宮沢賢治のタグまとめ

宮沢賢治」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮沢賢治に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宮沢賢治」タグの記事(16)

  1. 赤い目玉 - 歌い手菅野千恵のaround me

    赤い目玉

    赤い目玉のさそり…♪宮沢賢治の星めぐりの歌の冒頭です。さそり座の心臓であるアンタレス。それを目玉ととらえた宮沢賢治。今日は私が赤い目玉。疲れ目ですかね。赤い目玉からいろいろ妄想が広がっております。明日の朝、ウサギになっていたらおもしろいな。とか思い切ってさそりになっちゃうのもいいかな。それとも魔女?瞳を見ると石にされるというメデューサも魅力的。ちなみに私は蠍座と相性のよい魚座です笑

  2. 神保町も楽しい&内閣改造で人心一新?ばかにするな - 梟通信~ホンの戯言

    神保町も楽しい&内閣改造で人心一新?ばかにするな

    トランプも安倍も苦し紛れに切る、伐る、斬る、斬ってどうなる。人心一新?ざけんじゃない。一新すべきは政権だ、こっちが一新されてどうする、臭い匂いは元から絶たなきゃ!。俺の組閣名簿、金田、稲田凸凹コンビは、絶対留任だね。この二人がいないと毎日の楽しみがなくなる。あと、サプライズ人事として外務大臣に松居なんとかいうオバサン、副総理として豊田ハゲ~、籠池夫人や昭恵さん、一線を越えていない今井さんにも...

  3. 楽譜の海へ泳ぎ出せ! - 歌い手菅野千恵のaround me

    楽譜の海へ泳ぎ出せ!

    明日、花糸の稽古。12/3公演のプログラムをざっと流してみる予定です。楽譜の海へ泳ぎ出そう!溺れないよう⚠注意。

  4. 札幌☆文豪とアルケミスト 宮沢賢治☆やぶき様☆atsushi kato様☆ - LANTANA

    札幌☆文豪とアルケミスト 宮沢賢治☆やぶき様☆atsu...

    こんにちは♪あんなに暑かったのにいきなり涼しくなりましたね♪このまま秋になりそうでちょっと不安です・・・先日のお客様!モデルやぶき様@kaiyabuki 写真atsushi kato様@a_k_photo 星空マントがとっても素敵・・・!!他にもお写真があるのですがまた次回に♪ご予約、ご見学や作家さん、絵描きさん。展示や即売会などのご相談も受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください♪〒0...

  5. 宮沢賢治を想う - 歌い手菅野千恵のaround me

    宮沢賢治を想う

    今日は少しゆとりができたので7/29のミニ音楽会の練習と12/3花糸公演の宮沢賢治について構想を練ることができました。暑中お見舞いが書けなかった…(ノ_・、)さて、宮沢賢治といえば…?銀河鉄道の夜風の又三郎詠決の朝(春と修羅)注文の多い料理店セロ弾きのゴーシュやまなし…これら有名どころの作品にも曲がつけられているものがたくさんあります。そういった作品の演奏や朗読、宮沢賢治の生涯についてのお話...

  6. 加賀谷玲さんの曲 - 永遠の嘘をついてくれ

    加賀谷玲さんの曲

    youtubeで出会った加賀谷玲さんの作品。最初の「銀河鉄道の夜 one night」と「オリオンの夜」のインパクトがあまりにも強かったので、他の曲も聴いてみた。Rain  作詞作曲:加賀谷玲 歌:Hiroko イラスト:峰埼まめこ 2015.3.61925年に発表された童謡「あめふり」(作詞:北原白秋 作曲:中山晋平)のイメージが90年という時間を費やし、とても豊かな成長を遂げたんだなあ...

  7. クラムボンが大好きだった。 - 歌い手菅野千恵のaround me

    クラムボンが大好きだった。

    クラムボンはわらっていたよ。クラムボンはかぷかぷわらったよ。それなら、なぜクラムボンはわらったの。知らない。小学校の国語の教科書に載っていた宮沢賢治作「やまなし」の一部です。私はこの「やまなし」が大好きだった。クラムボンかぷかぷ…という音がたまらなく好きだった。教科書の挿し絵がこれまた素敵でずっと本を探していますがなかなか巡り会えない。初恋のあの本にはもう会えないのだろうか…。作風は全く異な...

  8. 正(マサ)しきねがいに いさかうとも - 永遠の嘘をついてくれ

    正(マサ)しきねがいに いさかうとも

    2010.8.8 ポラーノの広場Kさんへ『下流の方は川はば一ぱい銀河が巨きく写ってまるで水のないそのままのそらのように見えました。ジョバンニはそのカムパネルラはもうあの銀河のはずれにしかいないというような気がしてしかたなかったのです。けれどもみんなはまだ、どこかの波の間から、「ぼくずいぶん泳いだぞ。」と云いながらカムパネルラが出て来るか或いはカムパネルラがどこかの人の知らない洲にでも着いて立...

  9. 雨の日は宮沢賢治イーハトーブ館へ - 三友写真部

    雨の日は宮沢賢治イーハトーブ館へ

     4月3日から行われていた、賢治の心象風景を追い求めた写真家「吉田精美のイーハトーブ真景」展に行ってきました。 1928年一関市千厩町に生まれ東北大学工学部卒業後、岩手県内の高校数学教師として勤務し、1989年に定年退職後賢治に関する研究を深めながら撮影に取り組んできた方です。 昨年春にお亡くなりになり、精美さんを偲ぶ皆様によって企画された展示会で6月30日までやっています。 イギリス海岸・...

  10. 賢治の愛した薔薇 グルス・アン・デブリッツ 花巻温泉バラ園で開花 - 三友写真部

    賢治の愛した薔薇 グルス・アン・デブリッツ 花巻温泉バ...

     薔薇愛好家の間で賢治の愛した薔薇として有名な「グルス・アン・デブリッツ」が、花巻温泉バラ園で見頃を迎えています。  花巻温泉バラ園は宮沢賢治の設計した花壇跡地に、ミスターローズことを鈴木省三氏が昭和31年に設計し昭和35年に開設しました。 その後昭和60年頃鈴木氏のもとに、花巻より「賢治の愛した薔薇です」と苗が届き、それを育てて3年後に咲いたのは「グルス・アン・デブリッツ」だったそうです。...

  11. イーハトーヴ探訪(2017・初夏) - 続・やさしい野生時間 ~ 聖地・自然・カフェ 雑感編 ♪

    イーハトーヴ探訪(2017・初夏)

    4月5月と、3回岩手に出向く。何年振りかは記憶からすっ飛んでいるようだけど、以前盛岡(モーリオ市)に住んでいたので、その時には賢治記念館に何かを求めてふらっとよく出かけたものです・・・そう、ここはじぇんじぇん変わっておりません。ぬぅお~んとした、他のどこにもない時間感覚が流れているのをひしひしと感じて芯から安心したり、ふしぎな気持ちになったり、もう都会には戻りたくないやっ、と思ったりする朝の...

  12. 星めぐりの歌/宮沢賢治作曲、黒澤健編曲 - 左手のピアニスト有馬圭亮ファンブログ / アリマニア 

    星めぐりの歌/宮沢賢治作曲、黒澤健編曲

    黒澤さん、素敵な左手曲ありがとうございます♪              Click!お願いします♪有馬せんせいも素敵な演奏ありがとうございます♪・・・左手界に、名曲や、名演奏が、続々生まれてるってお知らせしたい!智内先生のCDも持ってます♪川上統さん、近藤浩平さんの曲も収録!この曲は私にとって、癒し度高くて、有馬先生のベーゼンドフファーインペリアル演奏をガラケーに入れててあとこれ↓ローテーシ...

  13. 花巻、けんじワールドに浸る、の巻。大きな生命たちのきらめく世界。 - 生きる意味の、育て方☆もんもく日記2

    花巻、けんじワールドに浸る、の巻。大きな生命たちのきら...

    みつばちクラブメンバーで岩手県けんじワールドに行って来ました(^_^)心の中の秘密の手帳に書いた願いごとがまたひとつ叶ったよ・笑はじめて足を踏み入れる花巻は光が柔らかく風がきらめいていて植物の勢いがすごい。まず山猫軒で腹ごしらえ!宮沢賢治記念館猫の事務所で記念撮影。めちゃめちゃ楽しい童話村♡あの時代に銀河意識で生きなさい。と、農業の専門紙で訓示を垂れていた宮沢賢治。そら、難しいでしょう。宇宙...

  14. 賢治シルエットの小物。 - とりとめのない日々~花と言葉と犬たちと

    賢治シルエットの小物。

    宮沢賢治は大好きな作家のひとりだ。この間も書いたけれど学生時代にバイト代で買った筑摩書房の賢治全集は私の宝物だ。「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」「よだかの星」「注文の多い料理店」などなどたくさんの、不思議に美しい物語が残されている。全集などでまとめて読んでみると一般にはあまり知られていないけれどおもしろい作品がいろいろある。賢治にはハンマー片手に鉱物採集に熱中した一面もあって「楢の木大学士」な...

  15. 宮沢賢治から白つめくさ - メモ帳

    宮沢賢治から白つめくさ

    本棚に眠っている文庫本整理。宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』(角川文庫)の巻。童話は苦手だが、「やまなし」「猫の事務所」「グスコーブドリの伝記」「ありときのこ」などはなかなか面白く読めた。(よって、本棚もどり)巻末の解説に、宮沢賢治が生前に出版した童話集は『注文の多い料理店』だけだったとあり驚いた。そして、「注文の多い料理店」は、どんなお話だったろうと気になり、図書館から新潮文庫版を借りてき...

  16. 宮沢賢治を追いかけて - 歌い手菅野千恵のaround me

    宮沢賢治を追いかけて

    昨日の日曜日は家にこもって宮沢賢治をずっと追いかけていました。宮沢賢治の詩や童話の一部童話の中の挿入歌に曲がつけられているものが結構ありました。合唱が多いようですが独唱の作品もありましたので、花糸で演奏可能かを吟味しながら、音源を聴き楽譜があるのか入手は可能なのかを調べたり、譜読みをしたり、宮沢賢治本人や作品について調べたりしているともう夕方でした。春の夕暮れ、気分転換に自転車で出かけました...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ