宮大工のタグまとめ

宮大工」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮大工に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宮大工」タグの記事(35)

  1. 大仙寺様の現場では - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    大仙寺様の現場では

    大仙寺様の本堂です。明日よりお彼岸になりますが、彼岸明けより素屋根業者が現場入りの予定ですので、本日は不要樹木の伐採です。伐採完了。向拝前も、すっきりしました。修理前の向拝です。かなり傷んでおります。今回の改修工事では、ご住職様のご要望で、向拝は入母屋軒唐破風に大改修となります。来年のお盆前に改修工事は竣工する予定です。

  2. 伝統建築技能研修 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    伝統建築技能研修

    昨日と本日は、伝統建築技能研修(前期)が東日本会場(八王子市)にて開催されました。私は、理事として研修のお手伝いです。初日は、「古建築修理」の講座。急遽講師の先生が来られなくなったため、一部を松本理事が代役を務めました。高品正行先生の「木割と設計・積算」の講義。選定保存技術保持者の佐藤治男先生による、「伝統技術(左官)」の講義。先生は、今年で92歳になるそうですが、若手育成の為にご尽力されて...

  3. 東光寺様の現場では - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    東光寺様の現場では

    東光寺様仁王門修理工事の現場では、鬼の紋も取付き、屋根工事は終了しました。軒反りと箕甲の曲線。美しいラインを出すために宮大工は苦労します。妻の軒付です。板金屋さんも気合を入れて、扇に割り付けてくれました。箱棟の上に何やら・・・銅板でできた、銀杏葉ですね。板金屋さんの遊び心です。板金屋さんも気合を入れて頑張ってくれたので、よい作品が残せそうです。さて、現在は塗装工事が着々と進んでおります。高欄...

  4. 二宮神社 大鳥居建立 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    二宮神社 大鳥居建立

    8月30日は、小田原の二宮神社の大鳥居建立事業の御木曳きと立柱祭が行われました。親友である、芹沢棟梁の現場に当社も応援で入っておりますので、私もこの日は参加です。出発式での宮司様のご挨拶。芹沢棟梁と林青会の高木会長の二名の実行委員長です。二宮家のご党首。※ 北條太鼓の演奏です。御木曳きです。私がいるのがわかりますかね~。ウォーリーを探せみたいな。(古い)遠州森町の山車です。この日、小田原の外...

  5. 笈形と虹梁の彫刻 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    笈形と虹梁の彫刻

    工場では、大仙寺様本堂改修工事の加工が進んでおります。これは、向拝の大幣束に取付く笈形です。彫刻の仕上げ終了。彫刻師は、虹梁の彫刻に取り掛かりました。向拝の水引虹梁です。彫刻のデザインは、設計施工なので棟梁の私が絵を書きました。いい感じに仕上がってきましたね~。さて、こちらは繋虹梁の仕上げ。化粧隅木の刻み。配付垂木の穴墨。きっちり墨をしてから刻むんですよー。以上、大仙寺の進捗状況でした。

  6. 鬼取付け - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    鬼取付け

    東光寺様仁王門の鬼です。板金屋さんが銅板で包みます。現場にて、取り付け。鳥衾も取付けて、あとは紋を残すのみ。鬼が取り付くと、締まりますね。以上、東光寺様の現場でした。

  7. お盆休みは - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    お盆休みは

    お盆休みも終わり、本日より仕事の方がほとんどだと思いますが、皆様はお盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか?当社のお盆休みは、13日~16日で、職人さん達は当然休みですが、社長は仕事に追われお盆休みなしです。さらに追い打ちをかけて、パソコンの不調で、システムの復元とバックアップに手間取りって、仕事にならず・・・結局、診断結果はパソコンのハードディスクの故障と外付ハードディスクの故障で、ここ一...

  8. 伝統建築技能養成研修 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    伝統建築技能養成研修

    8月10日、11日は、私も理事を務めております、日本伝統建築技術保存会(日伝建)の伝統建築技能養成研修(前期)が東日本会場(八王子市)で行われました。私は、11日に研修のお手伝いに伺いました。10日の開校式です。写真は日伝建のFBより鳴海先生の講義。高品先生の木割と設計の講義。全国より、21名の方が受講され、1月まで10日間、70時限の講義が行われます。皆様、頑張ってください。

  9. 蟇股と - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    蟇股と

    大仙寺様本堂改修工事は工場で加工が続いております。向拝の蟇股の彫刻が終わりました。正面は、高野山真言宗の宗紋である五三の桐と三つ巴の中央に寺紋を配しております。裏面は如意頭形です。これは、兎毛通しです。唐破風に取りつく懸魚のことです。彫刻師は、笈形の彫刻に取り掛かりました。こちらも終わりましたら、アップしますね。工場では、木村さんが茅負の仕上げです。以上、大仙寺様の状況でした。

  10. あと少し - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    あと少し

    東光寺様仁王門修理工事の現場では、大工工事が大詰めとなりました。高欄も仕上がりました。上層の桟唐戸も納まり、上層の木工事は終了。初層の壁板も納まりました。酒井君は、金剛柵の取付けです。当初材から復原した金剛柵です。最終の取付けは塗装が完了後になります。塗装後の金剛柵取付けを残し、お盆前には大工工事はすべて終了になります。予定通りに工事が進んで、ヤレヤレです。

  11. 小田原城住吉橋 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    小田原城住吉橋

    菅ケ谷君は小田原城住吉橋の刻みです。小田原の芹澤毅棟梁の現場に応援で入っております。住吉橋の原寸です。地覆は蒲鉾形です。菅ケ谷君が上手に仕上げました。太鼓橋ですので、当然すべての部材が曲線になります。これは、25年ほど前に芹澤棟梁のお父さんが施工した住吉橋の古材です。傷んでいる部分を把握するため製材し、長持ちさせるために改良をします。それにしても、脂ののった素晴らしい檜材ですね~。以上、小田...

  12. いぶし瓦 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    いぶし瓦

    先週、先々週と仕事に追われてバタバタしていたので、久々の投稿です。お茶室新築工事の現場では、玄関のタイル工事です。いぶし瓦がいい感じで仕上がりました。こちらは、塀の瓦。建築協定で塀の高さは600ミリ以下と低いです。道路側。こちらもいい感じ。あとは、左官屋さんが仕上げてから吹付けです。先週はバタバタで日曜日も仕事でしたが、忙しい仕事の合間を縫って祭りに行ってきました。小田原ちょうちん祭りです。...

  13. 盤渓山 “妙福寺”作業記録 その2   〜小屋組み〜 - 道産子大工日々の徒然~住み継ぐ家とものづくり~

    盤渓山 “妙福寺”作業記録 その2 〜小屋組み〜

    今回の龍神様のお堂は約6坪の大きさながら、屋根の形式が3種類。“唐破風” 正面“宝形” 中央部“流れ造り”の“後拝” 裏手石像上部棟梁曰く建物が小さい程逃げが利かず納め方が難しいらしい。今回の建物は色々な要素が盛り込まれてるのでかなりの経験値が稼げるよ、という事で日々の現場作業は基本俺にやらせてもらい棟梁はひたすら段取りと大事な部分の確認作業。朝に今日の作業の...

  14. 鬼と・・・ - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    鬼と・・・

    東光寺様仁王門修理の現場では、鬼の彫刻が終了し、取り付けです。鬼は、鳥衾と共に仮に取り付けが終了し、板金屋さんのもとで銅板で包みます。上層の造作は、連子窓の補修も終了し、あと少しとなりました。以上、東光寺様の様子でした。

  15. 妙福寺上棟式と今週の作業記録 その1 - 道産子大工日々の徒然~住み継ぐ家とものづくり~

    妙福寺上棟式と今週の作業記録 その1

    7/13(木)は15時からの上棟式でした。神主さんの祝詞をあげる一般的な上棟式とは違い、ここ妙福寺住職の後継2人(後で聞いたら2人とも息子さんとの事でした)と計3人での上棟のお経は圧巻で、凄い迫力に瞑想状態とでもいいますか、どこか別世界にすっ飛んだ感覚を覚える程でした。場所も札幌盤渓の山奥。携帯の電波も入りずらい森の中だけに環境が更に瞑想状態へと誘(いざな)われたのでしょうナ!上棟式準備風景...

  16. 箕甲の銅板と・・・ - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    箕甲の銅板と・・・

    東光寺様仁王門修理の現場では、箕甲の銅板が葺き上がりました。野隅木から箕甲までの曲線がきれいに出るように大工が下地を作り、板金屋さんが大工の下地を引き立たせるように葺いていきます。いい感じで仕上がりました。今週中には、棟も終わるそうで、残すは鬼飾りとなります。板金屋さんも毎日暑い中、ご苦労様です。さて、大工工事はというと、上層の造作に取り掛かっております。長押、敷居、鴨居の造作です。連子窓や...

  17. 茨垂木 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    茨垂木

    工場では、大仙寺様の加工が続いております。茨垂木の加工が始まりました。軒唐破風の場合、茨垂木は扇状に配るので、一本一本の加弓(かゆみ)が違う上、菖蒲桁と棟木の勾配も違うので、すべてに捻じれができます。すべての茨垂木の原寸を引き、捻じれを墨して加工します。とても手間のかかる仕事なんですよ~。これは、向拝の垂木。捻子組をするので、手前側の加弓は強く、向こう側の加弓が弱くなるように捻じれているのが...

  18. お茶室の足場が外れました。 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    お茶室の足場が外れました。

    お茶室新築工事の現場では、足場の解体が完了です。腰葺きの瓦と銅板がいい感じです。ほんのり、むくり屋根になっています。外壁は、土中塗りに黄土を混ぜて仕上げました。とび職さんが、外構工事に取り掛かっております。雨落ちの側溝ですね。以上、お茶室新築工事の現場でした。

  19. 『妙福寺』  龍神様の御堂新築工事 - 道産子大工日々の徒然~住み継ぐ家とものづくり~

    『妙福寺』 龍神様の御堂新築工事

    宮大工の応援仕事で龍神様の御堂の新築に関わり、1ヶ月も過ぎてだいぶ現場にも慣れてきました。今回は進行状況の記録。7月に入り棟梁のお弟子さんコンビも自分達の現場に戻り、棟梁の奥さんを棟梁の手元に3人で現場を進めております。なのでそれからのほとんど全ての作業に手を掛けさせてもらっているという何とも幸せな日々。先週末には龍神様の石像も入り、そのために開けておいた箇所もようやく手を掛ける事が出来まし...

  20. 銀杏葉 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    銀杏葉

    東光寺様の現場では、妻軒付の銅板が仕上がりました。拝みの銀杏葉です。銀杏葉と軒付の銅板が投げているのがわかりますか?引くと、こうです。軒付銅板が中央から扇に振っているのがわかりますでしょうか?こちらは、破風尻側。これを見ればわかりますかね?こうしてくれと指示したわけではないのですが、板金屋さんが気合い入れてこだわりを見せてくれました。感謝です。銀杏葉がついて引き締まりました。

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ