしょ - 只今建築中

    ちょっとログハウスみたいでしょ

    急勾配の屋根が、途中で折れ曲がって緩い勾配の屋根に変化するデザインの中折れ屋根。カナダでは、ルーフデッキ(屋根付きのウッドデッキ)付きのログハウスなどで使われる手法ですが、日本ではあまり見かけない屋根ですよね。途中で折れ曲がっている形状ですが、それでも屋根は一体のものとして繋がっていますから、国産のカラーベストのようなコンクリート板の屋根材や瓦では曲がりの部分の納まりがきれいに出来ません。そ...

  11. まるでお布団です - 只今建築中

    まるでお布団です

    昨日、屋根の通気スペーサーの素晴らしさについて書きましたが、今日は自然素材であるセルロース・ファイバーの断熱工事について書かせて頂きます。セルロースとは、小学校の理科でも習った通り、植物の細胞壁を形作る繊維ですが、私たちはセルロースを固めて作った紙を再度粉砕したものを家の断熱材に使います。セルロースは、元々木の繊維ですから、木造の柱材と素材的には全く同じ。そういう点でも全てが木に囲まれている...

  12. 大分の現場へセルロースや羊毛の断熱材を運びました - 只今建築中

    大分の現場へセルロースや羊毛の断熱材を運びました

    サッシの取付けや室内配線が完了したといことで、そろそろ断熱材を入れたいという現場からの要請を頂きました。そこで、週初めにセルロースの断熱材を壁内に吹き込む為のブローイングマシン(吹き込み機)とセルロース、天然羊毛の断熱材などをトラックに積み込みました。ブローイング・マシンは200kg近い重さがありますし、断熱材も相当量を積み込みましたから、積載量のほぼ限界で名古屋~大分間を走ってきました。い...

  13. たいした、たまげた!   8月1日(日)  6120 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    たいした、たまげた!   8月1日(日)  6120

    人気ブログランキング色々なメーカーさんから、新製品のご案内をいただきます。本日送られてきた、タムロンさんの新しいズームレンズ、APS用ですが何と18mm〜400mm!! (35mmフルサイズ換算28mm〜620mm!!)ズーム比、22.2倍!! 手ぶれ補正もついています。毎日カメラをぶら下げている私にとっては、夢のようなレンズです。再望遠で、F6.3とちょっと暗いのと、名前が18-400mm...

  14. 昔は、こういった特殊な納まりが多かったのでしょうか? - 只今建築中

    昔は、こういった特殊な納まりが多かったのでしょうか?

    築24年の輸入住宅に取り付けられたガレージドア。ここには、ガレージドアが2枚並びで付いていますから、結構見栄えがする外観だと思いますそして、未だに一度もトーションスプリングを交換したことがないとのことですから、異常に部材が長持ちしているガレージです。でも、木製のドアは、写真のように継ぎ目が外れ、辛うじて原型を保っているといった状態ですから、早めに修理をしなければなりません。ただ、ここのドアは...

  15. 核ごみ適地マップ - 只今建築中

    核ごみ適地マップ

    7月28日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で、政府は地質学的条件から適否を推定して日本地図を塗り分けた「科学的特性マップ」を公表した。何でも日本全体の65%が処分地として適しているらしい。でも、どこにでも起こり得る地震や既知・未知を含めて活断層が縦横無尽に走っている日本列島で、危ない場所は35%だけと言われても納得する人はどれくらいいるのか?因みに、私たち ホー...

  16. ガレージドアの問い合わせが多いですねぇ - 只今建築中

    ガレージドアの問い合わせが多いですねぇ

    輸入住宅を建てる人なら、やっぱりビルトイン・ガレージは必修ですね。車に乗ったままリモコンスイッチを押せば、ドアが自動でせり上がっていく様子は、家を建てたという満足感を満たしてくれます。でも、ガレージドアも機械で動きますから、日頃のメンテナンスの他に5年毎のバランス調整や10年毎の定期点検も必要です。こちらは、新築から15年近く経ったガレージドアですが、トーションスプリングと呼ばれる大きなバ...

  17. ペラ社製ダブルハングのクレセント - 只今建築中

    ペラ社製ダブルハングのクレセント

    以前、ペラ(Pella)・ウィンドウのフレンチ・ドアやケースメント等の修理・メンテナンスをさせて頂いたお客様から、ご連絡を頂きました。何でも、今度はダブルハング・サッシのロック金物(クレセント)が破損したので、新しい部品が欲しいとのこと。こちらがその部品ですが、送って頂いたこの写真のものは壊れていないもので、どういった部品か分かるようにとメールして頂いたもののようです。こうしたロック部品は、...

  18. 交換が必要なガレージ・オープナー - 只今建築中

    交換が必要なガレージ・オープナー

    最近、インナー・ガレージに取り付けられているオーバースライダーのガレージ・ドアの修理について相談を頂くことが多くなっています。こちらの写真は、北九州のお客様から頂いたウェインダルトン(Wayne Dalton)社製の電動オープナー。ドアを持ち上げるトーションスプリングが切れて、モーターの力だけで開閉させていたのか、モーターの調子も悪くなっているようです。また、バネの力をドアに伝えるドラム・ワ...

  19. チルト・ラッチの劣化 - 只今建築中

    チルト・ラッチの劣化

    随分古そうなカナダ キャラドン(Caradon)社製シングルハング窓ですが、建具(障子)をサッシ枠に固定しておく為のラッチが、このようにボロボロになってきました。PVC樹脂製の窓自体には問題がなさそうですが、プラスチックのこうした部品は太陽光の熱射や紫外線などによって、どうしても劣化してきてしまいます。チルト・ラッチは、窓を内側に倒して掃除する際にしか操作しない部品ではありますが、ここの機能...

  20. 窓の周囲は、要注意! - 只今建築中

    窓の周囲は、要注意!

    コテ塗り風に扇形の模様を付けて仕上げられた塗り壁の外壁。地中海のプロバンス風に見えるということで、20年近く前に流行したデザインですね。でも、交通量が多い場所や黄砂や酸性雨などが降ってくるような地域では、そのコテ跡に汚れが沈着してしまいます。更に追い打ちを掛けるように、温度変化などで外壁が伸び縮みして、ジョリパットのような塗り壁材にヒビが入ってしまうこともあります。その原因の多くは、コストを...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ