宮沢賢治のタグまとめ

宮沢賢治」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮沢賢治に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宮沢賢治」タグの記事(12)

  1. 雨の日は宮沢賢治イーハトーブ館へ - 三友写真部

    雨の日は宮沢賢治イーハトーブ館へ

     4月3日から行われていた、賢治の心象風景を追い求めた写真家「吉田精美のイーハトーブ真景」展に行ってきました。 1928年一関市千厩町に生まれ東北大学工学部卒業後、岩手県内の高校数学教師として勤務し、1989年に定年退職後賢治に関する研究を深めながら撮影に取り組んできた方です。 昨年春にお亡くなりになり、精美さんを偲ぶ皆様によって企画された展示会で6月30日までやっています。 イギリス海岸・...

  2. 薊 - 暮らしノオト

    散歩の途中でアザミを見つけた。先月、この花を探したことがあった。しかし、見つからなかった。今、その花が目の前にある。かがんでカメラを構え、風が過ぎるのを待っていると、視線の向こうにアザミが群生しているのが見えた。探していたときには、見つからなかったアザミが・・・。春先、堀江敏幸氏の「二つのアザミ」を読んだ。この作品には、宮沢賢治の「種山ヶ原」と、梶井基次郎の「闇の絵巻」からの引用がある。二つ...

  3. 賢治の愛した薔薇 グルス・アン・デブリッツ 花巻温泉バラ園で開花 - 三友写真部

    賢治の愛した薔薇 グルス・アン・デブリッツ 花巻温泉バ...

     薔薇愛好家の間で賢治の愛した薔薇として有名な「グルス・アン・デブリッツ」が、花巻温泉バラ園で見頃を迎えています。  花巻温泉バラ園は宮沢賢治の設計した花壇跡地に、ミスターローズことを鈴木省三氏が昭和31年に設計し昭和35年に開設しました。 その後昭和60年頃鈴木氏のもとに、花巻より「賢治の愛した薔薇です」と苗が届き、それを育てて3年後に咲いたのは「グルス・アン・デブリッツ」だったそうです。...

  4. イーハトーヴ探訪(2017・初夏) - 続・やさしい野生時間 ~ 聖地・自然・カフェ 雑感編 ♪

    イーハトーヴ探訪(2017・初夏)

    4月5月と、3回岩手に出向く。何年振りかは記憶からすっ飛んでいるようだけど、以前盛岡(モーリオ市)に住んでいたので、その時には賢治記念館に何かを求めてふらっとよく出かけたものです・・・そう、ここはじぇんじぇん変わっておりません。ぬぅお~んとした、他のどこにもない時間感覚が流れているのをひしひしと感じて芯から安心したり、ふしぎな気持ちになったり、もう都会には戻りたくないやっ、と思ったりする朝の...

  5. 星めぐりの歌/宮沢賢治作曲、黒澤健編曲 - 左手のピアニスト有馬圭亮ファンブログ / アリマニア 

    星めぐりの歌/宮沢賢治作曲、黒澤健編曲

    黒澤さん、素敵な左手曲ありがとうございます♪              Click!お願いします♪有馬せんせいも素敵な演奏ありがとうございます♪・・・左手界に、名曲や、名演奏が、続々生まれてるってお知らせしたい!智内先生のCDも持ってます♪川上統さん、近藤浩平さんの曲も収録!この曲は私にとって、癒し度高くて、有馬先生のベーゼンドフファーインペリアル演奏をガラケーに入れててあとこれ↓ローテーシ...

  6. 花巻、けんじワールドに浸る、の巻。大きな生命たちのきらめく世界。 - 生きる意味の、育て方☆もんもく日記2

    花巻、けんじワールドに浸る、の巻。大きな生命たちのきら...

    みつばちクラブメンバーで岩手県けんじワールドに行って来ました(^_^)心の中の秘密の手帳に書いた願いごとがまたひとつ叶ったよ・笑はじめて足を踏み入れる花巻は光が柔らかく風がきらめいていて植物の勢いがすごい。まず山猫軒で腹ごしらえ!宮沢賢治記念館猫の事務所で記念撮影。めちゃめちゃ楽しい童話村♡あの時代に銀河意識で生きなさい。と、農業の専門紙で訓示を垂れていた宮沢賢治。そら、難しいでしょう。宇宙...

  7. 賢治シルエットの小物。 - とりとめのない日々~花と言葉と犬たちと

    賢治シルエットの小物。

    宮沢賢治は大好きな作家のひとりだ。この間も書いたけれど学生時代にバイト代で買った筑摩書房の賢治全集は私の宝物だ。「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」「よだかの星」「注文の多い料理店」などなどたくさんの、不思議に美しい物語が残されている。全集などでまとめて読んでみると一般にはあまり知られていないけれどおもしろい作品がいろいろある。賢治にはハンマー片手に鉱物採集に熱中した一面もあって「楢の木大学士」な...

  8. 宮沢賢治から白つめくさ - メモ帳

    宮沢賢治から白つめくさ

    本棚に眠っている文庫本整理。宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』(角川文庫)の巻。童話は苦手だが、「やまなし」「猫の事務所」「グスコーブドリの伝記」「ありときのこ」などはなかなか面白く読めた。(よって、本棚もどり)巻末の解説に、宮沢賢治が生前に出版した童話集は『注文の多い料理店』だけだったとあり驚いた。そして、「注文の多い料理店」は、どんなお話だったろうと気になり、図書館から新潮文庫版を借りてき...

  9. 宮沢賢治を追いかけて - 歌い手菅野千恵のaround me

    宮沢賢治を追いかけて

    昨日の日曜日は家にこもって宮沢賢治をずっと追いかけていました。宮沢賢治の詩や童話の一部童話の中の挿入歌に曲がつけられているものが結構ありました。合唱が多いようですが独唱の作品もありましたので、花糸で演奏可能かを吟味しながら、音源を聴き楽譜があるのか入手は可能なのかを調べたり、譜読みをしたり、宮沢賢治本人や作品について調べたりしているともう夕方でした。春の夕暮れ、気分転換に自転車で出かけました...

  10. 宮沢賢治の最後の手紙「楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きませう」 - 歌い手菅野千恵のaround me

    宮沢賢治の最後の手紙「楽しめるものは楽しみ、苦しまなけ...

    本格的な春もまだだというのに、冬のお話で恐縮です。12/3(日)の花糸公演で、宮沢賢治を取り上げることになりました。カワイ出版の東日本大震災復興企画「歌おうNIPPON」プロジェクトによる委嘱作品「宮沢賢治の最後の手紙」を演奏します。この作品はピアノと朗読と歌で構成されていて、教え子への手紙がテキストとなっています。賢治が亡くなる10日前に書いた手紙です。その一節。「楽しめるものは楽しみ、苦...

  11. 諦めきれない、天の鳩…ミニハクモクレン? - 季節の植物や花を布で作る『マリヨ』の美しく愛おしい花たち

    諦めきれない、天の鳩…ミニハクモクレン?

    リクエスト頂いている、尚且つ私自身も作りたい花…『ハクモクレン』。既に2月下旬ごろから、我が家の前のハクモクレンは咲き始めていました。我が家の前は大きな通りで、ハクモクレンとモクレン、百日紅(さるすべり)が道なりに植わっています。ほとんどのハクモクレンは花が落ち、もう葉が出ています。モクレンはちょうど見頃ですが…私はクリーム色の花弁を、ふっくらと咲かせるハクモクレンの方が好み。ハクモクレンの...

  12. 美術情報誌 - イーハトーブ・ガーデン

    美術情報誌

    久しぶりで出会った写真家の友人からいただきました。美術情報誌ですね。タイトルにあるように、彫刻家舟越桂を中心にした特集ですが、賢治生誕120年で、岩手県の特集です。宮沢賢治の簡単な年譜と宮沢賢治記念館の紹介なども。実に盛りだくさんな内容です。季刊誌ですね。全部を紹介できませんから、賢治ファンに関心がありそうな記事を。宮沢賢治を素材に、創作活動をしているアーティストの特集もありました。金子恭子...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ