宮城谷昌光のタグまとめ (7件)

宮城谷昌光のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮城谷昌光に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

カミさんが焼いたアングレーズ。ラム酒に漬けたドライフルーツがたっぷり。お酒の風味でしっとり、どっしり。      「呉越春秋 湖底の城(七)」 著 宮城谷昌光  計然は経済学者といってよい。  計然の教本に古くさい倫理がないことに感心した允常は、 「われの嗣子を誨誘してくれるものを欲している。先生の門下生で、それにふさわしい者はいないか」  と、英才を推挙してくれるように求めた。そ...

庇の上のニャン。まぶしそうな顔してる。      「呉越春秋 湖底の城(六)」 著 宮城谷昌光  柏挙を通過すれば、雲夢沢の北の路にでることができる。その路は、破るのにむずかしい三関を通って、南下して至る路であり、その路を西進してゆけば楚都の郢(えい)に着く。すなわち呉軍は淮水からの上陸はやめ、三関を回避し、大別山経由の路をえらんで、柏挙まできた。楚への侵攻を考えたとき、その進撃路は、常...

長男が昨夕帰宅、次男は今日の夕方帰宅予定。窓の上のニャン。まったく動きなし。      「呉越春秋 湖底の城(五)」 著 宮城谷昌光  客室に落ち着いた孫武は、自筆の兵法書を子胥に渡した。  子胥がうけとった兵法書は、呉王の闔廬(こうりょ)に献呈されてしまうので、高弟たちがその写しをすでにすませている。  この兵法書こそ、後世、中国の内だけでなく、世界にもひろがって、名著とたたえられ...

カミさんの焼いたシュトーレン。寝かせたほうが味がよくなるというので、寝かせている間にあることをわすれた。さすがにおいしい。       「呉越春秋 湖底の城(四)」 著 宮城谷昌光 「剣さえあれば、王を殺すことは、たやすいことです。しかし膳夫は衣服をあらためられ、匕首どころか釘さえかくしもてぬでしょう」  大力の?(せん)設諸でも、素手で王僚を斃すのは至難である。 「剣は、ある」  ...

ワンコは今回オイリーにもスメリーにもなりにくく、1カ月たった。薬は連日から二日飲んで一日休みローテに移行。お正月前にシャンプーしておこう。気温の予報を見ながら、よし今日だ。ドライヤーをかけるとちょっとビビるが、おとなしいもの。      「呉越春秋 湖底の城(三)」 著 宮城谷昌光  わかっていることは、  ――再三、死地に在ったのに、斃れないで、ここにいる。  と、いうことである。...

カミさんが焼いたパウンドケーキ。生クリームがたっぷりでずっしり重い。リンゴがしっとり。これだけ食べているのに、なかなか太れない。       「呉越春秋 湖底の城(二)」 著 宮城谷昌光 「もしも呉に亡命すれば、まっさきになんじに報せる。また会えるとよいな」  子胥はそれだけいって?(せん)設諸の家をでた。この怪力の男も、野に埋もれたままで終わるのか。いまの子胥にはなにもかもせつない。 ...

自宅ではスペースがないので、人頼みでタイヤ交換。花園インター近くのコバックへ。ジャッキアップして、一括して取り換えるので、早い。問題は、タイヤ4本を積み込めないことである。      「呉越春秋 湖底の城(一)」 著 宮城谷昌光  伍子胥は巨躯である。身長は一丈(二・二五メートル)もある。同時代に孔子がいるが、彼は東方の魯の国に生まれて、身長が九尺六寸(二・一六メートル)もあるので、人々...

似ているタグ