将棋のタグまとめ

将棋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには将棋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「将棋」タグの記事(9)

  1. 簡単過ぎて且つ美味しい!and藤井四段戦 - はまあやのくらし

    簡単過ぎて且つ美味しい!and藤井四段戦

    この右のglicoから出ているカレーチャーハンの素。味がビシッと決まります。私は自分用のランチに、新タマ、ピーマン、ささみ、水菜、しらたき、新ジャガなど冷蔵庫に残ってるありとあらゆる食材やオカズの残りをザバッと炒めて、ごはんと右の袋に入った魔法?の粉と魔法?のソースを入れます。新タマだと水っぽい?しらたき入れたらから炒りしてからがいい?そうではありますが、美味しいですよ〜ザバッでいいんです。...

  2. 2017 QT杯 - まったりRacing

    2017 QT杯

    回数を重ねるごとに来場者が増える。盛況でなにより。しかし抽選の商品が当たる確率が、どんどん難しくなるのだ。直筆グッズ欲しかったなあ。

  3. 新入社員紹介~その6~ - 埼玉県魚市場「市場あれこれ」

    新入社員紹介~その6~

    本日紹介するのは、左から2番目の村田君です現在は冷蔵本部にて、研修をしています①自己紹介をお願いします今年入社しました、村田敏基です。出身地は埼玉県羽生市で好きなことは読書とおいしい食べ物を食べることです。スポーツは、野球とソフトテニスができます。最近は将棋と麻雀を覚えたので、たしなまれる方がいらっしゃいましたら、是非ご一緒にできれば幸いです。これからよろしくお願いします。②研修の感想を教え...

  4. 渡辺明さんの剛直さに感服した - ラーマの日記

    渡辺明さんの剛直さに感服した

    田丸九段のブログを読んでいて、状況が進展したことに安堵した。伝聞で入ってきた情報は危ない。デマゴギー的な発言かもしれないから。三浦さんのインタビュー記事で、「あいつだけは許さない」と書いた云々というのも、まず三浦さんはそういうことは言わないだろうし、人格的に難しいと思う。せいぜい「あの人の発言はちょっと・・・ショックでしたけど・・・」が訛って、「あいつだけは~」となったはず。公共の場、マスメ...

  5. 丸の内山の手てくてく散歩 - Curiosity**日々の覚書

    丸の内山の手てくてく散歩

     週末。ここ最近将棋熱が高まり、「千駄ヶ谷(将棋会館)に行きたい。千駄ヶ谷(将棋会館)に行きたい。」と言い続けていた長男のリクエストで都内へ。一度行くと7時間ほど対局する長男にはさすがに付き合いきれないので、今回は途中の駅で長男と別れて散歩チームの私と次男は東京駅へ。ここから山手線でいうとほぼ反対側に当たる将棋会館目指してスタートです。次男撮影予定時間を大幅にオーバー KITTE(旧東京中央...

  6. NBAオールスターはウェストが勝利、スマイルジャパンは辛勝、初の外国人棋士誕生 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAオールスターはウェストが勝利、スマイルジャパンは...

    NBAオールスターゲームが開催された。今年の舞台はニューオーリンズ、ペリカンズのホームであった。そのペリカンズから唯一選出されたのがアンソニー・デイビスであった。そのデイビスが大活躍、52得点をあげウェストの勝利に貢献しMVPに輝いた。52得点は1962年にチェンバレンが記録した42得点を大きく上回るものであったし、両軍合計374点は昨年を5点上回る最高得点であった。ウェストはオールスター3...

  7. 一つのたしなみとして認知されつつあったことは間違いない。 - 元(はじめ)の都合いい日記

    一つのたしなみとして認知されつつあったことは間違いない。

    元です、凡人の悲しさで、パッと見では、そんなにすごいも のかどうかは分からなかったが、優雅で気品が漂う筆跡で、今見ても超一流品という熊澤さんの説明には納得がいく。一方で、将棋史をひもとく上でも水無瀬駒の存在価値は大きい。作者と制作年代が特定できる最古の駒なのだ。大阪商業大学アミューズメント産業研究所の古作登主任研究員に解説してもらった。将棋やチェスの源流はインドのチャトランガと呼ばれるゲーム...

  8. 将棋漬け - Curiosity**日々の覚書

    将棋漬け

    普段は、将棋盤を使った対局がほとんどで(と言っても主な相手は父親)、ネット対局を好まなかった長男でしたが、外出禁止令が出ていた学級閉鎖の間は将棋アプリでたくさん対局したようです。5月に両国で行われた将棋大会でもらったまま使うことなく放置されていた「一週間指し放題のシリアルコード」が役立ちました。(通常は3局まで無料。1局約20分なので普段はそれで十分。)仕事から帰宅すると、「おかーさん!今日...

  9. 棋は別知 - まったりRacing

    棋は別知

    将棋の強さと知力は別物である。だから将棋で負けても必要以上に落ち込むことはない。自分で「弱い」と自己否定するのは、やり過ぎだ。孫悟空が負けて「オラは弱い。鬱だ、死のう」なんて言い出したら、ちょっと待て、となる。負けるのは嫌だけど、負けと上手に付き合えるようになれば100倍楽しく生きられる。次は負けないぞo(`ω´ )o 、と思うだけでいい。羽生先生だって3割は負けるんだ。7割勝つけど。

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ